藤井 風×Yaffle、10/4(日)J-WAVE特番をお届け。自身の作品や未来を語る

音楽シーンに突如現れ、聴衆の心をつかんで離さない藤井 風。自身の作品について、そして新たな挑戦、この先見つめている未来について語るプログラム。さらに番組には、藤井 風のサウンドプロデュースを手掛け、その感度の高いプロデュースワークで幅広く活躍するYaffleも登場。

ya20200929.jpg


今まで深く掘り下げることのなかった、藤井 風の1st ALBUM『HELP EVER HURT NEVER』を、2人の語り合いで紐解いていきます。一夜限りのスペシャルプログラムにご期待ください。

また番組では、みなさまからメッセージを募集しています!藤井風とYaffleの二人に聞いてみたい質問を事前にお送りください。

■メッセージ募集方法
Twitter⇒ #jwave #藤井風 をつけてツイート
メール⇒https://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/message/

【番組概要】
放送局:J-WAVE(81.3FM)
番組名:J-WAVE SELECTION BEHIND THE MUSIC~藤井風×Yaffle~
放送日時:2020年10月4日(日) 22:00~22:54
ナビゲーター:藤井 風、Yaffle
番組HP: https://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/

■藤井 風 プロフィール
1997年6月14日、4人兄弟の末っ子として岡山県の南西部に位置する人口1万人ほどの小さな町「里庄町」に生まれる。幼少期よりジャズやクラシックだけでなく、ポップス、歌謡曲、演歌など、年代・ジャンルを問わずありとあらゆる音楽を聴いて育ったことから、『国内外を問わず活動するミュージシャンになる』という思いが自然と芽生える。そこから確かな技術と聴き手を選ばない秀逸なピアノアレンジが各方面で話題となり、2020年5月20日に1st Albumをリリース。Billboard JAPAN 総合アルバムチャート”HOT ALBUMS 1位(6/1付)、レコチョク上半期 新人アーティストランキング 1位 などを獲得。10月には自身初の日本武道館ワンマンライブを開催する。

■Yaffle プロフィール
東京都出身。小袋成彬氏と共にTokyo Recordingsを設立したメンバーの一人。その感度の高いプロデュースワークで、小袋成彬、藤井 風、iri、SIRUP、SANABAGUN.の高岩遼、Capeson、柴咲コウ、adieuらのアレンジや楽曲提供から、CM、映画『響』、『ナラタージュ』などの音楽制作等、幅広く活躍する気鋭のソングライター/プロデューサーである小島裕規。自身のアーティスト・プロジェクトでは海外アーティストとのライティング・セッションで生まれた楽曲を2018年からリリースを始め、2020年9月18日にアルバム『Lost,Never Gone』をリリース。国内外で注目を集める。
タグ

辛坊治郎が解説 今後、アルジェリアが「デリケートなところになる」理由

辛坊治郎が7月6日(水)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。今、ウクライナ情勢を受けて「アルジェリア」が注目を浴びる理由を詳しく解説した。

※イメージ

1962年にフランスから独立したアルジェリアは5日、独立60周年を記念する軍事パレートを行った。辛坊の解説によると、アルジェリアは石油や天然ガスの産出が盛んな国で、地中海に面しており海底に敷かれたパイプラインでスペインなど南ヨーロッパの国々へ天然ガスを供給しているという。

約4割の天然ガスをロシアからの輸入に頼っているEUは、ウクライナ侵攻の対露制裁の報復でロシアからの天然ガス供給制限に苦しんでおり、その代替調達先として注目されているのがアルジェリアなのだ。そのような背景からアルジェリアは経済外交で「でかい態度」に出ているという。さらにアルジェリアへの最大の武器供与国はロシアとされており、辛坊は「アルジェリアがヨーロッパにとって、非常にデリケートなところになっている」と語り、今後の国際情勢の重要な鍵を握る国になりそうだとした。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ