eill、もともとは音痴だった!? 母に「下手だから歌手は諦めなさい」と言われて…

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。12月1日(日)のオンエアでは、eillが初登場。デビューまでの道のりや11月6日にリリースしたファーストアルバム『SPOTLIGHT』に込めた思いについて語った。

この番組をラジコで聴く



■韓国でオーディションを受け続けた日々

eillは10代のときから韓国のアーティストやドラマを好み、アーティストを目指したきっかけも中学校のときに聴いた少女時代やKARAだった。中学生のeillにとって彼女たちは完璧な強い女性に見え、すべてが輝いた存在だったのだとか。

自分もアーティストになりたいと韓国でオーディションを受け始めたが、通過には至らなかった。諦めて日本でオーディションに応募したところ、見事合格。ところが、ここからが本当に険しい道のりだったと語った。

eill:韓国では練習生になったらデビューができるんですが、日本の場合は事務所に入れたとしてもデビューするまでに自分でライブハウスに行ったりブッキングしたりと、やらなくてはいけないことがたくさんありました。想像以上にデビューまでが難しかったです。


■歌は「下手なんだから諦めなさい」と言われていた

eillは歌手を志していたが、もともとは音痴で、母親から「下手なんだから諦めなさい」と言われるほどだったとか。しかし、3カ月間ビヨンセの『Listen』をひたすら練習。歌えるようになった頃には、母親から「やっぱり才能あるかも。ボイトレ行きなさい」と手の平を返されたというエピソードを語った。

クリス:愛のムチで、最初に厳しいことを言って本気度を試したのかな。その後、『Listen』が歌えるようになってからは他の曲も歌えるようになった?
eill:教えていただいていた韓国のボイストレーナーの方がとても厳しく、叩きのめされました。1年くらい毎日ボイトレに通って練習したら、どんどん声が出て他の曲も歌えるようになりましたね。


■ファーストアルバム『SPOTLIGHT』に込めた思い



オンエアでは、ファーストアルバム『SPOTLIGHT』から表題曲をお届けした。クリスは、アルバム名とこの曲に込めたメッセージを訊いた。

クリス:これはやっぱり「スポットライトを浴びたい」とか「やっと浴び始めた」っていうニュアンスですか?
eill:そうですね。自分が自信を持って光を浴びている姿を想像して作ったんですけど、でもその光って自分から行かないと当たれないなと思っていて。「人生を照らすのは自分だ」というメッセージを込めました。
クリス:何か欲しければ自分から行かないといけない、と。ちなみにこの曲は少し後ろ向きな歌い出しだけど、自分自身はポジティブ思考?
eill:ポジティブなんですけど、落ち込んだときはひどいです。でも、そこからの這い上がり精神もすごいかも。落ち込んでからの「結局、私は私だ!」っていう気持ちに持っていく曲なので、私自身の性格が出てるなと。
クリス:なるほどね。歯を食いしばっても上に戻ってやろうということだね。


■ライブ前に緊張しないためには…

ゲストに訊きたい質問を次々と投げかける番組恒例のピンポンボックスでeillは、「最近買ったお気に入りのものを教えてください」という質問に答えた。

eill:リップを買いました!
クリス:リップ! それはいつ買ったんですか?
eill:ライブ前に自分へのご褒美というか、喝を入れるために買いました。同じ色なのに塗ったらちょっとだけ質感の違う2本。これ贅沢なんですよ、私からしたら。
クリス:1本でいいところを2本買ってしまった、と。
eill:そうです。それで自分に気合いを入れました。
クリス:じゃあ、そのリップを塗ってライブに挑んだと。
eill:いや、しませんでした(笑)。
クリス:しませんでした(笑)。大事に取っておくわけですね。

「いちばんライブをしてみたい憧れの場所はどこでしょうか」という質問については、「国立代々木競技場 第一体育館」と回答。

eill:すごく前なんですけど、代々木第一体育館でJ-WAVEさんのライブを見たことがあるんです。加藤ミリヤさんとかが出てました。それまで、大きな会場のライブを観たことがなかったんですが、「こんな場所で歌うなんて緊張するのに、こんなに堂々としていてこの人たち本当にすごいな」って思って。私もこんな大きい場所で歌いたいって初めて思いました。
クリス:なるほど。普段、緊張はするほうですか?
eill:めっちゃします! 毎回ライブ前はお腹が痛いです。
クリス:え! そうなんだ。どうやって克服しているの?
eill:自分で忙しくしてます。「あ~、アイライン引かなきゃ!」みたいな。
クリス:ドツボ思考にハマる前に、常に別のことを考えているってことだね。

来年4月からはワンマンツアーも決定したeill。自分自身で「話すと地元の姉ちゃんぽいところがあるので、距離の近いライブができていると思っています」と評するeillのライブにも注目だ。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:毎週日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

タグ

岡村隆史「7割が志村さんなんですよ」 お笑いの教科書だった志村けんさんに感謝

4月2日(木)深夜、お笑いコンビのナインティナイン岡村隆史がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送。新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、コメディアンの志村けんさんへ、感謝の言葉を述べた。

冒頭、「暗い感じで喋り出すと天国におられる志村さんに『そんな喋り方をするなよ』と言われそうなので普通に……と思っているんですけども」と切り出した岡村。「不謹慎かもわからないですが、志村さんと会えないという実感が全然なくて。まだお仕事ができるという感覚」と述べ、「ほとんどの方が気付かれていると思いますけど、僕がバラエティ番組でやる動きや表情は、ほぼほぼ志村さんのコピー……パクりに近いと思います」とし、岡村隆史という人間は7(割)が志村さんで構成されていると、自身の人生に多大な影響を受けたと語った。

そして、志村さんとは公私ともに親しかった間柄だったことから、「夢のような時間を過ごさせてもらった」と数々のエピソードを明かし、感謝の言葉を述べた。

「本当に、まだまだ他にも思い出したら色々と。お仕事の上でも助けて頂きましたし。ゲストで出て頂いた時も目一杯やって頂きました。

『めちゃイケ』なんかでも、『これ、ドリフやん!』っていう……。バレてるのかバレてないのは、わからないようなコントが沢山あったと思いますけど。僕らは『オマージュです』って言って、パクりなんですけどね。“もしも威勢のいい風呂屋があったら”みたいなのを、パロディーじゃないですけど、パッケージを借りてやったものもありました。全てにおいて、ありがたいというか。“こうやって笑いを取るんだ”っていう、教科書だったと本当に思います。

土曜8時に“土8戦争”と言われる、『8時だョ!全員集合』(TBS)があり、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)があり、この2つが教科書になっていました。その土曜8時に、我々がお笑い番組をやれたというのは、この時代のすごい番組を見て、育って、勉強できたからこそ、土曜8時をやれたんじゃないかな。

何の恥じらいもなくパクッていましたからね(笑)。何もカッコ悪いと思わずに。自分たちが見てきた笑いなんだから、それしかできないんだもん。自分たちが面白いと思ってきたことだから。オリジナルなんてないの。7割が志村さんなんですよ。本当、そうだと思う。今、めちゃイケを見たら『この顔もこの動きも、このパッケージも』って、全部がドリフに繋がっているかもしれない」

放送時間のほとんどで、志村さんとの思い出を語った岡村。初共演の思い出や、初めて飲みに行った際のエピソードなども語り、「尊敬もしてましたし、これからもずっと志村けんさんを追いかけながら、がんばっていきたいと思います。会えないっていうのは残念なんですけど、ずっと見守って頂いているという気持ちで、これからもやらせて頂こうかと思っています。本当に天国でゆっくりして頂きたいと思います。ありがとうございました」と締めくくった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ