山崎まさよし「あれ、なんでこんなところに?」 ニューヨークで驚きの出来事

J-WAVEで放送中の番組『ANA WORLD AIR CURRENT』(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。11月30日(土)のオンエアでは、シンガーソングライターの山崎まさよしが登場。ニューヨークでの思い出について語った。

この番組をラジコで聴く



■友人の事故がアルバム制作のきっかけに

世界には特徴のある街がたくさんあるなかで、まさにオンリーワンの存在感を持つ街、アメリカ・ニューヨーク。ファッション、演劇、アート、グルメ、スポーツ……さまざまな分野での夢を持った人々が集まるニューヨークは、創作活動をする人間にとっては特別な街と言える。山崎はそんなニューヨークで経験した、とあるきっかけからアルバム制作に着手することになったという。

葉加瀬:一番初めのニューヨークはいつぐらい?
山崎:2001年ですかね。僕はアルバムを作るつもりではなかったんですけど、(当時は)時期的に「顔を指される」ときだったんです。そのときにニューヨーク在住の、カメラマン兼プロデュースをしている友人が「ニューヨークだったら誰もおまえのことを知らないから、ちょっとゆっくりしないか」っていう。
葉加瀬:リラックスした旅だった?
山崎:最初はそうですね。ところが、いざ行くぞというときに、その呼んでくれた彼がバイクの事故にあったんです。すぐにお見舞いに行きたかったので、時期を早めて行きました。けっこう、バイク事故が重症と言いますか、いわゆる半身不随じゃないですけども完全に動かない状態だったので、急遽ニューヨークで彼のため……ではないんですけど、アルバムをニューヨークで制作して。
葉加瀬:1つのアクシデントから始まったとはいえ、そういう物語がスタートした感じですよね。
山崎:そうですね。僕は海外レコーディングというのをやる気はそこまでなかったんですけど、部屋を借りて作曲をしました。
葉加瀬:どのぐらいの時間かかったんですか?
山崎:足掛け半年ぐらいになりましたね。いろいろCMの仕事で日本に帰ったりして、行き来がありながらですから。


■ニューヨーク独特の「匂い」

葉加瀬はニューヨークを「大好き」と豪語。その特徴の1つは「匂い」だとして、会話が盛り上がった。

葉加瀬:住むとワクワクしません?
山崎:けっこう上のほうの高い階のアパートを借りていたんですけど、下に降りたら店が変わってたりするんですよ。
葉加瀬:(笑)。
山崎:「あれ? こんなのできてる」とか、店構えとかがすごく変わってて。 葉加瀬:街の独特の匂いがあるじゃないですか。
山崎:僕はあの匂いが好きなんですよ。コインランドリーのとか。
葉加瀬:ちょっと鉄っぽい感じがしません?
山崎:そうですね。水道管の匂いがしますよね。
葉加瀬:あと、ホットドッグの焼いた匂いがしてきて。
山崎:冬場は下から蒸気が吹き上げてますよね。
葉加瀬:あれは綺麗ですね。あれが一番ニューヨークっぽく感じるな。


■楽器屋さんでの驚きのエピソード

「自分のことを誰も知らない土地」で生活をしていた山崎だったが、意外なところでサインを求められたことがあったという。

葉加瀬:半年いたとすると、楽器屋さんにも行ったり?
山崎:楽器屋でマーチンのギターを「これください」って1本買ったんです。そこの店主が、日本人のペンフレンドがいて、ある日行ってギターを見ていたら「サインくれ」って僕のCDを出したんです(笑)。
葉加瀬:(笑)。素晴らしいね。
山崎:「あれ、なんでこんなところに?」って(笑)。

葉加瀬がナビゲーターを務める番組『ANA WORLD AIR CURRENT』は毎週土曜日の19時から。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ANA WORLD AIR CURRENT』
放送日時:毎週土曜日 19時-19時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

タグ

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ