三代目JSB・今市、GENERATIONS・数原「ここは負けない!」それぞれのグループの強みとは

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(木曜担当ナビゲーター:三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE 今市隆二)。10月3日(木)のオンエアでは、GENERATIONS from EXILE TRIBEから数原龍友がゲストに登場。今市とともにリスナーからのメッセージに答えた。

この番組をラジコで聴く



■GENERATIONS from EXILE TRIBEは"ふざけられるところ"


「お2人に、自分のグループにしかない自慢話をしてほしいです。隆二くんは三代目の、龍友くんはGENERATIONSの、お互いに『ここは負けない』という所などを聞きたいです」というメッセージが寄せられた。その質問に、まずは数原が答えた。

数原:僕らのグループは「そこまでふざけちゃうんだ?」ってところまで行ける感じ。「DREAMERS」のメンディー君のレコーディングで、僕らが悪ふざけで歌ってもらったのがめちゃくちゃ面白かったんで、「これちゃんとCMにしようよ!」っていう。「それはないでしょ!」ってならない、この空気感というか。
今市:たしかに、GENERATIONSしかないかもね。
数原:けっこうライブでも、おふざけ映像じゃないですけど、かなり手を込めて制作したりするんで......。
今市:(笑)。真面目におふざけするっていうね。
数原:一番そのリミッターが外れやすいグループなのかなと思いますね。



■"各々のキャラクターの濃さ"が三代目JSBの強み?

続けて今市が、自身のグループの強みについて語った。

今市:自慢話......意外とそう言われるとないな。何?
数原:逆にですか(笑)。すごくないですか? 三代目の個人個人の特化してる部分って。
今市:性格がみんな本当に違うというか。ちゃんとみんなそれぞれ色を持ってて。だけど集まったら、「グループ」になってパワーを出せるっていうのはね。かな?
数原:仰るとおりだと思いますよ!


■年下へのアプローチ

続いてリスナーから、「3つも年下の男の子を好きになってしまいました。ぜひ年下へのアプローチの方法を教えてほしいです」という相談が寄せられた。

数原:20歳超えてからの2つ3つ(の差)って、もう......。
今市:関係ないよね?
数原:変わんないっすよね。自分の攻め方で大丈夫ですよきっと。
今市:どう来られたら嬉しい? 年上はどう、龍友は。
数原:むしろ年上の女性のほうが落ち着くなって感じはないですか?
今市:訊くんじゃないよ(笑)。でもね、わかる! 母性を感じたいのかな?
数原:安心感はやっぱ。年上の女性っていうのは憧れってところもありますね。

番組の後半では、初ソロ楽曲である「Nostalgie」を配信した数原が、ソロに対する思いを明かす場面があった。詳しくはradikoをチェックしてみてほしい。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

タグ

賀来賢人「SNSに依存せず、ほどよいお付き合いを」リスナーに提言

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。3月23日(月)~3月24日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

パーソナリティの賀来賢人



◆SNSは「使い分けがわからん!」
3月23日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)がクラブ会員からのメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は最近SNSを始めたのですが、ちょっとしたつぶやきが知らない人に拡散されて、何千人とかに一気に広まり、ビックリしながらも新鮮な毎日を送っています。SNSをやっていて“これはビックリだった!”といったエピソードはありますか?」(女性)

現在、TwitterとInstagramをやっている会長は、「使い分けがわからん!」と実感を語ります。

そもそもTwitterを始めたきっかけは「舞台の宣伝とかのため」。そしてInstagramは、「みんなやっているから」。そんないきさつで始めたSNSについて「どっちもやり始めちゃったもんだから、引くに引けない状況なんですよね(苦笑)」と打ち明けます。

昨今のネットニュースについて「例えば、『僕が誰々と写真を撮りました』ということですら、ニュースになるわけですよ。いい宣伝になることもありますし、恐ろしいこともありますよね」とコメント。

そして、このクラブ会員に向けて「気をつけてくださいね。あまりSNSに依存せずに……でも、ないと生きていけない時代なのかもしれないですから、(SNSとは)ほどよいお付き合いを」と呼びかけていました。

◆クラブ会員の質問や相談に回答
3月24日(火)の放送では、クラブ会員から寄せられたメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は今、お箸や器を商材にしたお店で働いているのですが、いまだに苦手なシチュエーションがあります。それは、1人でイヤホンをつけて来店されるお客さまです。接客方法に縛りはなく“何をしてもいいよ!”という感じの社風なのですが、どういう風なアクションをすれば、お客さまが嫌な気持ちにならずに接客ができるのか、と毎日悩んでいます。海外の方には勢いでいけるのですが、日本人の方だとどうしても顔色を伺ってしまいます。会長だったらどうしますか?」(女性)

このメッセージに、「店員さんとしては、難しいですよね~。イヤホンをつけている人は“あまり声をかけてほしくない”っていう意味だと思います……僕もどちらかと言うとそうかもしれない」と答えます。そして、「ほどよい接客は、難しいでしょうけど、頑張ってください」とエールを送りました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は学校でよく『怒ってる?』と聞かれます。そんなつもりはないので『どうして?』と聞くと、『真顔が怖いから、怒っているみたいだよ』と言われました。けっこう“グサッ”ときています。真顔が怖いからといってずっと笑っているわけにもいかず、とても困っています。賢人会長ならどうしますか?」(女性)

この相談に、開口一番「僕もなんですよ!」と共感する会長。「何にも考えていないのに、『ピリついている』みたいなことをよく言われるんですよね。特に女優さんとか。僕は、緊張してあんまり女優さんに話しかけないんですよ。それが『怖い』って影で言われていたことがけっこうあって。こちとら緊張しているだけなのに……第一印象って大事ですよね」と同じ悩みを抱えている様子。

体が硬くて姿勢が悪いのを悩んでいた会長は、年明けの放送で、2020年の抱負は「体を柔らかくする」と宣言。最近、姿勢の矯正に通っているそうで、「姿勢をよくしてから、先生が『顔の“険”が取れた』ってよく言うんです。だから、体とかも(表情に)関係してくるのかもしれないです」と自身の経験をアドバイスとして送りました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ