今さら聞けない「QRコード決済」を解説! どのくらいお得なの?

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「LIFE IN SMART」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。このコーナーではスマホ周りのお役立ち情報をシェアしている。11月26日(火)のオンエアでは、マネーコンサルタントの頼藤太希さんが登場。お得なキャッシュレス決済について紹介した。


■「QRコード決済」ってどうやるの?

頼藤さんは、まずスマホで行う「QR決済」の基本的な部分を紹介した。

頼藤:専用のアプリをダウンロードして、銀行口座やクレジットカード情報を登録して使います。スマホに表示させたQRコードをお店側が読み取るか、逆にお店側のQRコードを読み取って支払いができるようになります。慣れるまでは少し時間がかかるかもしれないけど、現金払いよりは早いかなと思います。

キャッシュレス決済は現状、支払額の一部がポイントで還元されるというメリットがある。

頼藤:たとえばPayPayであれば支払額の1.5%が付与されます。クレカだと1%くらいじゃないですか。そういった中でスマホ決済はたびたびキャンペーンを実施していて、20%還元のときもあります。
サッシャ:PayPayもクレカを接続させることができるので、そうすると合わせて2.5%くらい還元されるんですよね?
頼藤:そうです。あと政府が最大5%のキャッシュレス還元事業を推進しているので、スマホ決済ももちろん対象なので使わなきゃ損ってことですね。
サッシャ:だから、たとえば1.5%に加えてクレカが1%、それにさらに政府のコンビニだったら2.5%だと4.5%戻ってくると。100円のものを買ったら実質95.5円になるということですよね。


■PayPayかLINE Payか、どっちがいい?

さまざまな種類があるキャッシュレス決済。実際にどれがお得なのか。PayPay、LINE Payをそれぞれサービスごとに説明した。

頼藤:PayPayは1.5%と他より還元率が高く、ヤフーのクレジットカードを使うと二重取りが可能で、合わせて2.5%還元となります。利用可能店舗数は150万箇所、キャンペーンも充実しています。12月1日からは20回に1回最大1000円戻ってくるキャンペーンが始まります。あとは公共料金の請求書払もできるようになって、これもポイントが貯まります。これは0.5%ですね。
サッシャ:すごいですね。公共料金を払ってポイントが貯まるって、今まで絶対なかったですよね。これはソフトバンクユーザーだとさらに特典あったりしますよね?
頼藤:長期継続特典で初回は3000円、2回目以降は1000円というのがありますね。
サッシャ:ちなみに個人間のお金のやりとりもできるんですよね?
頼藤:個人間送金も無料でできますし、出金もできます。他のスマホ決済よりも手数料が安いですね。

頼藤さんは続いてLINE Payを解説。

頼藤:LINE Payは利用額に応じて0.5〜2%付与されます。利用店舗可能数が170万箇所でスマホ決済の中で一番多いですね。あとは公共料金の請求書払もできて、ポイントも貯まります。LINE Payのほうが個人間のやり取りは強いですね。
サッシャ:LINEのアカウントを知っていればできるってことですよね。
頼藤:無料で作れるLINEPayカードも発行できまして、QR決済は使えないけどカード決済ができるときに使えます。
サッシャ:そうするとLINE Payから引き落とされるということですよね。このカードは無料で作れるんですか?
頼藤:作れます。

最後にキャッシュレス決済がたくさんある中で何を基準に選べばいいかをアドバイスした。

頼藤:選ぶ基準は3点あります。1つ目は普段活動するエリアで利用できるかどうか。2つ目は普段使っているポイントと相性がよいかどうか。3つ目は還元率が高いかどうか。そういう風に考えるとPayPayはマストかなって思います。
増井:いくつか持っていたほうがいいですか?
頼藤:2つくらいに絞るといいですね。PayPayと何かもう1つって感じになると思います。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「LIFE IN SMART」では、スマホ周りのお役立ち情報を紹介される。放送は月曜~木曜の11時20分頃から。次回もお聞き逃しなく!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

タグ

元テレ朝の現職・三反園氏が敗れたわけ~辛坊治郎がその背景を解説<鹿児島県知事選>

キャスターの辛坊治郎が7月13日(月)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。12日投開票された鹿児島県知事選で2期目を目指した現職の三反園訓氏が敗れたことについて、その“構造”と“要因”を解説した。

4月25日から接客を伴う飲食店に休業を要請することを明らかにした鹿児島県の三反園訓知事=4月22日午後、鹿児島市 ©共同通信社

現職の知事の2期目はよっぽどじゃないと落ちないはずが……

任期満了に伴う鹿児島県知事選挙は、新人で元経済産業局長の塩田康一氏が現職の三反園訓氏を破り当選した。

辛坊)三反園さん、テレビ朝日の『ニュースステーション』の政治担当キャスターだった方ですね。

大きい声では言えないのですが……現職の知事の2期目はよっぽどじゃないと落ちないのです。現職知事はすごく強いのですよ。2期目で落ちたと言う話を聞いたことがないくらいです。小池さんはこのあいだ(東京都知事選)、すごい票でしたよね。あれがまさに現職知事の2期目なのですよ。ところが、三反園さんは2期目で落ちてしまったのですね。

なぜ落ちてしまったのかというと、構造的なものがありまして。『ニュースステーション』というと、どちらかと言うと反政府、反自民というようなものを売りにしている番組ですよね。そこで大活躍をされたキャスターなわけですよ。1期目はそれを全面に出して、自民・公明の候補を敵に回して、反原発で当選したにもかかわらず、今回の選挙では、自民・公明に推してもらった。1期目(の選挙)では川内原発をやめるということを公約に掲げたのに、知事になった瞬間に「再稼働でいいのではないか」という話になって、いちばんの公約がグズグズになったうえに、元々反政府系で売っていたキャスターなのに、2期目の戦いで自民と公明が後ろについてしまったという。そうすると、自民と公明の支持層からしても、「え? 元テレ朝じゃないか。あれだけ悪口を言っておいて、自民・公明に推されるのか」となります。

逆に言うと、市民団体で前回の知事選でこの人の当選の原動力になった人たちにとって、「原発で裏切ったうえに、2期目は自民・公明に推されて出るのか」という構図になったら、もう選挙にならないのですよ。だから盤石で絶対に強い現職知事が、これだけの有名人でも2期目の選挙でまさかの落選と。

この構図になったら、もう選挙にならないが……

辛坊)ということですが……私、三反園さんと1回焼き鳥屋さんでご飯を食べたことがあるのですよ。そんなに悪い人ではなかったのですよ。別に悪口を言うつもりは毛頭ないのだけれど。結果的にそういう背景があったという話です。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ