睡眠を3時間減らしても疲労がとれる!? 「濃縮睡眠」を専門家が伝授

「寝ても疲れがとれない」「忙しくて十分な睡眠がとれない」「寝つきが悪い」「休日に昼過ぎまで寝てしまい後悔する」――睡眠にまつわる悩みを抱えている人も少なくないのでは。今回は、『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠(R)メソッド』の著者で睡眠セラピストの松本美栄さんに、短時間の睡眠で疲れをとる眠り方を訊いた。

この番組をラジコで聴く



■疲れをとる睡眠は時間ではなく質!

松本さんは2013年に、表参道に姿勢美矯正サロンをオープン。開業当初はひとりで業務をこなしていたため、睡眠不足になり体を壊してしまった。それがきっかけで、短時間で疲れをとるための睡眠法を研究し始め、短時間で疲れをとるメソッド「濃縮睡眠(R)」を開発した。そのメソッドを自身のサロンで提供し、これまでに延べ5000人以上の睡眠に関する悩みを解決してきたという。

自身を実験台にして開発したという「濃縮睡眠」。最初は睡眠時間を確保するところから始め、8時間の睡眠をとってみたのだが、なかなか疲れが取れなかったという。それどころか、仕事が溜まってしまい時間が圧迫されることでフラストレーションを感じてしまう結果に。

時間の問題ではないとするならば、睡眠の質を高めていかない。自分なりに質を高める実験を続けていった結果、短い時間で質の高い睡眠がとれる「濃縮睡眠」が完成した。

渡部:この「濃縮睡眠」は、実際にどれくらい寝れば疲れがとれるようになるんですか?
松本:もともとが7時間から8時間の睡眠の方だと、4、5時間の睡眠で疲れはとれるようになります。
渡部:なるほど。
 

『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠(R)メソッド』

 

 


■「濃縮睡眠」のポイントは3つ!

「濃縮睡眠」の最大の特徴は、「深い眠りにつくまでの時間が短い」こと。「濃縮睡眠」では、誰でも簡単にできる方法で深い眠りにつくまでの時間を30分、または30分以内に短縮できるという。

松本:ポイントはたった3つ。まずひとつは、「脳の疲れをとる」ということ。脳疲労は眼精疲労とストレスによって起こるというふうに解釈しています。
渡部:それはどうしましょうか?
松本:まず蒸しタオルで後頭部を温めます。そこに眼のツボとか自律神経のポイントがあるので。その後に、頭蓋マッサージと眼精疲労マッサージ、眼の周りのマッサージをして、血流をよくしていきます。

ふたつ目のポイントは「血流の改善」。血流が悪い人は、主に背中が硬い人が多いという。そのため、肩甲骨周りをストレッチでほぐしていく。

3つ目のポイントは「睡眠環境を整える」。そのために、温度を管理する。温度が快適ではないと途中で目が覚めてしまったり、眠りが浅くなってしまいやすい。少し涼しめにするのがポイントだ。冬場は22から23度ぐらい、夏場は25から26度くらいが目安。

枕選びも大事だ。高さが合っているか、首の緊張を和らげてあげるために首が隙間なく埋まっているかをチェックしよう。バスタオルを軽く丸めて首の下に置くと、首の緊張を和らげることができるそうだ。

最後に松本さんは「睡眠を良くするのは、1日して成らず。継続が大事」とアドバイスした。さらに詳しい情報は、『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠(R)メソッド』でチェックしてほしい。

『GOLD RUSH』のワンコーナー「CURIOUSCOPE」では、毎週ひとつのトピックをピックアップ。その道に精通したゲストを迎え、流行・現象の本質に迫る。放送は16時40分頃から。お楽しみに。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分-20時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

 

 

タグ

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ