SKY-HIの根底にあるヒップホップの精神性、もがきながら見つけた"本当に自分がやるべきこと"

Photo by Gaku Jungnickel

2022年9月18日、J-WAVEが共同プロデュースするオンラインマガジン「守破離 –SHUHARI-」がローンチした。

”守破離”とは剣道や茶道などの修業における段階を示したもの。「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。(※1)そんな"守破離"と”音”を切り口に人物のスタイルをリアルに掘り下げ、オリジナルインタビューをInstagramとJ-WAVE NEWSで配信していく。
(※1)引用:デジタル大辞泉「守破離」より

インタビュー第一弾はSKY-HI

「守破離 –SHUHARI-」のインタビュー第一弾に迎えたのは、J-WAVEナビゲーターでありプロデューサー、ラッパー、そして社長の顔を持つSKY-HI。東京・国立代々木競技場で開催された『J-WAVE presents INSPIRE TOKYO ~Best Music & Market』にて、いとうせいこう is the poetのステージに出演したSKY-HIに、会場でインタビューを行った。

SKY-HIが2020年に立ち上げた、「才能を殺さないために」を掲げたマネジメント/レーベル会社「BMSG」の設立は「守破離 –SHUHARI-」と同じ9月18日。2周年を記念して開催した野外フェス『BMSG FES’22』を山梨県・富士急ハイランドで大盛況に終え、東京に直行したSKY-HIにこれまでのこと、これからのことについて熱冷めやらぬ思いを聞いた。
220919_TY_06214.jpg

Photo by Tetsuya Yamakawa (Showcase)

「守」:大切にしているヒップホップの精神性

──長い音楽キャリアの中、ラッパー「SKY-HI」としてメジャーデビューしてから10年目。SKY-HIさんがラップを始めたきっかけは何だったんですか?

中学生のとき一緒にバンドをやっていた友達の家で、RHYMESTERのミュージックビデオが流れてきて。その前からラップもヒップホップも音楽としては好きだったんですけど、中学生でRHYMESTERを初めて見たとき、「あ、これ俺たちもやるやつだね」ってなったんです。それで、とりあえず何かリリック書いてみようみたいなのがスタートでした。

──RHYMESTERがきっかけだったんですね。影響を受けたものや、今も大切にしているものはありますか?

ヒップホップの精神性に影響を受けているのは間違いないと思います。それは、その人物がわかりやすくラッパーのときもあれば、そうでないときも。自分で会社作ってやろうって思ったのは、やっぱりラッセル・シモンズ(※2)の本を読んでからだし、ゼロからヒップホップのカルチャーを作って、育てていった方々の言葉が ベースにはなってて。音楽としてのヒップホ​​ップももちろん好きだけど、 リリックに限らず、精神性としてのヒップホップに育ててもらってると感じます。

(※2)ラッセル・シモンズ/Russell Wendell Simmons
アメリカの起業家。Def Jam Recordings創設者。「ラッセル・シモンズの成功哲学―ヒップホップ精神で成功を引き寄せる12の法則」(フィルムアート社)

「破」:ラッパーの枠を越えてプロデューサーへ

──2020年にレーベル/会社を立ち上げ、表現者の枠を越えプロデューサーという立場も担う事に。なぜプロデューサーになろうと思ったのですか?

それこそ 2000年代前半から中頃のヒップホップ界はファレル・ウィリアムスやカニエ・ウエスト、ティンバランドのようなスタープロデューサーの時代(※2)で、音楽はもちろんそのアンチマッチョも含めたスタイルやファッションも素敵でずっと憧れていて。僕が自分でビートや曲を作るようになったはじめの頃は、彼らみたいになりたい!みたいな気持ちがあって、でも一方で「何かになりたい」と思う気持ちに違和感や疑問がどこかにありました。そんな中でキャリアが進むにつれて、自分を慕って相談してくれる後輩たちと話しているうちに、自分が1番やるべきこと、つくるべきものは、本当にかっこいいダンス&ボーカルなんだろうなと気付いたんです。間違いなく自分もやりたかったことだし、作りたかったものだったので、その答えに出会ったときは「ああ、これだ」と心の底から思いました。

(※3)2000年代はインターネットの急速な成長が音楽シーンに多大な影響を与え、人々の音楽の聴き方も一変。特にヒップホップとR&Bのジャンルが商業的ピークを迎えた同時代、TimbalandやThe Neptunes(Pharrell Williams)、Kanye Westなどのスタープロデューサー達が活躍し、音楽業界を牽引した。

──自分のやるべきことを見つけた瞬間、ハッとしたんですね。

まさにそうですね。前にQiezi MaboのプロデュースをしてるGiorgio Givvnと、生きてるうちに何か”One Thing”=自分がやるべきなんだっていうものを見つけられることが一番尊いよね、と話をしたことがあったんです。そのOne Thingを見つけられない人は多いと思うけど、本当は誰しもやるべきことが小さかれ大きかれ絶対あって、死ぬまでに見つけたいよねって。自分にとってそれが、本当にかっこいいダンス&ボーカルをプロデュースすること、そして自分の経験したネガティブなところを経験しないで済む場所を作ることなんだって思った瞬間、腑に落ち具合がすごくて。ラップスターになりたい。グラミー賞をとりたい。武道館に立ちたい。とか無数に夢はあったんですけど、目標を決めて気合をいれる今までとは明らかに感覚が違くて。しかもそう気付いたのが人生で1番辛かった瞬間の直後で…辛い思いにやられて腐っていくのではなく、 辛い中で腐らないためにどうすればいいか悩むのはきっといいことなんだろうなと考え続けていました。ピンチの原因を改善しようとすることって、たぶんチャンスの種なんですよね。ピンチはチャンスの種だし、失敗は成功の種だし。

「離」:これから求められるのは音楽的説得力

──今後はどんなことをしていきたいですか?

おかげさまでBMSGは良いスタートが切れていると思います。始まりが良いのはすごく大事だし、運や縁が複雑に絡まって生まれていることなので、次はそれを運やタイミングに左右されないものにしていかなきゃいけない段階。会社も3年目、所属アーティストも2年目になるので、音楽的説得力を持つことがたぶん今のフェーズで大事なことだと思います。具体的に言うと、まだシングルしか出していないアーティストはアルバムを出したり、曲数が増えてきたアーティストは自分のバンドをもってツアーを回ったり。勢いがいいときに語られる内容って、わかりやすい数字のことになると思うんですよね。すごくありがたいし、大事で必要なことだけど、会社が3期目を終えて4年目に入ろうとしている来年の今頃には、音楽的説得力、音楽的評価をいただけている状態にならないといけないと思ってますね。

──音楽的説得力って良い言葉ですね。

売れてる、売れてないに関係なく、音楽的説得力ってあるじゃないですか。 芸能事務所でその説得力を持てたところは日本にはなくて。でもアメリカはもちろん韓国には存在している。特に僕は世代柄、ロッカフェラ・レコード(※4)やストーンズ・スロウ・レコーズ(※5)にずっと憧れてきたから、BMSGもクルー感みたいなのを大事にしていきたいんです。クルーとして打ち出す音楽に説得力が生まれてくると、たぶん来年の今頃には「こういうものがBMSGっぽいよね」と言ってもらえるようになってくると思うので。今のところ僕がぼやっと「こういうのがBMSGっぽい」と思っているサウンドやリリックの方向性は、このまま想像通りいけばすごくいい感じになんじゃないかなと思います。

(※4)ロッカフェラ・レコード/Roc-A-Fella Records
ジェイ・Zとデイモン・ダッシュ、カリーム・バークによって、1995年にニューヨークで設立されたアメリカのヒップホップ・R&B・レゲエ・レゲトン系レーベル。


(※5)ストーンズ・スロウ・レコーズ/Stones Throw Records
カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とするアメリカの独立系レコードレーベル。 創設者のPeanut Butter Wolfの指導のもと、ヒップホップから実験的なサイケデリックロックまでの音楽をリリースしている。
220919_TY_06594.jpg

Photo by Tetsuya Yamakawa (Showcase)

「音」

●SKY-HIさんは最近、どんな音楽を聴いていますか?

ラップミュージックが中心になりますが、特にジャンルは区切らず幅広く聴いています。最近ではC.O.S.A.「POP KILLERS feat. ralph」をよく聴いてます。

(Director:Gaku Jungnickel/Text:Kana Shionoya)

SKY-HI PROFILE

skyhi-a20220930.jpg
圧倒的なRAPスキルのみならず、卓越したボーカル&ダンス&トラックメイキングスキルを武器にエンターテインメント性溢れるコンテンツをセルフプロデュースで創り上げる傍ら、マネジメント/レーベル「BMSG」でのCEO業、アーティストプロデュースを手掛ける等、八面六臂の活躍をする日本の音楽シーンの新たな可能性を示すアーティスト。 2005年AAAのメンバーとしてデビューし、同時期からソロ名義「SKY-HI」として都内クラブ等でマイクを握り活動を始めHIP HOPシーンでのプロップスを得る。

2013年にメジャーデビューし、これまでに5枚のオリジナルアルバムをリリースし、その高い作品性がHIP HOPシーンのみならずジャンルの垣根を超えて高い評価を得ている。 2020年には、マネジメント/レーベル「BMSG」を立ち上げ代表取締役CEOに就任。同年ボーイズグループオーディション「THE FIRST」を主催し、翌年には自身がプロデュースを手掛けるボーイズグループBE:FIRSTを輩出。

BMSGOfficial WebsiteInstagramTwitter

「守破離 –SHUHARI-」
ー師から学び、型を破り、確立するー "守破離"を切り口に「人」のスタイルをリアルに掘り下げるオンラインマガジン
https://www.instagram.com/shuhari_official/
タグ

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ