「#新しい夏」をJ-WAVEが提案。Chara、SIRUP、TENDREら参加のキャンペーンソングも

J-WAVE(81.3FM)では、2020年7月6日~8月30日の期間、夏のキャンペーン「MY NORMAL NEW SUMMER」を実施する。

「誰かに言われるものではなく“私”の中から出てくるものを大切に。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の日々を経て私たちが得た“気づき”を深め、自分なりの『MY NORMAL』を見つけたい。いつもあるものがなくたって、一度きりの2020年夏をあきらめない!」

そんな気持ちをコンセプトに、新しい生活様式において自分らしい生き方や働き方を見つけるきっかけとなるライフスタイル、ウィズコロナ時代における新しいエンターテインメント、暮らしにおける小さな楽しみなど、J-WAVEのオンエアを通して提案していく。
 

「MY NORMAL NEW SUMMER」

 


また、ビジネストレンドマガジン『DIME』(小学館)と連動した2020年夏の新しいワークスタイルの提案「クールワーカーズプロジェクト」の展開も予定している。


■キャンペーンソングはTELE-PLAY第一弾配信楽曲「あいにいきたい」

TELE-PLAYは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い多くのアーティスト活動・音楽活動が制限される中、リモートコラボで新たな音楽制作の形を実現するために生まれたプロジェクト。企画のプロデューサーは発案者でもある小西遼(CRCK/LCKS・象眠舎)。作詞・作曲からレコーディング・ミックス作業、MV撮影まで楽曲制作に纏わる全ての行程を完全リモートで制作された。

キャンペーンソングとなる「あいにいきたい」(英題:Miss you so bad)には、Chara、SIRUP、TENDREというボーカリストに加えて、ラッパーのBASI(韻シスト)、屋敷豪太、HSU(Suchmos)、Shin Sakiura、A.G.O(CIRRRCLE)、挾間美帆らアーティストが参加している。6月30日(火)より各音楽配信サービスにて配信がスタートし、キャンペーン期間中J-WAVEで随時オンエアとなる。

<参加アーティスト>
Chara / SIRUP / TENDRE / BASI / A.G.O(CIRRRCLE)/ HSU(Suchmos)/ 挾間美帆 / 真砂陽地 / 宮川純 / 中島優紀 / 関口将史 / Shin Sakiura / 高井天音 / 屋敷豪太 / 吉田沙良(ものんくる)/ 小西遼


■キャンペーンTシャツ制作、デザインはアートディレクターの伊波英里

J-WAVEが展開した昨年夏のキャンペーン「偏愛サマ~」において好評だった「偏愛Tシャツ」に続く第二弾として、2020年の夏の思い出に残るオリジナルTシャツを制作する。デザインはアートディレクターの伊波英里が担当。制作したTシャツはJ-WAVEナビゲーターをはじめ、番組に出演するアーティストやリスナーにもプレゼントされる。

<伊波英里 プロフィール>
創形美術学校卒業後、ニューヨーク滞在を経て、2010年よりアートディレクター・デザイナーとしての活動を開始。 グラフィックデザインに軸足を置きつつ、映像、空間演出、グッズデザインなど、表現媒体を問わず多岐に渡り活躍中。 eriinami.com

【キャンペーン概要】
放送局:J-WAVE(81.3FM)
タイトル:MY NORMAL NEW SUMMER
実施期間:2020年7月6日~8月30日
キャンペーンサイト:https://www.j-wave.co.jp/special/newsummer/ ※7月6日公開予定

 

タグ

賀来賢人の動物占いは“チーター”!? 「お調子者で卑怯って書いてありました(苦笑)」

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。7月6日(月)~7月7日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークや番組企画をお届けしました。


パーソナリティの賀来賢人



◆会長は“占い”好き?
7月6日(月)の放送では、クラブ会員から届いた質問メッセージに、会長(※本番組での賀来の呼称)が答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「最近、ケンクラ(※本番組の略称)を聴きながら新聞の夕刊を読むという素敵なスタイルを編み出しました。好きなコーナー記事は、“明日の運勢“です。会長は、占いは好きですか?」(男性)

先日、初めてタロット占いをしてみたという会長は「全然当たっていなくて……」と苦笑い。さまざまな占いがあるなか、なぜタロット占いだったかというと「本当は“イルミナティカード”が欲しくてネットで買ってみたら、タロットカードが届いちゃったんですよ(笑)。でも“やってみよう!”となって、占ってみたんですけど、全然当たらなかったんですね」と経緯を説明。

その結果に、「タロット初心者だから“こうなったのかなぁ!?”みたいな。でもやり方がそれしかないから……でも占う人が上手いと、きっと信じちゃうんだろうなって。対面する占いは、テクニックも含めての占いなのかなって思いますよね」と感想を口にします。

会長によると、過去に何度か手相を占ってもらったことがあるそうで「僕ね、手がしわくちゃで線がすごく多くて、大体『君は天下を統一する手相を持っている』って言われるんです。『20代後半から天下を統一する』って言われているんですけど、なかなか統一しないから、“いつするんだろう”と思って……もっとガッツリと時間をかけて占い師の方とお話してみたい」とコメント。

ちなみに、動物占いは“チーター”だったそうで「お調子者で卑怯って書いてありました」と苦笑いを浮かべていました。

◆会長が“七夕”に聴きたい曲は?
7月7日(火)の放送では、この日は“七夕”ということで、「ケントズ・レコメンドソング・七夕スペシャル」と題し、会長が七夕に聴きたい曲をレコメンドしました。

「この前の『ケンクラ・レコメンド』(※クラブ会員から届いたメッセージにピッタリな曲を会長がチョイスする企画)の流れで、もう一発この曲にしたいと思います!」とセレクトしたのは、久保田利伸さんの「流星のサドル」。

この曲をオンエアしたあと、会長は「この電子音、“テレッ、デレッ、ドゥクドゥン♪”みたいな始まり方がカッコイイ。久保田さんの声がまたハイトーンなんですよ。だからカラオケで歌うのが、なかなか難易度が高い曲なんですけどね。

『流星のサドル』っていうタイトルが気に入って、この曲を一生懸命覚えました。久保田利伸さんが好きなんですよね。日本人離れした歌唱力で、いつもワクワクしながら聴いております。みなさんもぜひ聴いてみてください!」とおすすめしていました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ