エルメスの世界観がラジオに! 野田洋次郎の「ライブVR」も楽しめるラジオステーションも登場

J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「COME ACROSS TOKYO」。9月7日(土)のオンエアでは、HERMÈS(エルメス)の期間限定インターネットラジオ「ラジオエルメス」に注目。


■エルメスの世界観がラジオに!?

「ラジオエルメス」では、エルメスのメンズの世界観を物語るさまざまな番組を9月1日(日)~29日(日)の間、毎日オンエア。ファッションをはじめ、音楽、カルチャー、食、旅などのトピックを軸に、メンズ部門のアーティスティックディレクターを務めるフランス人女性デザイナー、ヴェロニク・ニシャニアンが作り上げる世界観を、ラジオを通じて発信している。
 

「ラジオエルメス」

 


神宮前には、収録スタジオやさまざまな展示が見られる「ポップアップ・ラジオステーション」がオープンした。白くて長方形の建物に一歩入ると、落ち着いたモードな空間が広がっている。収録スタジオは、エルメス独特のオシャレなスタジオだ。

 

 

 

「ラジオエルメス」

 


ヴィンテージのラジカセとともに、エルメスのメンズバッグの新作が展示されたスペースもある。こちらの空間は、人気アートディレクター、YOSHIROTTENが手がけたもの。

レコードが並ぶスペースでは、スカーフ柄のレコードを指定の位置に立てかけると、ヘッドホンから音楽が聴こえてくる。この音楽はメンズのショーで使用されていたものだ。

 

 

 

 

「ラジオエルメス」

 


2階では、ライブパフォーマンスをVRで体感できる。現在はRADWIMPS・野田洋次郎のライブパフォーマンスが体感可能だ。マリエが訪れたときは、坂本龍一と三味線奏者・本條秀慈郎のコラボを楽しんだ。

 

 

 

 

「ラジオエルメス」

 


ほかにも、メンズコレクションで使用しているアイテムの生地を直接触ることができる展示もある。「どの生地も最高の触り心地」とマリエ。そのほか、詳しい情報は「ラジオエルメス」ホームページをぜひチェックしてみて。

J-WAVE『SEASONS』のワンコーナー「COME ACROSS TOKYO」では、TOKYOの街で起きている変化をキャッチ。街に出かけたくなるような情報を集める。放送は毎週土曜の14時40分頃から。お楽しみに。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEASONS』
放送日時:毎週土曜 12時-15時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/seasons

 

 

タグ

賀来賢人「SNSに依存せず、ほどよいお付き合いを」リスナーに提言

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。3月23日(月)~3月24日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

パーソナリティの賀来賢人



◆SNSは「使い分けがわからん!」
3月23日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)がクラブ会員からのメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は最近SNSを始めたのですが、ちょっとしたつぶやきが知らない人に拡散されて、何千人とかに一気に広まり、ビックリしながらも新鮮な毎日を送っています。SNSをやっていて“これはビックリだった!”といったエピソードはありますか?」(女性)

現在、TwitterとInstagramをやっている会長は、「使い分けがわからん!」と実感を語ります。

そもそもTwitterを始めたきっかけは「舞台の宣伝とかのため」。そしてInstagramは、「みんなやっているから」。そんないきさつで始めたSNSについて「どっちもやり始めちゃったもんだから、引くに引けない状況なんですよね(苦笑)」と打ち明けます。

昨今のネットニュースについて「例えば、『僕が誰々と写真を撮りました』ということですら、ニュースになるわけですよ。いい宣伝になることもありますし、恐ろしいこともありますよね」とコメント。

そして、このクラブ会員に向けて「気をつけてくださいね。あまりSNSに依存せずに……でも、ないと生きていけない時代なのかもしれないですから、(SNSとは)ほどよいお付き合いを」と呼びかけていました。

◆クラブ会員の質問や相談に回答
3月24日(火)の放送では、クラブ会員から寄せられたメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は今、お箸や器を商材にしたお店で働いているのですが、いまだに苦手なシチュエーションがあります。それは、1人でイヤホンをつけて来店されるお客さまです。接客方法に縛りはなく“何をしてもいいよ!”という感じの社風なのですが、どういう風なアクションをすれば、お客さまが嫌な気持ちにならずに接客ができるのか、と毎日悩んでいます。海外の方には勢いでいけるのですが、日本人の方だとどうしても顔色を伺ってしまいます。会長だったらどうしますか?」(女性)

このメッセージに、「店員さんとしては、難しいですよね~。イヤホンをつけている人は“あまり声をかけてほしくない”っていう意味だと思います……僕もどちらかと言うとそうかもしれない」と答えます。そして、「ほどよい接客は、難しいでしょうけど、頑張ってください」とエールを送りました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は学校でよく『怒ってる?』と聞かれます。そんなつもりはないので『どうして?』と聞くと、『真顔が怖いから、怒っているみたいだよ』と言われました。けっこう“グサッ”ときています。真顔が怖いからといってずっと笑っているわけにもいかず、とても困っています。賢人会長ならどうしますか?」(女性)

この相談に、開口一番「僕もなんですよ!」と共感する会長。「何にも考えていないのに、『ピリついている』みたいなことをよく言われるんですよね。特に女優さんとか。僕は、緊張してあんまり女優さんに話しかけないんですよ。それが『怖い』って影で言われていたことがけっこうあって。こちとら緊張しているだけなのに……第一印象って大事ですよね」と同じ悩みを抱えている様子。

体が硬くて姿勢が悪いのを悩んでいた会長は、年明けの放送で、2020年の抱負は「体を柔らかくする」と宣言。最近、姿勢の矯正に通っているそうで、「姿勢をよくしてから、先生が『顔の“険”が取れた』ってよく言うんです。だから、体とかも(表情に)関係してくるのかもしれないです」と自身の経験をアドバイスとして送りました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ