J-WAVEが厳選! 「いま聴くべき」おすすめソング10選(9月編その1)【SONAR TRAX】

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)がセレクトするおすすめソング「J-WAVE SONAR TRAX」。2020年9月は全18曲が選ばれた。今聴きたい、イチオシ楽曲とは……?

J-WAVEが選ぶ「いま聴くべき」NEXT BREAKアーティストの楽曲をまとめた「J-WAVE SONAR TRAX」。番組『SONAR MUSIC』(月~木 21時-24時)では、その中から毎日1曲をピックアップして詳しく紹介。その他の各ワイド番組でも、おすすめの楽曲を毎日オンエアしている。

【前回記事】J-WAVEが厳選! 「いま聴くべき」おすすめソング10選(8月後編)【SONAR TRAX】

ここでは、9月の「SONAR TRAX」から10曲を紹介しよう

1、Group2「Easy feat. BUGS」

Group2は、東京を拠点に活動する4人組オルタナティヴ・シティ・サイケバンド。9月2日(水)にニューアルバム『Group2 Ⅱ』をリリースした。J-WAVE SONAR TRAXに選出された「Easy feat. BUGS」は同作収録曲。週末CITY PLAY BOYZよりBUGSを迎え、完全オンラインで制作が行われた同曲は、サイケなポップサウンドに仕上がっている。

2、Yaffle「Rafter feat. Nick Moon」

Tokyo Recordings所属のプロデューサー=Yaffle(小島裕規)。9月18日(金)に、待望の1stアルバム『Lost, Never Gone』がリリースされる。アルバム発売に先行して配信リリースされた「Rafter」は、イギリスのポスト・ロック・バンド、KYTEのフロントマンで、現在はソロ・アーティストとして活動するNick Moonをフィーチャーした1曲。ふたりがコラボするのは、「Warm Blood」「Lightning Surrender」に続く3曲目となる。

3、PEARL CENTER x Kan Sano「短夜」

元PAELLASのMATTON、YOUR ROMANCEのinui率いる4人組バンド・PEARL CENTER。6月から「And become one」と銘打ったコラボレーションプロジェクトを行っており、第三弾はKan Sanoとコラボ。inuiが「短夜」の歌詞やコンセプトを考え、MATTONが「三者三様の色気を詰めた曲ができればいいな」と提案し、楽曲が完成した。MATTONは同曲について「三人それぞれの全く違う文体の言葉で歌詞を繋いで、それぞれの色のある声で歌いました」と述べている。

4、BIM「Tokyo Motion feat. 高城晶平」

2017年から本格的にソロ活動をスタートした、ラッパーのBIM。これまでに2枚のアルバムと1枚のミニアルバムをリリースしており、今年3月には木村カエラ「ZIG ZAG」をプロデュース、そして客演で参加した。「Tokyo Motion」は、ceroの高城晶平がフィーチャリングで参加し、トラックのプロデュースはSTUTSが担当している。BIMは同曲について「今しか作れない、今でしか書けないような歌詞になっている」と語っている。

5、Crispy Camera Club「Marty, My Dreams」

2016年に京都にて結成。90’s UKインディギターサウンドを彷彿とさせる、ノスタルジックでキャッチーなメロディと三位一体のグルーヴィーなサウンドを奏でる4人組バンド。現在は東京に拠点を移し、全国に活動の幅を広げつつある。「Marty, My Dreams」はカントリー調の軽快なリズムに乗せたボーカル・ミサトの歌声が、レトロな世界観の歌詞とマッチする1曲。何度でも聴きたくなるオルタナティヴキラーポップナンバーだ。

6、大橋ちっぽけ「僕はロボット」

9月16日(水)にミニアルバム『DENIM SHIRT GIRL』をリリースする大橋ちっぽけ。そのリード曲『僕はロボット』が、J-WAVE SONAR TRAXに選ばれた。恋愛における不安や悩みをテーマにした同曲は、全体的にダークな雰囲気を含みつつも、ポップなサウンドに仕上がっている。大橋によると「K-POPのような要素も取り入れた、聴きごたえのある曲になっている」とのことだ。

7、ペンギンラッシュ「本音」

名古屋出身の4人組バンド・ペンギンラッシュ。高校の同級生だったボーカル/ギターの望世とキーボードの真結を中心に結成された。2017年に2人をサポートしていた浩太郎(Ba.)とNariken(Dr.)が正式加入し、現4人体制になった。9月2日(水)リリースされたニューアルバム『皆空色』でメジャーデビューを果たした。浩太郎が手掛けた「本音」は、情緒的で切なくなるような、そして懐かしくなるような楽曲を目指して作成された。歌詞を手がけた望世は、デモで聴いたときに感じた艶っぽさをもとに、色恋的なものを目指したとのことだ。

8、Cody Lovaas「Slow & Easy」

Cody Lovaasは、カリフォルニア州出身のシンガーソングライター/ギタリスト。14歳の頃にオープンマイクに参加し、たまたま観ていたジェイソン・ムラーズが彼の才能にほれ込み、今のキャリアへと導いていった。2017年(19歳)でデビューシングル「Lie」をリリース。今年4月に「Love No More」で日本デビューを果たした。「Slow & Easy」は、平井 大の人気楽曲「Slow & Easy」のオフィシャルカバーとなる。

9、Arlo Parks「Hurt」

Arlo Parksは、イギリス・サウスロンドン出身。ナイジェリア、チャド、フランスをルーツにもつ、現在20歳のポエトリー/シンガーソングライターだ。音楽好きの両親の元、幅広い音楽を聴いて育った彼女だが、幼いころから内省的で、部屋で読書をしたり、執筆活動に励んでいたそうだ。その後、曲作りをするようになった彼女は、2018年に「Cola」でデビュー。今年は、その年の注目新人を集めたリスト「BBC Sound of 2020」にもノミネートされるなど、音楽ファンから熱い注目を集めている。「Hurt」は、辛い経験をした人たちの気分を上げて、慰めてくれるナンバー。

10、NOISY「Put a Record On」

NOISYは、イギリスの港町ワージングで結成された3人組ニューカマーバンド。結成から2年ほどしか経っていないが、昨年、大手レーベル「アイランド・レコード」と契約し、デビュー曲『So What?』をリリース。早耳の音楽ファンたちを中心に、キャッチーでアグレッシブな同曲が話題を集め、各種サブスクサービスでも取り上げられた。そんな彼らの最新曲が「Put A Record On」。メンバーのコーディは同曲について、「つらい時期を乗り切るための音楽」とThe Ocelot Magazineに語っている。

YouTube Music上での【SONAR TRAX】のJ-WAVE公式プレイリストができました! YouTube MusicでJ-WAVE CHANNELを検索してください。
タグ

中国はやがて没落する ~地政学の基本的な“法則”に背く限り

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(7月30日放送)に地政学・戦略学者の奥山真司が出演。コロナ後の中国、またロシアが北方領土を日本に返還しない理由について語った。

※イメージ

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。7月26日(月)~7月30日(金)のゲストは地政学・戦略学者の奥山真司。5日目は、コロナ後の中国、またロシアが北方領土を返還しない理由について—

 

黒木)「コロナ後の中国はどうなるのか」ということが奥山さんのご本に書かれているのですが。

奥山)地政学の基本的な考え方は、「陸と海の大きな国、シーパワーとランドパワーの大国を兼ねることはできない」ということが1つの法則としてあります。

黒木)両方欲しがったら滅びてしまうということですよね。

奥山)その通りです。私が北京にいる戦略家であれば、「それはやめておけ」と言いたいです

黒木)長い歴史のなかで、その2つを追いかけた国は……。

奥山)没落してしまう。

黒木)またどこかで上がって行くのでしょうけれども。

奥山)それはもちろん。

黒木)中国はこれからすごい勢いで上がって行くのだろうけれども、たぶんまた落ちて行くと。

奥山)いまの彼らの国力が何で支えられているかと言うと、海と通じた貿易なのです。外と貿易をすることによって、外貨が入り、彼らの国力が上がって来たのです。それを「海にも出て行きます、陸の方も頑張ります」とやってしまうと、どちらかを諦めなければならない時代が来るのだろうと思います。海に出ると、アメリカという海のボス猿がいますので、必ずそこでぶつかり、ライバル関係になってしまいます。いまそのボス猿に睨みつけられている状態なのが中国ということですね。

黒木)香港の「リンゴ日報」などがなくなったことも考えると、紐解けると。

奥山)香港は、そもそもイギリスが中国大陸に入るためのベースの部分でシーパワー側だったのです。「自由が大事、商売大事」というところだったのです。ところが97年に中国側に返還されると、今度は大陸側のルールがそこに敷かれて、最終的には自由な言論を許さないということで、どんどん自由を奪われて、最後に「リンゴ日報」がなくなってしまうという事態になっているのです。

黒木)それもやはりシーパワー、ランドパワーというところで、世界の情勢を語ることができるということですか?

奥山)そうです。

奥山真司 / 地政学・戦略学者 国際地政学研究所上席研究員

黒木)ロシアが北方領土を返してくれない理由も書かれてありますが。

奥山)これは地球温暖化が影響しています。北極の海は温暖化で……。

黒木)氷が溶けてしまって、北回りという北極圏ルートというのですか、それがつくられようとしているのですよね。

奥山)氷が溶けてしまって、夏の間は氷がないので、船が通れるようになります。そうすると横浜からロッテルダムというオランダの港に行くのに30%ぐらい距離が稼げるのです。上を通って行った方が早く行けるということになると、北極の氷が溶けることによって、ロシアにとっては「うちの方を通ってくれるのであれば、そこで通行料が取れるな」ということになります。そうすると、「どんどん使ってくれ」ということになりますと。

黒木)そうですね。

奥山)北極の海に向かう船が全部、北方領土の近くを通るということです。そうするとロシアとしても、「おいおい俺はここにいるぞ。日本に返してなんかいられないぜ」ということになって、なかなか北方領土が返って来ない。

黒木)返してくれない。

奥山)北方領土が返って来ない原因は、なんと「北極海の氷が溶けたから」ということで、「ここにも地球温暖化が影響していますよ」ということが、この地理の話で、地政学の話でわかってくるのです。

奥山真司 / 地政学・戦略学者 国際地政学研究所上席研究員

奥山真司(おくやま・まさし)/ 地政学・戦略学者 国際地政学研究所上席研究員

■1972年・横浜市生まれ。
■カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学卒業後、英国レディング大学院で、戦略学の第一人者コリン・グレイ博士(レーガン政権の核戦略アドバイザー)に師事。
■独自の情報網と分析で活躍する地政学者の旗手であり、ブログ「地政学を英国で学んだ」は、国内外の多くの専門家からも注目。新の国家戦略論を紹介している。
■著書に『地政学・アメリカの世界戦略地図』『ビジネス教養 地政学(サクッとわかるビジネス教養)』、訳書に『中国4.0』など多数。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ