eill、もともとは音痴だった!? 母に「下手だから歌手は諦めなさい」と言われて…

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。12月1日(日)のオンエアでは、eillが初登場。デビューまでの道のりや11月6日にリリースしたファーストアルバム『SPOTLIGHT』に込めた思いについて語った。

この番組をラジコで聴く



■韓国でオーディションを受け続けた日々

eillは10代のときから韓国のアーティストやドラマを好み、アーティストを目指したきっかけも中学校のときに聴いた少女時代やKARAだった。中学生のeillにとって彼女たちは完璧な強い女性に見え、すべてが輝いた存在だったのだとか。

自分もアーティストになりたいと韓国でオーディションを受け始めたが、通過には至らなかった。諦めて日本でオーディションに応募したところ、見事合格。ところが、ここからが本当に険しい道のりだったと語った。

eill:韓国では練習生になったらデビューができるんですが、日本の場合は事務所に入れたとしてもデビューするまでに自分でライブハウスに行ったりブッキングしたりと、やらなくてはいけないことがたくさんありました。想像以上にデビューまでが難しかったです。


■歌は「下手なんだから諦めなさい」と言われていた

eillは歌手を志していたが、もともとは音痴で、母親から「下手なんだから諦めなさい」と言われるほどだったとか。しかし、3カ月間ビヨンセの『Listen』をひたすら練習。歌えるようになった頃には、母親から「やっぱり才能あるかも。ボイトレ行きなさい」と手の平を返されたというエピソードを語った。

クリス:愛のムチで、最初に厳しいことを言って本気度を試したのかな。その後、『Listen』が歌えるようになってからは他の曲も歌えるようになった?
eill:教えていただいていた韓国のボイストレーナーの方がとても厳しく、叩きのめされました。1年くらい毎日ボイトレに通って練習したら、どんどん声が出て他の曲も歌えるようになりましたね。


■ファーストアルバム『SPOTLIGHT』に込めた思い



オンエアでは、ファーストアルバム『SPOTLIGHT』から表題曲をお届けした。クリスは、アルバム名とこの曲に込めたメッセージを訊いた。

クリス:これはやっぱり「スポットライトを浴びたい」とか「やっと浴び始めた」っていうニュアンスですか?
eill:そうですね。自分が自信を持って光を浴びている姿を想像して作ったんですけど、でもその光って自分から行かないと当たれないなと思っていて。「人生を照らすのは自分だ」というメッセージを込めました。
クリス:何か欲しければ自分から行かないといけない、と。ちなみにこの曲は少し後ろ向きな歌い出しだけど、自分自身はポジティブ思考?
eill:ポジティブなんですけど、落ち込んだときはひどいです。でも、そこからの這い上がり精神もすごいかも。落ち込んでからの「結局、私は私だ!」っていう気持ちに持っていく曲なので、私自身の性格が出てるなと。
クリス:なるほどね。歯を食いしばっても上に戻ってやろうということだね。


■ライブ前に緊張しないためには…

ゲストに訊きたい質問を次々と投げかける番組恒例のピンポンボックスでeillは、「最近買ったお気に入りのものを教えてください」という質問に答えた。

eill:リップを買いました!
クリス:リップ! それはいつ買ったんですか?
eill:ライブ前に自分へのご褒美というか、喝を入れるために買いました。同じ色なのに塗ったらちょっとだけ質感の違う2本。これ贅沢なんですよ、私からしたら。
クリス:1本でいいところを2本買ってしまった、と。
eill:そうです。それで自分に気合いを入れました。
クリス:じゃあ、そのリップを塗ってライブに挑んだと。
eill:いや、しませんでした(笑)。
クリス:しませんでした(笑)。大事に取っておくわけですね。

「いちばんライブをしてみたい憧れの場所はどこでしょうか」という質問については、「国立代々木競技場 第一体育館」と回答。

eill:すごく前なんですけど、代々木第一体育館でJ-WAVEさんのライブを見たことがあるんです。加藤ミリヤさんとかが出てました。それまで、大きな会場のライブを観たことがなかったんですが、「こんな場所で歌うなんて緊張するのに、こんなに堂々としていてこの人たち本当にすごいな」って思って。私もこんな大きい場所で歌いたいって初めて思いました。
クリス:なるほど。普段、緊張はするほうですか?
eill:めっちゃします! 毎回ライブ前はお腹が痛いです。
クリス:え! そうなんだ。どうやって克服しているの?
eill:自分で忙しくしてます。「あ~、アイライン引かなきゃ!」みたいな。
クリス:ドツボ思考にハマる前に、常に別のことを考えているってことだね。

来年4月からはワンマンツアーも決定したeill。自分自身で「話すと地元の姉ちゃんぽいところがあるので、距離の近いライブができていると思っています」と評するeillのライブにも注目だ。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:毎週日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

タグ

唐突感を生んだ政府の2つの努力不足~「原発処理水海洋放出」決定

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月15日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。政府が原発処理水の海洋放出による風評被害に賠償などの対応を検討しているというニュースについて解説した。

東京電力福島第1原発敷地内に立ち並ぶ処理水保管タンク=2020年2月 ©共同通信社

政府、原発処理水の海洋放出による風評被害に賠償などを検討

梶山経済産業大臣は4月14日、衆議院の経済産業委員会で、政府が決定した東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出について、風評被害が生じた場合には賠償などの対応を迅速に行う考えを示した。

飯田)経産大臣は14日、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長と会談をしまして、国際的な懸念払拭に向けた協力の要請もしております。

国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長(オーストリア・ウィーン)=2020年11月30日 AFP=時事 ©時事通信

海洋放出の決定に唐突感がある2つの背景~コロナ一色であった

鈴木)処理水を海洋放出する決断を菅政権がしたということですけれども、この話は1年以上前から報告書でこの方針であることはわかっていたのです。唐突感があると感じてしまうのは、2つ背景があって、1つはやはり新型コロナ一色で、政治状況も含めてどうしてもそこが中心の政策課題になって来ました。

2020年9月26日、東京電力福島第一原子力発電所を視察する菅総理~出典:首相官邸HPより(https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202009/26fukushima.html)

国民との対話を含めて政治的な努力が足りなかった

鈴木)だから、この議論がなかなか進んでいなかったので、唐突感というか、「いきなりですか」というような感じがあるのだけれども、実は1年前からこの方針はあった。ということは、政府のある種の広報であったり、国民とどう対話して行くかということを含めて、コロナがあったとは言え、政治的な努力が足りなかった。だから唐突感もあるのかなという気が、背景としてはします。

政治 東電福島第1原発の処理水めぐり、全漁連が梶山弘志経産相に要請書=2020年10月15日、経産省内 ©産経新聞社

漁業以外にもある風評被害~トータルで考えるべき

鈴木)ここ何日かの報道を見ていると、処理水に矮小化されているというか、処理水を流すことの是非、そしてそれによる風評被害。処理水をどうするかという視点で議論されている。確かにそうだとは思いますし、問題の本質はそこなのだけれど、実は処理水だけではなくて、そもそもこの原発事故が起きた福島、まさに東日本大震災から10年、この間に原発にまつわるいろいろな問題があって、それなりにいろいろなものが具体的に進んで、それをみんなが理解しているのかということです。トータルで考えなければいけないと思うのですね。風評被害は漁業だけではなく、他にもある。東日本大震災から今年(2021年)で10年ですが、大熊町などに行ったらわかるけれど、まだ帰還が困難な区域がほとんどで、あの辺の原発事故で避難した市町村のなかで戻って来ている人はまだ少なく、定住率は30%や40%ですよ。

飯田)事故前の人口と比べると。

鈴木)帰還が困難だと言われている大熊町などでは、除染をどうするかというと、「引き続きやります」と地元の自治体は言うのだけれど、「いつまでにどんな形で、どれくらいの範囲の除染が済むのか」ということは計画が煮詰まっていないのです。そうすると、そういうことからして、すべて風評につながって行くわけです。

東電強制起訴判決 福島原発事故の刑事責任を問う訴訟で、東電旧経営陣に無罪判決出たことで、「不当判決」を訴える原告ら=2019年9月19日、東京都千代田区 ©産経新聞社

原発事故は何も解決されていない~政府はすべてを情報公開するべき

鈴木)単なる原発事故の処理水の問題ではなくて、あの原発事故があの地域にもたらしたいろいろな問題があって、これが1つずつ、いまどう進んでいるのか、考えられているのかというトータルなものを出して行くと、また処理水に対しての理解も変わって来ると思うのです。もっと言えば、もっと大変な部分があって、あの被災地は処理水の話だけではなく、原発事故が何も解決されていない、全体が風評をつくっているなと感じるのです。

飯田)現場の方々の東京電力への不信感というのも、事故の対応やその後の説明不足などでの不信感の積み重ねもある。そこには政府も、この問題があるのにしばらく手を付けなかったことに対する不信感なのかも知れないし、全体の構造にはメディアの報道の仕方もあったと思います。その全体の構造に対しての総括や反省がないまま、いまは処理水にフォーカスしているということが確かにあります。

鈴木)いいことも悪いことも含めて、すべては情報公開だと思っています。情報を公開して行くことが前へ進む前提条件だと思うから、そういう意味では、福島の原発事故が抱えているいろいろな負の遺産がモヤモヤとしたまま来ているので、処理水の話も、ある種の疑いのようなものから入っているような気がします。この辺の全体的な総括とか、何がどう進んでいるかということをもっと政府が公表するべきだと思います。

【東日本大震災10年】釜石祈りのパークに手向けられた多くの花=2021年3月12日、岩手県釜石市 ©産経新聞社

外交努力も必要

鈴木)もう1つは、外交努力を挙げたいですね。韓国や中国がいろいろと言って来るのは目に見えているわけです。頭を下げて「よろしく」と言う必要があるかどうかは別としても、コミュニケーションは取っていたのかなと。この辺の外交のところもチェックしないといけないと思います。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ