大学の課題ヤバすぎ! 「深夜に一気に終わらせるための10曲」を建築学科生が紹介

次世代のJ-WAVEをつくる大学生・専門学生のコミュニティサークル「WACODES(ワコーズ)」メンバーがつくる、Spotifyプレイリスト企画。WACODESメンバーがプレイリストを更新。大学生・専門学生がそれぞれのテーマで聴きたい10曲をご紹介します。

【過去記事はコチラ】WACODESが選ぶおすすめプレイリスト

第12回目を担当するのは、大学3年生の"ミリ"。とにかく課題が多い建築学科生…深夜に手書き製図の課題を消化するときに音楽で最高な気分になるための10曲をご紹介します。このプレイリストは、私の選曲だけでなく建築学科のディープな音楽好きの友達が教えてくれた曲をたくさん入れました。良いイヤホンで音量大きめにして音楽に浸りながらあっという間に手書き製図を終わらせちゃいましょう!

【テーマ】
「建築学科生が深夜に製図を終わらせたい!10曲」

■どんなプレイリスト?



1曲目は何となくアシッドジャズで軽くテンション上げて作業を始めたいなと思ったので、US3「I Go To Work」から。90s UKクラブシーンの空気感を感じましょう! もう既に楽しいですね! 製図も捗る捗る! 続いては、TOWA TEI「GBI(GERMAN BOLD ITALIC)」。TOWA TEIの作る音楽はセンスが抜群でどれも素敵です。迷ったのですが、個人的にフォントがとっても好きなのと、手書き製図にもレタリングという作業があるので、製図のBGMっぽいと思い、カイリー・ミノーグと細野晴臣がコラボしているこの曲に決めました(笑)。実は最近、建築の友だちIにTOWA TEI「Different Nunu」を勧められて、こちらもリピートしています。Spotifyにはないのですがこちらもぜひ聴いてほしい!

ダンスミュージックの流れで選んだのは、DÉ DÉ MOUSE「Regret」。最近リリースされたアルバム「Nulife」の収録曲です。アルバムは全体的にラテンの色を感じられて、カットアップもキレキレで最高なのですが、この曲が特に好きです。デデさんはライブがすっごく楽しいので、またライブが再開される日を楽しみにしています。続くはDaft Punk「Face to Face」。建築学科の最高な友だちOがDaft Punkの大ファンで、私もすごく影響されました。何というか、この曲はメリハリが超気持ち良いんですよね。抜け感がお洒落なんです。Daft Punkはサウンドが洗練されていて聴けば聴くほどすごいなぁと思います。フレンチタッチ繋がりでお次はPhoenix「If I Ever Feel Better」。この曲は建築の友だちAに教えてもらって、一目惚れ(一聴き惚れ?)でした。流れるようなメロディーと軽快なギターのカッティングが堪らなく気持ちいい! 脳内がキラキラなディスコ・サウンドで満たされます。

次はノリつつ少しクールダウン、Rosemary Fairweather「Chemicals」。建築の友だちYに、製図のBGMで聴いてる、とつい最近教えてもらいました。Rosemary Fairweatherは、カナダのトロントを中心に活動するドリーミーポップガール! カナダといえば他にも、Men I TrustやAlvvaysなど浮遊感のある素敵なインディーポップが思い浮かびますね。Rosemary Fairweatherはとにかく声が透き通っていて心地いいんです。そしてKhruangbin「Time (You and I) 」。6月26日にリリースされた3rdアルバムのリードシングルです! BIG LOVE RECORDS店長の仲真史さんが新譜を紹介するBIG LOVE RADIOでも取り上げられていましたね。どことなくアフリカンなテイストがミックスされていてなんとも言えないグルーヴ感! インストが多いKhruangbinですが、この曲はボーカルがフィーチャーされています。Khruangbinの新境地を体感しましょう〜。

エキゾチックな雰囲気のまま、次はVIDEOTAPEMUSIC「世界各国の夜」。あ〜もう何も言うことはないです。聴いてください。聴くだけで昭和にタイムスリップできます。製図を進めながら脳内で踊ったら、そのままYo La Tengo「You Can Have It All」。パンパンパパンパ~パンパン……気持ちいい〜。気持ちよすぎて製図の手を止めてお布団に倒れこみたくなります。製図提出の〆切までまだ時間があれば、ここで寝てしまってOKです。プレイリストはここでおしまい。気持ち良く眠りにつきましょう。

しかし、製図の〆切まで残り数時間しかない場合は……ボーナスステージ! Emerson, Lake & Palmer「Tarkus」! 20分以上もあるヤバい曲です。プログレ好きな建築の友だちOに教えてもらって知りました。ロックとクラシックの融合? 未知の世界を開拓してしまいましたね。音楽に浸りながら引き続き線を引きまくりましょう!


【楽曲リスト】
1、I Go To Work / US3
2、GBI(GERMAN BOLD ITALIC) / TOWA TEI
3、Regret /DÉ DÉ MOUSE
4、Face to Face / Daft Punk
5、If I Ever Feel Better / Phoenix
6、Chemicals / Rosemary Fairweather
7、Time (You and I) / Khruangbin
8、世界各国の夜 / VIDEOTAPEMUSIC
9、You Can Have It All / Yo La Tengo
10、Tarkus / Emerson, Lake & Palmer


■プロフィール ミリ

WACODESミリ

 

 

 

 

 

 

 


WACODES6期生。大学では建築を学んでいる。自粛期間にDTMに手を出し音楽を作れるようになったが、大学がオンラインで始まり課題に追われる日々を送っている。住宅の模型としてハウスミュージックを作って提出したことがある。最近は友達の影響で80sUKインディーポップやネオアコなども好きで聴いている。幅広くいろんな音楽を聴きたい。

■「J-WAVE WACODES」について
大学生・専門学生コミュニティ「J-WAVE WACODES」は、J-WAVEの主催する各種イベントに参加、特別番組の企画、番組と連動したアンケート調査など、さまざまな活動を行っています。詳しい活動は下記からチェック!

ホームページ:https://www.j-wave.co.jp/special/wacodes/
Twitter:https://twitter.com/jwavewacodes
Instagram:https://www.instagram.com/jwavewacodes/

 

 

 

 

 

 

 

タグ

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ