睡眠を3時間減らしても疲労がとれる!? 「濃縮睡眠」を専門家が伝授

「寝ても疲れがとれない」「忙しくて十分な睡眠がとれない」「寝つきが悪い」「休日に昼過ぎまで寝てしまい後悔する」――睡眠にまつわる悩みを抱えている人も少なくないのでは。今回は、『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠(R)メソッド』の著者で睡眠セラピストの松本美栄さんに、短時間の睡眠で疲れをとる眠り方を訊いた。

この番組をラジコで聴く



■疲れをとる睡眠は時間ではなく質!

松本さんは2013年に、表参道に姿勢美矯正サロンをオープン。開業当初はひとりで業務をこなしていたため、睡眠不足になり体を壊してしまった。それがきっかけで、短時間で疲れをとるための睡眠法を研究し始め、短時間で疲れをとるメソッド「濃縮睡眠(R)」を開発した。そのメソッドを自身のサロンで提供し、これまでに延べ5000人以上の睡眠に関する悩みを解決してきたという。

自身を実験台にして開発したという「濃縮睡眠」。最初は睡眠時間を確保するところから始め、8時間の睡眠をとってみたのだが、なかなか疲れが取れなかったという。それどころか、仕事が溜まってしまい時間が圧迫されることでフラストレーションを感じてしまう結果に。

時間の問題ではないとするならば、睡眠の質を高めていかない。自分なりに質を高める実験を続けていった結果、短い時間で質の高い睡眠がとれる「濃縮睡眠」が完成した。

渡部:この「濃縮睡眠」は、実際にどれくらい寝れば疲れがとれるようになるんですか?
松本:もともとが7時間から8時間の睡眠の方だと、4、5時間の睡眠で疲れはとれるようになります。
渡部:なるほど。
 

『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠(R)メソッド』

 

 


■「濃縮睡眠」のポイントは3つ!

「濃縮睡眠」の最大の特徴は、「深い眠りにつくまでの時間が短い」こと。「濃縮睡眠」では、誰でも簡単にできる方法で深い眠りにつくまでの時間を30分、または30分以内に短縮できるという。

松本:ポイントはたった3つ。まずひとつは、「脳の疲れをとる」ということ。脳疲労は眼精疲労とストレスによって起こるというふうに解釈しています。
渡部:それはどうしましょうか?
松本:まず蒸しタオルで後頭部を温めます。そこに眼のツボとか自律神経のポイントがあるので。その後に、頭蓋マッサージと眼精疲労マッサージ、眼の周りのマッサージをして、血流をよくしていきます。

ふたつ目のポイントは「血流の改善」。血流が悪い人は、主に背中が硬い人が多いという。そのため、肩甲骨周りをストレッチでほぐしていく。

3つ目のポイントは「睡眠環境を整える」。そのために、温度を管理する。温度が快適ではないと途中で目が覚めてしまったり、眠りが浅くなってしまいやすい。少し涼しめにするのがポイントだ。冬場は22から23度ぐらい、夏場は25から26度くらいが目安。

枕選びも大事だ。高さが合っているか、首の緊張を和らげてあげるために首が隙間なく埋まっているかをチェックしよう。バスタオルを軽く丸めて首の下に置くと、首の緊張を和らげることができるそうだ。

最後に松本さんは「睡眠を良くするのは、1日して成らず。継続が大事」とアドバイスした。さらに詳しい情報は、『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠(R)メソッド』でチェックしてほしい。

『GOLD RUSH』のワンコーナー「CURIOUSCOPE」では、毎週ひとつのトピックをピックアップ。その道に精通したゲストを迎え、流行・現象の本質に迫る。放送は16時40分頃から。お楽しみに。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分-20時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

 

 

タグ

日米同盟に「空白の3カ月」 『もしトラ』に日本は対応できるのか?

723日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、火曜コメンテーターで上武大学教授の田中秀臣氏番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーが、バイデン大統領の大統領選撤退表明日米同盟を巡る協力ついて意見を交わした。

『もしトラ政権』とコミュニケーションを取れる人が日本の政治の中枢にいて欲しい

アメリカのバイデン大統領が11月の大統領選からの撤退を表明したのを受け、日米同盟を巡る協力に隙が生まれる懸念が出てきた。後任が決まるまでの3カ月間も現職大統領として外交日程が続く。 

日本は大統領選挙で民主党のバイデン氏、共和党のトランプ氏のいずれかが勝利しても対応できるように準備してきた。 

2023年に外務次官候補だった山田重夫氏を駐米大使に起用している。トランプ前政権時代にNSS(国家安全保障局審議官として築いたパイプを評価した。首相自ら主導して人事を決めた。 

2024年4月には自民党・麻生太郎副総裁がトランプ氏本人とアメリカ・ニューヨークで面会をしている。岸田首相の防衛費の増額などを説明し、同盟国に負担を求めてきたトランプ氏に理解を求めた。 

民主・共和、両にらみで対策を進めていたものの、再選に意欲を示し続けていたバイデン大統領が民主党候補として正式指名される直前に撤退を表明したことが誤算だった。 

(寺島アナ)日本はトランプ氏とバイデン氏、どちらの勝利にも対応していた、ということですが。これは田中さん、どうご覧になりますか?」

(田中氏)それは正しいやり方だと思うんですけど、『もしトラ(もしもトランプ氏が再び大統領になったら)』と考えるとリスクの方が個人的には大きい気がします。仮にハリス副大統領が次の大統領になったら、バイデン政権の延長上ですから不確実性が低いと思うんですけど、トランプさんが戻ってきて今の公約をベースにしたら、たとえば経済政策だけ見ても日本の為替レートに対する圧力をかけてくる可能性もあるし。関税を引き上げると言ってますから、それに対する個別交渉が必要になってくると思いますアメリカがトランプ政権になったら、一方ではアメリカ国民のためにお金を扱うけど、他方で安全保障面を含めて予算カットみたいなことをやりますから、さらに防衛費増額を日本に求めてくる。さらに台湾有事の悪化に結び付くような話も出てきたら嫌だな、と思います

田中氏は『もしトラ』になったとき、日本の対応について考える。 

(田中氏)その時に日本側に『もしトラ政権』とコミュニケーションを取れる人が政治の中枢にいて欲しいですよね。それが麻生さんなのかというと“そうなのかな?”という気もしますし、安倍元首相のようなリーダーシップを取れる政治家がいて欲しいですよね。個人的な推しメンは高市早苗さんかな?って思います。彼女であれば交渉力もあるんじゃないか?”と思います野党のなかでも人材はいるかも?と思いますけど、いま経済政策が踏み絵になっているんです。利上げする人は、いま総理大臣になっちゃいけない人ですよね。河野太郎デジタル大臣、茂木敏充自民党幹事長はそろって利上げ発言をしたので絶対にいま総理大臣になっちゃいけないですよ

田中氏は、石破茂氏の現在の動きを注意深く見ている 

(田中氏)私の個人的見解ですよ?怪しい動きをしている石破茂さんは体質的に利上げ発言をしそうですけど、してないですよね?これは恐らく、菅義偉さんあたりと最近近づいているので“不用意な経済政策発言するな”と釘を刺されている気がします」

(寺島アナ)菅さんはその辺りは分かっているんですかね? 

(田中氏)分かっていると思います。今のタイミングで利上げは絶対にあり得ないですから。菅さんは株価が上がるのが大好きなんですよ。雇用も心配してると思いますけど、それ以上に株価が上がるのが大好きですから、利上げ発言なんかしたら株価が下がるから釘を刺している可能性はある

〈出典〉 

日米同盟に「空白の3カ月」 | 日本経済新聞 (https://www.nikkei.com/) 

Facebook

ページトップへ