宮沢和史が、歌手活動を休止したことで見えてきたもの

J-WAVEで放送中の番組『TRUME TIME AND TIDE』(ナビゲーター:市川紗椰)。6月8日(土)のオンエアでは、アーティストの宮沢和史さんが登場。歌手活動を休止してからの話、沖縄民謡との出逢いや魅力について話しました。

【『TRUME TIME AND TIDE』(毎週土曜 21時−21時54分)】


■立ち止まって見えてきたもの

THE BOOMのボーカリストとして活躍した宮沢さん。2014年にバンドが解散し、2016年には一度シンガーとしての引退を宣言しました。その理由のひとつには、首を悪くしてしまったことがあるそうですが、首の調子が良くなってきたこともあり、今年に入ってからはソロアルバムをリリースするなどしています。

大学時代にTHE BOOMを結成し、卒業したのと同時にデビューしたため、宮沢さんにとっては“社会=ステージ”だったと言います。それから長く音楽活動を続けてきたので、引退をしてからの約3年間はとても新鮮でした。

宮沢:今までと同じものを見ても、「俺はこんなに見てなかったのか」ということが多くて。すごく新鮮な3年間でした。
市川:立ち止まって見えてきたものは何ですか?
宮沢:一度歌を辞めてマイクを置いたときは、歌うどころか聴くのも嫌で、「音楽から離れると音楽って聴こえてこないものなんだ」と感じました。
市川:そうなんですね。
宮沢:でも離れてみて、音楽は形がないし重さもないし、3、4分で終わってしまうけど、聴く者に物凄い想像力を与えてくれて、自分の感情が呼び覚まされて涙が溢れたり、笑顔になったり、「存在しないのに何でこんなに力があるんだろう」と、改めて偉大さに気が付きました。

5月にリリースされた全編オリジナルのニューアルバム『留まらざること 川の如く』。完成に至るまでの経緯は?

宮沢:昨年に「もう一度人前に立ってみよう」と思って、そのためには新曲があったほうがいいと思って、原点に帰る意味で出身地でもある山梨県の山の中に小屋を借りて、ギターだけ持って行って2週間くらい籠もりました。それは僕にとって貴重な体験でした。今まではTHE BOOMでもソロにしても、音楽的なコンセプトを伝えたかったんです。例えば、ブラジル音楽とロックの融合であったり、どうすれば沖縄の音楽をポップスに変えられるかとか。サウンド面での勝負が僕の音楽人生でした。今回は、ギターとドラムとベースだけでミドルテンポでも言いたいことが伝えられて、自分の身の丈を表現できることに気付いた2週間でした。それがアルバムにも上手くパッケージできたかなと思っています。


■沖縄民謡との出逢い

沖縄民謡に造詣が深い宮沢さん。J-WAVEで、沖縄の音楽を紹介する番組『MESSAGE FROM UTAKATA』(毎週水曜/26:00-26:30)のナビゲーターもつとめています。好きになったきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

宮沢:三線の音色、独特のメロディ、美しい言葉に魅了されたんです。坂本龍一さん、細野晴臣さん、久保田麻琴さんなど尊敬する先輩たちが、70年代80年代に沖縄にアプローチして影響を受けた曲を聴いていた布石があったんです。自分としては特別なものとしてではなく、スムーズに入っていけました。

その後、どういう人たちがどのような想いで美しい音楽を作るのか、沖縄民謡が生まれた島を見たいと思うようになり、実際に足を運びました。

宮沢:行ってみると、想像以上に戦争の爪痕が残っていることを知ったんです。当時、戦後40数年経った頃でかなり昔の話だと思い込んでいたけど、そうではなくて、たった40数年前だなと。それから沖縄の戦跡を周るようになって、沖縄戦というものを自分がいかに知らなかったかということに気付いて、恥ずかしさと怒りがこみ上げてきました。曲を作ることで自分の高ぶった感情を抑え、“自分が無知だ”と知ったことをほかの人にも伝えて、沖縄戦のことを知らない人にも知ってもらいたいという想いからできたのが『島唄』でした。


■「忙しい」は言い訳
 

『TRUME TIME AND TIDE』

 


最後に、今後の歌手活動の展望を訊きました。宮沢さんは、「いろんな歌手の歩き方があっていい」と言うようにマイペースに活動していくとのこと。

宮沢:「この歌を歌いたい」という想いや意欲がMAXになっているときにステージに立つのが一番いいと思うんです。ルーティーンになってしまうと自分自身が楽しめないし。自分に一番合った歩幅、歩き方、ペースを見つけつつあって、人から見たら多分「ゆっくりでのんびりだね」と思われるでしょうけど、それでいいかなと思っています。
市川:自分と向き合うことって、意外とできないですよね。
宮沢:「忙しい」と言って、逆に怠けて見えなくしているという自覚もあって。「忙しい」というのは人生にとって言い訳だなと、少し思っています。

番組では、「沖縄民謡の魅力を知ってもらいたい」と宮沢さんがセレクトした大城美佐子さんの『片思い』をオンエアしました。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『TRUME TIME AND TIDE』
放送日時:毎週土曜 21時−21時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/timeandtide/

 

タグ

アメリカがイランにサイバー攻撃か

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月24日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。アメリカがイランにサイバー攻撃を承認したニュースについて解説した。

イランの最高指導者ハメネイ師(右)と会談する安倍晋三首相=2019年6月13日、イラン・テヘラン[ハメネイ師のツイッターより] 写真提供:時事通信

アメリカがイランにサイバー攻撃か

ワシントンポストやニューヨークタイムズによると、トランプ大統領はイランへの軍事攻撃を中止する一方で、サイバー攻撃を承認していたと報じている。6月20日夜、タンカー攻撃への関与が疑われるイランの情報機関などのコンピューターシステムに対しサイバー攻撃が行われ、打撃を与えたということだ。またトランプ大統領はイランに対して24日、追加制裁を与えるとツイッターで明らかにしている。その一方で、「イランと戦争をしようとは思わない。対話には無条件で応じる」とも述べている。

飯田)週末、アメリカとイランの関係が動きましたね。

須田)無人偵察機(ドローン)の撃墜を受けて攻撃司令を出したけれど、攻撃の10分前にそれを撤回した。トランプ大統領がツイッター上で明らかにしたことですが、アメリカとイランは開戦寸前まで行っていたのかということが衝撃的でしたね。そういう状況を受けて、トランプ大統領はカタールに対して仲介してくれないかという要求をしている。この番組で申し上げているように、トランプ大統領の外交スタンスは圧力を極限まで高めて、首脳会談で打開策を見出して行くというものです。

共同記者発表を終え、握手するイランのロウハニ大統領(右)と安倍首相=2019年6月12日、テヘラン(共同) 写真提供:共同通信社

ハメネイ師やザリフ外務大臣のツイートが意味するもの

須田)ではイラン側はどうなっているかと言うと、日本のメディアはほとんど報道しませんが、イランの最高指導者であるハメネイ師が英語でツイッターをやっているのですよ。先だって安倍総理がイランを訪問して、ハメネイ師と会談を行った。その様子をツイートしているのですが、「安倍総理はアメリカがイランと誠実な対応を望んでいると言うけれど、我々はそのような言葉を決して信じない。誠実な対応はトランプ氏のような人間からは生まれないからだ」と言っています。この文言を見る限り、トランプ大統領に対しての信頼度はゼロだということが伺える。
なぜならば、「アメリカはイランの石油化学業界に対して経済制裁を課しているではないか。これが誠実な交渉を望む人間のやることか」と、具体的になぜ交渉に応じないかを明記しているのですよ。そうすると、トランプ大統領が更なる追加制裁をするとなったら、ますますイランは背を向けてしまうのではないかと思います。
一方で、イランのザリフ外務大臣もツイッターをやっています。私が注目したのは、先日のタンカー攻撃の後に「いよいよBチームによるプランBが発動された」と言っているものです。Bチームとは、ボルトン特別補佐官を筆頭に、イスラエルのネタニヤフ首相、サウジアラビアのサルマン皇太子、UAEのザイド皇太子の4人組と言われています。Bチームはトランプ大統領を焚きつけて、イランとの戦争を望んでいるグループなのだと。ではBチームによるプランBとは何かと言うと、サボタージュディプロマシーです。

飯田)サボタージュディプロマシー?

須田)要するに妨害外交と言ったらいいでしょうか。イランにとって、いままで西側の唯一の窓口が日本だったのですよ。いよいよ安倍首相がアメリカとの仲介交渉に乗り出そうという矢先になって、タンカー攻撃が行われた。これはBチームによるプランB、つまり我々がやったわけではないと言いたいのです。逆に言えば、安倍総理のイラン訪問をザリフ氏は歓迎しているのですよ。重大な決断をしてくれたことで、何とか戦争を回避したいという意識は持っているのだけれども、それが御破算にされた。加えてその後に無人機の撃墜ですから、これもBチームによるものだと認識しているのではないでしょうか。

イラン学生通信(ISNA)が13日、AFP通信に提供した、オマーン湾で黒煙を上げるタンカーの画像=2019年6月13日 写真提供:時事通信

イランが核兵器保有国になる可能性も

飯田)イラン側としては、確たる証拠がないからどちらにもとれるけれど、アメリカ側が自作自演をやったという主張をしているのですね。

須田)ニューヨークタイムズは、ベトナム戦争が始まるきっかけになった「トンキン湾事件」に非常によく似ていると言っています。私もニューヨークタイムズの報道が気になったので、当時のマクナマラ国防長官の回想録を読んでみました。2回攻撃が行われたと言われていますが、2回目はやっぱり自作自演だったのですよ。

飯田)2回目に関しては、自作自演が確定している。

須田)ええ。「回想録を書くまで私は喋らなかったけれど」という書き出しで始まっています。やるのですよ、アメリカは。

飯田)アメリカが証拠として出して来た映像も、夜中だったこともあってかなり不鮮明でした。その後でカラーの写真も出ましたが、だいぶ時間が経ってからですよね。

須田)もちろん、イラン犯行説について確証がないのと同時に、アメリカの自作自演説に対しても確たる証拠はないですよ。両方とも証拠はないのです。だからバランスを見て報道すべきなのに、日本のメディアやマスコミはアメリカの主張を垂れ流している傾向があると思います。

飯田)しかし、ハメネイ師のツイッターは面白いですね。逆の意味でとれば、少しでも制裁を緩めてくれたら交渉の余地はあると言っているようなものですよね。

須田)だから大前提として、経済制裁を元の状態に戻す必要があります。一方で怖いのは、イランがウランの再濃縮を始めたということです。「OK! Cozy up!」金曜日の担当である宮家邦彦さんに聞いてみたところ、僕は再濃縮を始めて数年後には核兵器を持てるのではないかと思ったのですが、宮家さんは1年以内だと言うのですよ。

飯田)それほどの濃縮能力があるのですか?

須田)あるのだそうです。

飯田)遠心分離機の数を減らしたという話がありましたが、実際に減らしたかどうかはわからないですものね。

須田)イランが核兵器保有国になると、黙っていないのがイスラエルであり、もちろんアメリカもそうですから。

飯田)サウジアラビアもですよね。

須田)そういう状況に少しずつ動き始めていることを、認識しないといけないですね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ