巨大なフルーツや赤いボールが六本木に出現! 「六本木アートナイト2019」 今年の見所は?

J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。5月22日(火)のオンエアでは、5月25日(土)と26日(日)に開催される「六本木アートナイト2019」について、実行委員長でもある森美術館館長の南條史生さんに伺いました。


■10回目の開催! 六本木のアートのお祭

2009年にスタートし今年で10回目を迎える「六本木アートナイト2019」。六本木にある森美術館、国立新美術館、サントリー美術館が共同して、「六本木アートトライアングル」というものを作ったのがそもそものきっかけでした。

南條:まず広報活動を一緒にやって、「イベントとして一緒に何ができるかな」と思っているときに「アートナイト」が浮上したんです。そのときにパリの大使館の方が、パリの街のどこかでアートを展開して、一晩かけてみんなが楽しむという「ニュイ・ブランシュ」というイベントを持ち込んできたので、「これを六本木でやろう」と。「ニュイ・ブランシュ」ではわからないので、「アートナイト」という名前にしました。


■海外アーティストをメインに招聘

これまでも日比野克彦さん、草間彌生さん、名和晃平さん、蜷川実花さんなど、日本を代表する錚々たるアーティストも参加してきたこのイベント。今年は80人のアーティストが参加します。メインアーティストは、六本木アートナイト初の外国人アーティスト、チェ・ジョンファさんが務めます。メインアーティストの作品は、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館など主要スポットに登場します。

南條:この方は2回目のアートナイトにも参加し、日本での活動歴も結構あります。横浜トリエンナーレに出たり、トヨタ美術館でパブリックアートを作ったり、さまざまな活動をしています。イベントについてかなり理解していると思い、今回お願いしました。ジョンファさんの特徴は、非常に大きなものをバルーンのような、空気で膨らませるもので作るのが得意だということ。一晩限りのお祭りには非常に合っています。また、この方の作品は非常にわかりやすい。観て明快です。『フルーツ・ツリー』という六本木ヒルズアリーナに来る作品は、特に説明する必要はありません。
クリス:確かに。「あ、ナスだ」「バナナだ」と(笑)。かなり大きいですね。
南條:大きなもので8メートルほどあります。

今年のイベントのテーマは「夜の旅、昼の夢」です。

南條:これは普通と逆ですよね。わざとこういうふうに言うことで「夜も昼も楽しく過ごしましょう」というメッセージを込めています。


■今年の注目のアート作品は?

「六本木アートナイト2019」の目玉プログラムをいくつか紹介していただきました。

・カート・パーシキー「RedBall Project」(レッドボール・プロジェクト)

南條:巨大な(赤い)ボールがビルとビルの間に挟まっている作品で、毎日違うところに挟みます。
クリス:ビルとビルの間に挟むにしても、かなり大きい(笑)。
南條:毎日違うところで観ることができます。どこに出るかは公式サイトで確認できます。
 

レッドボール・プロジェクト

 

 

レッドボール・プロジェクト

 


・「FUROSHIKI TOKYO展」

南條:これは小池百合子都知事の「日本に風呂敷という文化があるじゃないか」という意見からヨーロッパで「ジャポニズム展」で紹介しようと、パリの市役所に唐草模様の箱を作って展示しました。この凱旋展示をやろうと、毛利庭園の前に、もう少し小さいですが風呂敷を展示します。

 

 

 

 

FUROSHIKI TOKYO展

 


・アンドリュー・ビンクリー「ストーン・クラウド」

南條:メトロハットでは、地下鉄から上がってくるエスカレーターの上に、巨大な岩の形の物体が吊られています。表面が岩に見えますが、岩の写真を転写しています。3年前にホノルルのビエンナーレで植物園の大きな木の下にぶら下がっていたものを面白いと思い、今回出してもらいました。

 

 

 

 

「ストーン・クラウド」

 


・日本フィルハーモニー交響楽団×インビジブル「クラシックなラジオ体操」

南條:これは恒例なんですよ。目が覚めて美しいでしょ(笑)。

 

 

 

 

「クラシックなラジオ体操」

 


今回紹介した以外にも展示やイベントが目白押しです。詳細は配布中のガイドブックや公式サイトをご覧ください。「六本木アートナイト2019」は25日(土)10時から翌日26日(日)の18時まで開催されます。ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

この番組をラジコで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

森美術館の南條館長、ワクワクする六本木アートナイトのお話、ありがとうございました! 今年のメインプログラム・アーティストは、初の海外アーティスト!韓国のチェ・ジョンファさん。 バルーンのインスタレーションや、果物や野菜がぎゅっと詰まった《フルーツ・ツリー》のバルーン彫刻が六本木ヒルズアリーナに登場します。 その他、もうすでに始まっているレッドボール・プロジェクトも要注目。 (明日は六本木ヒルズに挟まってるらしい!) 六本木アートナイトは、5月25日(土)10:00から、26日(日)夕方6時まで! 今年のみどころ、タイムフリーでもう一度! http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190522152027 #jwave #good813

J-WAVE GOOD NEIGHBORSさん(@good_813jwave)がシェアした投稿 -

 


【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

 

 

タグ

アメリカがイランにサイバー攻撃か

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月24日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。アメリカがイランにサイバー攻撃を承認したニュースについて解説した。

イランの最高指導者ハメネイ師(右)と会談する安倍晋三首相=2019年6月13日、イラン・テヘラン[ハメネイ師のツイッターより] 写真提供:時事通信

アメリカがイランにサイバー攻撃か

ワシントンポストやニューヨークタイムズによると、トランプ大統領はイランへの軍事攻撃を中止する一方で、サイバー攻撃を承認していたと報じている。6月20日夜、タンカー攻撃への関与が疑われるイランの情報機関などのコンピューターシステムに対しサイバー攻撃が行われ、打撃を与えたということだ。またトランプ大統領はイランに対して24日、追加制裁を与えるとツイッターで明らかにしている。その一方で、「イランと戦争をしようとは思わない。対話には無条件で応じる」とも述べている。

飯田)週末、アメリカとイランの関係が動きましたね。

須田)無人偵察機(ドローン)の撃墜を受けて攻撃司令を出したけれど、攻撃の10分前にそれを撤回した。トランプ大統領がツイッター上で明らかにしたことですが、アメリカとイランは開戦寸前まで行っていたのかということが衝撃的でしたね。そういう状況を受けて、トランプ大統領はカタールに対して仲介してくれないかという要求をしている。この番組で申し上げているように、トランプ大統領の外交スタンスは圧力を極限まで高めて、首脳会談で打開策を見出して行くというものです。

共同記者発表を終え、握手するイランのロウハニ大統領(右)と安倍首相=2019年6月12日、テヘラン(共同) 写真提供:共同通信社

ハメネイ師やザリフ外務大臣のツイートが意味するもの

須田)ではイラン側はどうなっているかと言うと、日本のメディアはほとんど報道しませんが、イランの最高指導者であるハメネイ師が英語でツイッターをやっているのですよ。先だって安倍総理がイランを訪問して、ハメネイ師と会談を行った。その様子をツイートしているのですが、「安倍総理はアメリカがイランと誠実な対応を望んでいると言うけれど、我々はそのような言葉を決して信じない。誠実な対応はトランプ氏のような人間からは生まれないからだ」と言っています。この文言を見る限り、トランプ大統領に対しての信頼度はゼロだということが伺える。
なぜならば、「アメリカはイランの石油化学業界に対して経済制裁を課しているではないか。これが誠実な交渉を望む人間のやることか」と、具体的になぜ交渉に応じないかを明記しているのですよ。そうすると、トランプ大統領が更なる追加制裁をするとなったら、ますますイランは背を向けてしまうのではないかと思います。
一方で、イランのザリフ外務大臣もツイッターをやっています。私が注目したのは、先日のタンカー攻撃の後に「いよいよBチームによるプランBが発動された」と言っているものです。Bチームとは、ボルトン特別補佐官を筆頭に、イスラエルのネタニヤフ首相、サウジアラビアのサルマン皇太子、UAEのザイド皇太子の4人組と言われています。Bチームはトランプ大統領を焚きつけて、イランとの戦争を望んでいるグループなのだと。ではBチームによるプランBとは何かと言うと、サボタージュディプロマシーです。

飯田)サボタージュディプロマシー?

須田)要するに妨害外交と言ったらいいでしょうか。イランにとって、いままで西側の唯一の窓口が日本だったのですよ。いよいよ安倍首相がアメリカとの仲介交渉に乗り出そうという矢先になって、タンカー攻撃が行われた。これはBチームによるプランB、つまり我々がやったわけではないと言いたいのです。逆に言えば、安倍総理のイラン訪問をザリフ氏は歓迎しているのですよ。重大な決断をしてくれたことで、何とか戦争を回避したいという意識は持っているのだけれども、それが御破算にされた。加えてその後に無人機の撃墜ですから、これもBチームによるものだと認識しているのではないでしょうか。

イラン学生通信(ISNA)が13日、AFP通信に提供した、オマーン湾で黒煙を上げるタンカーの画像=2019年6月13日 写真提供:時事通信

イランが核兵器保有国になる可能性も

飯田)イラン側としては、確たる証拠がないからどちらにもとれるけれど、アメリカ側が自作自演をやったという主張をしているのですね。

須田)ニューヨークタイムズは、ベトナム戦争が始まるきっかけになった「トンキン湾事件」に非常によく似ていると言っています。私もニューヨークタイムズの報道が気になったので、当時のマクナマラ国防長官の回想録を読んでみました。2回攻撃が行われたと言われていますが、2回目はやっぱり自作自演だったのですよ。

飯田)2回目に関しては、自作自演が確定している。

須田)ええ。「回想録を書くまで私は喋らなかったけれど」という書き出しで始まっています。やるのですよ、アメリカは。

飯田)アメリカが証拠として出して来た映像も、夜中だったこともあってかなり不鮮明でした。その後でカラーの写真も出ましたが、だいぶ時間が経ってからですよね。

須田)もちろん、イラン犯行説について確証がないのと同時に、アメリカの自作自演説に対しても確たる証拠はないですよ。両方とも証拠はないのです。だからバランスを見て報道すべきなのに、日本のメディアやマスコミはアメリカの主張を垂れ流している傾向があると思います。

飯田)しかし、ハメネイ師のツイッターは面白いですね。逆の意味でとれば、少しでも制裁を緩めてくれたら交渉の余地はあると言っているようなものですよね。

須田)だから大前提として、経済制裁を元の状態に戻す必要があります。一方で怖いのは、イランがウランの再濃縮を始めたということです。「OK! Cozy up!」金曜日の担当である宮家邦彦さんに聞いてみたところ、僕は再濃縮を始めて数年後には核兵器を持てるのではないかと思ったのですが、宮家さんは1年以内だと言うのですよ。

飯田)それほどの濃縮能力があるのですか?

須田)あるのだそうです。

飯田)遠心分離機の数を減らしたという話がありましたが、実際に減らしたかどうかはわからないですものね。

須田)イランが核兵器保有国になると、黙っていないのがイスラエルであり、もちろんアメリカもそうですから。

飯田)サウジアラビアもですよね。

須田)そういう状況に少しずつ動き始めていることを、認識しないといけないですね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ