LiSA、新たなスタートを意識したアルバムを語る。冬におすすめのレシピも

LiSAが、ニューアルバム『LANDER』に込めた思いを明かした。

LiSAが登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・ノイハウス萌菜)。11月22日(火)のオンエア内容をテキストで紹介する。

新たなスタートを意識してアルバムを制作

LiSAは11月16日、2年ぶりとなるフルアルバム『LANDER』をリリースした。アルバム制作にあたり、LiSAは特別な思いを込めたという。

LiSA:前回のアルバム『LEO-NiNE』と一緒にシングル『炎』をリリースしたんですけど、そこからいろんな景色を見させてもらったんですね。すごく幅広い楽曲が増えた2年間だったと感じています。それと同時に、私自身が10周年を終えたあとだったので、駆け抜けた先に新しい景色にたどり着けた意味も込めて着陸船(LANDER)、新しいプラネットにたどり着いたアルバムを作りました。

サッシャ:いいですね。第2章に突入みたいな感じですかね?

LiSA:そうですね。次の10年に向かって走っていきたいなと思います。

『LANDER』の初回生産限定盤には、64ページにおよぶフォトブックが同梱されている。

サッシャ:めっちゃ豪華なブックレットが付いていて、この写真集だけでも買う価値がありますね。

LiSA:そう。プラネットを作ってもらったんですよ。新しい惑星に行きました(笑)。『LANDER』の取材だったりファンの方から「プラネットってどんな星なの?」って聞かれるんですけど、フォトブックを見ていただきたいです。こんな星です!

サッシャ:ブックレットにある星がLiSAさんが思うプラネットだと。

ノイハウス:写真を見て曲を聴くと感じ方も変わるかもしれないですね。

LiSA:新しい惑星で開拓していくんだなってイメージしてもらえるといいなと思います。

アルバム収録曲の『往け』はYOASOBIのAyaseが作曲を手がけている。

LiSA:『ソードアート・オンライン』という、私が長くたくさん楽曲をやらせてもらっているシリーズの映画の楽曲です。主人公が女性の戦士だったので、繊細なメロディを書く方がいいなと思ってAyaseさんにしました。Ayaseさんも『ソードアート・オンライン』をすごく好きでいてくださっていて、作品をイメージしながら一緒に制作してくださいました。

サッシャ:他にも、a flood of circleの佐々木亮介さんとか伊澤一葉さんといった豪華な方たちとコラボをしています。初回生産限定盤AにはミュージックビデオのBlu-rayが付いているんですよね。

LiSA:14曲中10曲もミュージックビデオがあります(笑)。画と一緒に観てもらうと全然違う楽曲の楽しみ方になると思うし、ライブをするとまた全然違う景色になっていくと思うので、まずはミュージックビデオで楽しんでもらえるといいなと思います。

サッシャ:アルバムにはご自身で作られているものもあるんですよね。アルバムですから自分で曲を書いて届けたいという思いがあった?

LiSA:そうですね。『NEW ME』という楽曲は私が先に音源を作って、11年目をどんな風に始めていこうかなって気持ちをメロディにしたら、編曲の方が……。

サッシャ:とんでもない数の編曲者がいますね!?

LiSA:あはは(笑)。はい。

ノイハウス:7名!

LiSA:バンドのライブメンバーが音を重ねていってくれました。1人で始まったストーリーにどんどんいろんな音が重なってみんなと一緒に作った楽曲なので、まさに私の11年のようだなと思いました。

サッシャ:ライブで一緒に汗をかいているメンバーだからこそのアレンジなんですね。

LiSA:はい。ライブをイメージして制作してくれました。

サッシャ:『NEW ME』はアルバムのラスト曲ですね。どんな惑星に降り立ってどう進んでいくのかってことへの答えにもなっているんですね。

冬にぴったりのおすすめレシピを紹介

「MUSIC+1」のコーナーでは、料理好きのLiSAがおすすめのレシピを紹介した。

ノイハウス:最近ハマっている料理があるそうですね?

LiSA:お友だちに教えてもらったのですが、カリフラワーにチーズとオリーブオイルをかけてオーブンで焼き、トリュフ塩で食べます。

サッシャ:トリュフ塩、一時期ハマりました。かけるだけですべてが高級な味になるんだよね。

LiSA:しかも、そんなにたくさんかけないじゃないですか。少量ですごく味がするのでお得なんですよ。

ノイハウス:カリフラワーもおいしいですよね。

LiSA:私はカリフラワーって少しパサパサしているイメージだったので、どちらかと言えばブロッコリーのが好きだったんですね。だけど、カリフラワーをしっかり15分茹でて調理すれば「お芋かな?」ってぐらいホクホクなんですよ。

サッシャ:そんな感じになるんだ!?

LiSA:おいしくってすごくハマっています。しかも、1房ですごくお腹いっぱいになります。

サッシャ:糖質オフにしたいときも便利ですね。

ノイハウス:これからは寒くなってくるから温かいメニューも増えそうですね。

LiSA:そうですね。あと、私は豚汁と、材料がだいだい同じなので肉じゃがも一緒に作ります(笑)。

サッシャ:一石二鳥! 大事です。

LiSAの最新情報は、公式サイトまたは、オフィシャルTwitterまで。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。
タグ

廃止原発の建て替え案「現実味のない話が暴走している」 辛坊治郎が指摘

辛坊治郎が11月29日(火)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。経済産業省が示した原子力発電所の建て替え案について言及。「そんなに簡単じゃない」「現実味のない話が暴走しちゃっている感じ」と指摘した。

※イメージ

経済産業省は28日、今後の原子力政策に関する計画案を審議会に示した。廃止が決まった原子力発電所の建て替えとして、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発・建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることなどが柱となっている。

この建て替え案について辛坊は「私はそんなに簡単じゃないと思う」と述べ「すでに廃炉になった原発は、50年も60年も前にできて、いま使われずにいる。リプレース(置換)でそこに新しいものをつくるというが、いまから50年前は住民の同意が得られた場所にもう一度つくるとなると、同じ場所でもう一度住民の同意を取り直さないといけない。だが、相当ハードルは高い」と指摘した。

リプレースには、より安全性を高めた、従来型よりも小出力の原子炉が計画されている。1基あたり平均100万kwの発電量がある現行型の、約3分の1、30万kw級での置換が検討されているが「100万kwの原発1基と同じだけの電力をつくろうと思うと、3基(原発を)つくらないといけない。日本のこの環境のなかで、リプレースするのに小さいものをあちらこちらにたくさん建てるなんてことが現実にできるかという話ですよ。まあ絶対無理ですね。現実味のない話が暴走しちゃっている感じ」と持論を述べた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ