グラミー最年少記録、史上4人目の女性アーティスト…テイラー・スウィフト、偉業だらけのヒストリー

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は、8月23日に通算7作目のニューアルバム『Lover』をリリースするテイラー・スウィフトを特集する。

初回となる8月19日(月)のオンエアでは、デビューから3rdアルバム『Speak Now』までの軌跡を紹介した。


■ザ・ビートルズ以来の偉業を達成!

現在29歳のテイラー・スウィフトは、これまで10度のグラミー賞を受賞。グラミー賞でもっとも栄誉ある、年間最優秀アルバム賞を最年少20歳で受賞し、同賞を2度受賞したグラミー賞初の女性ソロ・アーティストになっている。

これまでの作品の総売上枚数は4000万枚以上。そして楽曲ダウンロード数は1.3億を超える。さらに2008年のアルバム『Fearless』から2014年のアルバム『1989』まで、4作連続で6週以上全米1位に送り込むという、女性アーティストでは初にして、ザ・ビートルズ以来の偉業も達成している。


■いじめに遭っていた育成所時代

1989年12月13日、ペンシルベニア州ウエスト・レディングで生まれたテイラーは、銀行員の父を持ち、比較的裕福な家庭で育った。9歳の頃ミュージカルに興味を持ち、劇団に所属。ブロードウェイに定期的に遠征し、歌や演技のレッスンを受ける。その後、シャナイア・トゥエインの歌に衝撃を受け、カントリー・ミュージックに興味を持つように。

週末には地元のフェスティバルやイベントで演奏、この頃から自分で歌詞を書き始めるようになったそうだ。14歳の頃、カントリー・ミュージックで有名なテネシー州ナッシュビルに引っ越すと、名門「RCAレコード」の育成所に所属。自ら曲も書き始め、最年少ソングライターとして音楽活動をスタートした。

その頃、テイラーはナッシュビルの学校に通いながら音楽活動を続けていたが、カントリー・ミュージックが好きだということでクラスメイトからいじめを受けていたという。当時の若者が聴く音楽といえば、ヒップホップやR&Bが主流。カントリー・ミュージックはおじさんやおばさんが聴く“古い音楽”というイメージが強かったのだ。

早く自分の曲を自分の声で歌いたかったテイラー。一方のレコード会社は、まずは他のソングライターが作った曲を歌わせ、18歳までデビューを待たせる計画だったためソリが合わず、テイラーは1年経たずに「RCAレコード」を離れることになった。


■グラミー賞で最年少記録を樹立

その後、当時設立したばかりだった「ビッグ・マシーン・レコード」と契約し、さっそくアルバムの制作に取りかかった。そしてテイラーが16歳のときに完成したメジャーデビュー・アルバムが『Taylor Swift』。彼女と同年代の若者にも受け入れてもらうため、カントリーの伝統楽器と現代のロックギターの融合を目指して制作されたこのアルバムは、デビューアルバムにして全米チャート5位、カントリー・アルバム部門で1位を獲得した。

『Taylor Swift』に入っている『Our Song』はカントリー・チャートで6週連続1位を記録する大ヒット。テイラーは自身を「ネット世代」と呼び、カントリー・ミュージシャンとしては珍しく、SNSのMyspaceを立ち上げるなど、10代の若者たちにカントリー・ミュージックを聴いてもらうために積極的にネットを活用していった。

そして2008年11月に世界中に衝撃を与えた2ndアルバム『Fearless』をリリース。全米アルバム・チャートで初登場1位を記録し、発売後1週間で59万2000枚を売り上げ、全米で2009年のトップセールス・アルバムとなった。

翌年の第52回グラミー賞では、『Fearless』が最優秀アルバム賞と最優秀カントリー・アルバム賞を受賞。テイラーは、グラミー賞でもっとも栄誉ある最優秀アルバム賞を獲得した最年少のアーティストとなった。そしてこの年、トップアーティストの証、MLBのワールドシリーズの試合前に国歌斉唱を担当した。


■史上4人目の女性アーティストに

2010年10月にリリースした3rdアルバム『Speak Now』は、全米アルバム・チャートで初登場1位。発売1週間で104万7000枚のセールスを記録し、過去にアルバムリリース1週間でミリオンセールスを記録したホイットニー・ヒューストン、ブリトニー・スピアーズ、ノラ・ジョーンズに次ぐ4人目の女性アーティストとなった。さらに配信でも1週間で27万8000ダウンロードを記録し、ギネス世界記録にも認定。同アルバム収録の『Mine』は第54回グラミー賞で最優秀カントリー・ソング賞と最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞を受賞した。

というところで1日目はここまで! 引き続き、テイラー・スウィフトのヒストリーに迫る。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

タグ

orono x 小田部仁「人生は多分、一瞬の『最高』を追いかけるだけ」

写真左から小田部仁、orono ©InterFM897

多国籍ポップカルチャー・ジャンキー集団、Superorganismの日本人ボーカルoronoが、毎週火曜日よるのInterFM897でDJを務める『Oh Wow, Very Cool!』。9月12日の放送は、ゲストにライターの小田部仁さんを迎えてお送りしました。

Facebook

ページトップへ