睡眠を3時間減らしても疲労がとれる!? 「濃縮睡眠」を専門家が伝授

「寝ても疲れがとれない」「忙しくて十分な睡眠がとれない」「寝つきが悪い」「休日に昼過ぎまで寝てしまい後悔する」――睡眠にまつわる悩みを抱えている人も少なくないのでは。今回は、『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠(R)メソッド』の著者で睡眠セラピストの松本美栄さんに、短時間の睡眠で疲れをとる眠り方を訊いた。

この番組をラジコで聴く



■疲れをとる睡眠は時間ではなく質!

松本さんは2013年に、表参道に姿勢美矯正サロンをオープン。開業当初はひとりで業務をこなしていたため、睡眠不足になり体を壊してしまった。それがきっかけで、短時間で疲れをとるための睡眠法を研究し始め、短時間で疲れをとるメソッド「濃縮睡眠(R)」を開発した。そのメソッドを自身のサロンで提供し、これまでに延べ5000人以上の睡眠に関する悩みを解決してきたという。

自身を実験台にして開発したという「濃縮睡眠」。最初は睡眠時間を確保するところから始め、8時間の睡眠をとってみたのだが、なかなか疲れが取れなかったという。それどころか、仕事が溜まってしまい時間が圧迫されることでフラストレーションを感じてしまう結果に。

時間の問題ではないとするならば、睡眠の質を高めていかない。自分なりに質を高める実験を続けていった結果、短い時間で質の高い睡眠がとれる「濃縮睡眠」が完成した。

渡部:この「濃縮睡眠」は、実際にどれくらい寝れば疲れがとれるようになるんですか?
松本:もともとが7時間から8時間の睡眠の方だと、4、5時間の睡眠で疲れはとれるようになります。
渡部:なるほど。
 

『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠(R)メソッド』

 

 


■「濃縮睡眠」のポイントは3つ!

「濃縮睡眠」の最大の特徴は、「深い眠りにつくまでの時間が短い」こと。「濃縮睡眠」では、誰でも簡単にできる方法で深い眠りにつくまでの時間を30分、または30分以内に短縮できるという。

松本:ポイントはたった3つ。まずひとつは、「脳の疲れをとる」ということ。脳疲労は眼精疲労とストレスによって起こるというふうに解釈しています。
渡部:それはどうしましょうか?
松本:まず蒸しタオルで後頭部を温めます。そこに眼のツボとか自律神経のポイントがあるので。その後に、頭蓋マッサージと眼精疲労マッサージ、眼の周りのマッサージをして、血流をよくしていきます。

ふたつ目のポイントは「血流の改善」。血流が悪い人は、主に背中が硬い人が多いという。そのため、肩甲骨周りをストレッチでほぐしていく。

3つ目のポイントは「睡眠環境を整える」。そのために、温度を管理する。温度が快適ではないと途中で目が覚めてしまったり、眠りが浅くなってしまいやすい。少し涼しめにするのがポイントだ。冬場は22から23度ぐらい、夏場は25から26度くらいが目安。

枕選びも大事だ。高さが合っているか、首の緊張を和らげてあげるために首が隙間なく埋まっているかをチェックしよう。バスタオルを軽く丸めて首の下に置くと、首の緊張を和らげることができるそうだ。

最後に松本さんは「睡眠を良くするのは、1日して成らず。継続が大事」とアドバイスした。さらに詳しい情報は、『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠(R)メソッド』でチェックしてほしい。

『GOLD RUSH』のワンコーナー「CURIOUSCOPE」では、毎週ひとつのトピックをピックアップ。その道に精通したゲストを迎え、流行・現象の本質に迫る。放送は16時40分頃から。お楽しみに。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分-20時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

 

 

タグ

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ