BiSH セントチヒロ・チッチ「周りのことは気にしていない」 今後達成したい目標は?

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。7月9日(木)のオンエアでは、BiSHからアイナ・ジ・エンドさんとセントチヒロ・チッチさんが登場。ニューアルバム『CARROTS and STiCKS』や今後の目標について訊きました。


■カラオケで歌うのは難しい

楽器を持たないパンクバンドBiSHは、アイナ・ジ・エンドさん(以下、アイナ)、セントチヒロ・チッチさん(以下、チッチ)のほか、モモコグミカンパニーさん、ハシヤスメ・アツコさん、リンリンさん、アユニ・Dさんの6人のメンバーで構成されています。個性的な名前が並んでおり、西沢は「覚えるのが大変」と戸惑いを隠せない様子。

西沢:ライブでお客さんがメンバーを呼ぶときに、この名前だと長くない? 「モモコグミカンパニー!」って。
チッチ:そういう場合は「モモコー!」ですかね。
西沢:省略されるわけね。「それはいかん!」「正式名を言ってください」って言ったらお客さんは困るよね。
チッチ:確かに。間に合わなくなりますよね。
西沢:ライブ中でお客さんが踊る振り付けとか決まってるの?
アイナ:決まっているというか、自分次第でやってくれるお客さんもいるし、コールをお客さん同士で決めていることもあります。
西沢:メンバーからはお願いしてないの?
アイナ:そうですね。でも、メンバーが振り付けをしているんですけど、サビになったらとりあえず手を挙げとけばマネできるような振りを作っています。だから、初めてBiSHのライブに来ても一体感を出してくれるような感じです。

一方で、西沢が「振り付けはお客さんと楽しむことができるけど、歌はそうはいかないんじゃない?」と質問すると……。

アイナ:歌うのは難しい曲も多いです。
チッチ:高い音も多いし、BiSHは6人で歌っているから、カラオケだと一気にひとりで歌うとなると疲れちゃいますね。
西沢:自分で自分たちの曲をカラオケで歌ったりするの?
チッチ:歌わない……。
西沢:それはBiSH愛を疑われるね。
チッチ:でも毎日のように6人で歌っているから、わざわざひとりになったときに歌わなくていいかなって(笑)。


■BiSHはまわりのことを気にしない

BiSHはニューアルバム『CARROTS and STiCKS』を7月3日にリリース。収録曲『MORE THAN LiKE』はTVアニメ『FAIRY TAIL』(テレビ東京)ファイナルシリーズの第4クールオープニングテーマになっています。

西沢:BiSHの見た目からして、アニメと相性がよさそうですよね。髪の毛の色といい、衣装の色といい、ちょっとだらしない立ち方といい、アイドルとは違った部分がアニメと合うような気がしますよ。
チッチ:ありがとうございます。衣装はずっと外林健太さんが作ってくれていて、いつもいいです。
西沢:女の子だけで歌うグループが少なくないなか、自分たちのカラーを出すのって重要でしょ。
チッチ:そうですね。でも、BiSHはまわりのことを気にしていなくて、6人とも個性があるので、ほかにはないなと思いますね。

番組ではニューアルバム『CARROTS and STiCKS』から『DiSTANCE』をオンエアしました。

チッチ:この曲は今までのBiSHになかった、壮大で、最後のサビでは高揚感を味わえる曲です。歌っているときに「新しい顔だな」と思います。
西沢:これは何人で歌うの?
チッチ:全部、6人全員で歌っています。
西沢:パートを間違えることはない?
チッチ:あんまりないですね。
西沢:自分のパートのとき「きたぞ」って感じになるの?
アイナ:そういう気持ちはあまりないですね。自分のパートの前に歌っているメンバーからうまくバトンをもらわないと、ひとりよがりになったりしちゃうので。


■BiSHは海外でウケる?

チッチさんが手がけるイベント「THAT is YOUTH!!!!FES curated by CENT CHiHiRO CHiTTiii」が7月16日(火)にZepp Tokyoにて開催されます。ほかにも、BiSHは単独公演や夏フェスの出演も控えています。

西沢:BiSHは大きな会場でもライブをするようになり、名前もどんどん上がってきたけど、今後の目標は?
チッチ:BiSHの一番の夢は、東京ドームでのライブです。あと、海外にも行ってみたいという気持ちがメンバーにはあります。
西沢:ウケるかもね。BiSHにある日本人の文化って海外にはないからね。アイドルとも違うし、メタルとも違うし、そこら辺が海外でウケる要素がたくさんあるんじゃないかな。
チッチ:ライブに海外のお客さんも来ますし、それがすごくうれしかったので、BiSHが海外に出向いてみたいなと思っています。

ますます勢いを増すBiSH。東京ドーム公演や海外公演が実現する日は近いかも!? 今後の活躍にも注目です。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GROOVE LINE』
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

タグ

三島由紀夫「立派な『近代ゴリラ』になりたい」“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは?

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは映像の力、一触即発の状況で敵対する相手から“笑い”とる三島由紀夫の魅力などについて語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:討論の書籍(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)を読んだのですが、映像を観ると(書籍では)半分くらいしか(真意が)伝わっていないことが分かります。書籍には、討論での発言が全部書いてあるのですが。映像の力というか。

例えば、三島由紀夫が討論の冒頭10分くらいの時間をもらって、自己紹介を兼ねて宣戦布告ではないですけど、「君たちと僕には共通点があるんだ。暴力を否定しないところである」みたいな話から始めて、ところどころで笑いを取ってくるんですよね。

刀根:つかみが上手いですよね。例えば、書籍には「自民党の政治家から頼まれて、暴力反対決議というのをやるから署名してくれと」と書かれてあって、ここに「(笑)」がついているんですけど、なんの笑いなのか分からなかったけど(映像を観たら理解できました)。

三島は敵とされている学生側(東大全共闘)からの笑いを、ちゃんと待つんですよね。そして、何とも言えない顔をして「私は生まれてから一度も暴力に反対したことがないから、署名ができませんと返事をした」と続ける。そして、またウケるという。

豊島:その辺が、ちょっと知的なことに対してプライドのある学生の心をくすぐるようなギャグを放り込むので、学生たちもつい笑っちゃうんですよね。

あと、東大全共闘が三島を揶揄するような「近代ゴリラ」と書いたポスターを(構内に)貼って、三島を待ち受けるわけですけど、三島は「『近代ゴリラ』として立派な『近代ゴリラ』になりたい」と言ってまた笑いを取る。

会場で笑いが起きるということは、相手の緊張を解くことでもあるし、自分がより言いたいことを言いやすく、やりたいことをやりやすい環境にさせる。三島は写真集の被写体になり、映画にも出ているような人だからかもしれませんが、自分をどういう状況に置いて、どういう発言をして、どういうふうに振る舞うと、自分が輝くのかということを、ものすごく理解している人だなと、この映像を観て思いました。

刀根:Wikipedia(ウィキペディア)的に言うと、“三島由紀夫の項目”が多すぎるので全体がボヤッとしか分からなくなってしまうのですが、この討論だけを掘っても相当おもしろい。逆に、そうしないと三島が見えてこない。ここだけ掘っても、まだ全然分からないんですけどね。三島は本当に頭が良い。そして魅力的。

豊島:この映画を鑑賞してくださった方々の感想をSNSなどで見るのですが、よく見かけるのが「紳士的な言葉の交わし合いがあって驚いた」と。単純な分け方をすれば、右翼・左翼という敵同士なわけで、もっと相手を罵り合うような討論を想像していたと。

実際にそうですよね。三島は当時44歳、相手は10代後半~20代前半の学生たち。言ったら子どもみたいなものですよ。その人たちを相手に、まずは真摯に人の話を聞き、自分のなかで咀嚼した上で、丁寧に返すって姿を学生たちの前で見せるわけです。学生たちもかなり面食らったのではと思います。

刀根:あの場で少しでも否定的なスタンスで入ったら、本当に殴り合いが起きたかもしれない。それと、三島が討論に行く前、「近代ゴリラ」のポスターを見てニヤリとする写真が残っているじゃないですか?「近代ゴリラ」というフレーズを、わざわざ冒頭の演説で入れて笑いを取って、どんどんみんなに興味を持たせつつ。

豊島:あと、映像で残っていることが素晴らしいと感じたのが、例えば……対立するスタンスの三島由紀夫と芥正彦さん(あくた・まさひこ:東大全共闘主催者として三島由紀夫を招聘。現・劇団ホモフィクタス主宰者)が、議論を交わした後にタバコを交換して火を点け合う姿があったり。

刀根:豊島さん、あの場面が本当に好きですよね。ロマンチストですよ。

豊島:好きですけど、そんなことはない。僕はある種、冷静にあそこを編集していますからね。ロマンチストな人がこれをどう理解するか楽しみだなと思って編集していました。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶ 三島由紀夫は、いかに生きたのか…詳しい放送内容は「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ