J-WAVEが厳選! 「いま聴くべき」おすすめソング10選(9月編その1)【SONAR TRAX】

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)がセレクトするおすすめソング「J-WAVE SONAR TRAX」。2020年9月は全18曲が選ばれた。今聴きたい、イチオシ楽曲とは……?

J-WAVEが選ぶ「いま聴くべき」NEXT BREAKアーティストの楽曲をまとめた「J-WAVE SONAR TRAX」。番組『SONAR MUSIC』(月~木 21時-24時)では、その中から毎日1曲をピックアップして詳しく紹介。その他の各ワイド番組でも、おすすめの楽曲を毎日オンエアしている。

【前回記事】J-WAVEが厳選! 「いま聴くべき」おすすめソング10選(8月後編)【SONAR TRAX】

ここでは、9月の「SONAR TRAX」から10曲を紹介しよう

1、Group2「Easy feat. BUGS」

Group2は、東京を拠点に活動する4人組オルタナティヴ・シティ・サイケバンド。9月2日(水)にニューアルバム『Group2 Ⅱ』をリリースした。J-WAVE SONAR TRAXに選出された「Easy feat. BUGS」は同作収録曲。週末CITY PLAY BOYZよりBUGSを迎え、完全オンラインで制作が行われた同曲は、サイケなポップサウンドに仕上がっている。

2、Yaffle「Rafter feat. Nick Moon」

Tokyo Recordings所属のプロデューサー=Yaffle(小島裕規)。9月18日(金)に、待望の1stアルバム『Lost, Never Gone』がリリースされる。アルバム発売に先行して配信リリースされた「Rafter」は、イギリスのポスト・ロック・バンド、KYTEのフロントマンで、現在はソロ・アーティストとして活動するNick Moonをフィーチャーした1曲。ふたりがコラボするのは、「Warm Blood」「Lightning Surrender」に続く3曲目となる。

3、PEARL CENTER x Kan Sano「短夜」

元PAELLASのMATTON、YOUR ROMANCEのinui率いる4人組バンド・PEARL CENTER。6月から「And become one」と銘打ったコラボレーションプロジェクトを行っており、第三弾はKan Sanoとコラボ。inuiが「短夜」の歌詞やコンセプトを考え、MATTONが「三者三様の色気を詰めた曲ができればいいな」と提案し、楽曲が完成した。MATTONは同曲について「三人それぞれの全く違う文体の言葉で歌詞を繋いで、それぞれの色のある声で歌いました」と述べている。

4、BIM「Tokyo Motion feat. 高城晶平」

2017年から本格的にソロ活動をスタートした、ラッパーのBIM。これまでに2枚のアルバムと1枚のミニアルバムをリリースしており、今年3月には木村カエラ「ZIG ZAG」をプロデュース、そして客演で参加した。「Tokyo Motion」は、ceroの高城晶平がフィーチャリングで参加し、トラックのプロデュースはSTUTSが担当している。BIMは同曲について「今しか作れない、今でしか書けないような歌詞になっている」と語っている。

5、Crispy Camera Club「Marty, My Dreams」

2016年に京都にて結成。90’s UKインディギターサウンドを彷彿とさせる、ノスタルジックでキャッチーなメロディと三位一体のグルーヴィーなサウンドを奏でる4人組バンド。現在は東京に拠点を移し、全国に活動の幅を広げつつある。「Marty, My Dreams」はカントリー調の軽快なリズムに乗せたボーカル・ミサトの歌声が、レトロな世界観の歌詞とマッチする1曲。何度でも聴きたくなるオルタナティヴキラーポップナンバーだ。

6、大橋ちっぽけ「僕はロボット」

9月16日(水)にミニアルバム『DENIM SHIRT GIRL』をリリースする大橋ちっぽけ。そのリード曲『僕はロボット』が、J-WAVE SONAR TRAXに選ばれた。恋愛における不安や悩みをテーマにした同曲は、全体的にダークな雰囲気を含みつつも、ポップなサウンドに仕上がっている。大橋によると「K-POPのような要素も取り入れた、聴きごたえのある曲になっている」とのことだ。

7、ペンギンラッシュ「本音」

名古屋出身の4人組バンド・ペンギンラッシュ。高校の同級生だったボーカル/ギターの望世とキーボードの真結を中心に結成された。2017年に2人をサポートしていた浩太郎(Ba.)とNariken(Dr.)が正式加入し、現4人体制になった。9月2日(水)リリースされたニューアルバム『皆空色』でメジャーデビューを果たした。浩太郎が手掛けた「本音」は、情緒的で切なくなるような、そして懐かしくなるような楽曲を目指して作成された。歌詞を手がけた望世は、デモで聴いたときに感じた艶っぽさをもとに、色恋的なものを目指したとのことだ。

8、Cody Lovaas「Slow & Easy」

Cody Lovaasは、カリフォルニア州出身のシンガーソングライター/ギタリスト。14歳の頃にオープンマイクに参加し、たまたま観ていたジェイソン・ムラーズが彼の才能にほれ込み、今のキャリアへと導いていった。2017年(19歳)でデビューシングル「Lie」をリリース。今年4月に「Love No More」で日本デビューを果たした。「Slow & Easy」は、平井 大の人気楽曲「Slow & Easy」のオフィシャルカバーとなる。

9、Arlo Parks「Hurt」

Arlo Parksは、イギリス・サウスロンドン出身。ナイジェリア、チャド、フランスをルーツにもつ、現在20歳のポエトリー/シンガーソングライターだ。音楽好きの両親の元、幅広い音楽を聴いて育った彼女だが、幼いころから内省的で、部屋で読書をしたり、執筆活動に励んでいたそうだ。その後、曲作りをするようになった彼女は、2018年に「Cola」でデビュー。今年は、その年の注目新人を集めたリスト「BBC Sound of 2020」にもノミネートされるなど、音楽ファンから熱い注目を集めている。「Hurt」は、辛い経験をした人たちの気分を上げて、慰めてくれるナンバー。

10、NOISY「Put a Record On」

NOISYは、イギリスの港町ワージングで結成された3人組ニューカマーバンド。結成から2年ほどしか経っていないが、昨年、大手レーベル「アイランド・レコード」と契約し、デビュー曲『So What?』をリリース。早耳の音楽ファンたちを中心に、キャッチーでアグレッシブな同曲が話題を集め、各種サブスクサービスでも取り上げられた。そんな彼らの最新曲が「Put A Record On」。メンバーのコーディは同曲について、「つらい時期を乗り切るための音楽」とThe Ocelot Magazineに語っている。

YouTube Music上での【SONAR TRAX】のJ-WAVE公式プレイリストができました! YouTube MusicでJ-WAVE CHANNELを検索してください。
タグ

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ