SOIL&"PIMP"SESSIONS・社長が人生で大切にしていることは? 『GRAND MARQUEE』初の公開収録で大盛り上がり

5月27日、28日に開催された野外フェス『GREENROOM FESTIVAL'23』で、J-WAVEが放送ブースを出展。その中で、J-WAVEの番組『GRAND MARQUEE』(毎週月~木曜、16:00~18:50)が初の公開収録を行った。同番組のナビゲーターは、音楽家で広告クリエイターのタカノシンヤと、シンガーソングライターのCeleina Ann(セレイナ・アン)。

公開収録のゲストには、ALIと、SOIL&"PIMP"SESSIONSの社長が登場。ここでは、社長のトークを一部レポートする。

観客の熱量を感じるライブに感謝

DSC06948.jpg


神奈川・横浜赤レンガ地区野外特設会場にて開催された野外フェス『GREENROOM FESTIVAL'23』の無料エリアに、J-WAVEは放送ブースを構えた。天候にも恵まれた最高のロケーションの中、SOIL&"PIMP"SESSIONSのステージを終えた社長がブースに姿を現すと、タカノとセレイナもサッポロビール「パーフェクト黒ラベル」を手に取って、集まった観客と一緒に乾杯。お酒好きを公言するセレイナは「泡がなめらか〜」と笑顔を浮かべ、社長も「うまい!」と喜んだ。

同フェスには2018年以来の出演となったというSOIL&"PIMP"SESSIONS。社長は「そんなに間が空いていたっけ? また呼んでもらえて嬉しかったです。」と喜んだ。

最近は、ライブでの声出しも解禁され始めた。社長はコロナ禍のライブについて「この2年間は、ライブの火を消さないという考え方が優先されていたよね。声を出さない、ソーシャルディスタンスをとるなど、さまざまな制約がある中で、なんとか続けられてきた」と振り返りつつ、「でもやっぱり、この感覚ですよ。僕が煽ったら倍くらいの熱量で返してくれるようなエネルギーのやり取りが実際にできることが、どれだけ重要だったか……!」と熱を込めた。

gr230527-8.jpg


社長はさらに、「もっと言うと、僕は皆さんに声を出させる専門職だったわけで」「いわゆる『SAY YEAH』ができなかった中で、ひたすらひとりで喋ってどうしようもないことを言って、しーんとしている現状があった。滑っているわけではないと信じているんだけど、声を出せない以上、どうしても静かになってしまうんです。そんな2年間を経ての、皆さんとここでのコール&レスポンスだったわけだから、やっぱりこれでしょうと思ったよ。うれしかったです」と、アーティストとしての体感を明かす。この日、SOIL&"PIMP"SESSIONSのライブを鑑賞していたタカノは「本当に盛り上がっていました!」と伝えた。

20年続けてきて「ご褒美」と感じた出来事は?

今年、SOIL&"PIMP"SESSIONSは現体制で20周年を迎えた。タカノが「20年ってものすごい年月ですよね」と話すと、社長は「2003年のデビュー前に『FUJI ROCK FESTIVAL』に出させてもらっているんですけど、2004年に最初の作品を出してからだから、まさに20年目。あっという間……!」と振り返る。それから社長が「これまでずっと新人のつもりでやってましたけど、気づいたらだんだん楽屋で敬語を使わなくてもよくなっていた」と話すと、観客から笑い声が上がった。

gr230527-5.jpg


ここでセレイナが「長く続けてきたからこそ見えた景色というか、『ご褒美だな』と感じたことはありますか?」と質問。社長は「僕らは色んな国からオファーをいただける20年でした。旅行の目的地に並ばないような街からも呼んでもらえたりして、そういう場所で現地の人とコミュニケーションができたり、音を鳴らせたというのは掛け替えのない経験でした」と答えた。

海外ライブの中でも印象に残っているのは、ドイツのベルリンの郊外で開催されている『Fusion Festival』だという。「これは本当にすごいんです。それこそ、アーティストが発表される前にソールドアウトするようなイベントなんだけど、軍用の空港跡地で行われるんです。飛行機を隠すための格納庫一つひとつがDJブースになっていて、本当にこれがスゴい!」と話し、集まったオーディエンスは興味深そうに聞き入っていた。

楽曲制作において大事にしているのは「最終的に自分の判断を信じること」。「ある程度わがままでいて、自分がかっこいいと思えることを信じる。例えそれが否定されたとしても長い目で見れば、かっこよかったじゃんと言えるようになるので、常に自分を信じています」と答え、観客からは「かっこいい!」という声が上がった。

ここでタカノから「SOIL&“PIMP”SESSIONSは20周年ですけれど、メンバーだけでお祝いとかはあったんですか?」という質問が入ると、社長は「言われてみたら、していないかも」と回顧。続けてタカノが「普段メンバーだけで飲んだりとかは?」と聞くと、社長は「うちのメンバーって食いしん坊なんですよ。その土地、その土地で少しでもうまいものを食べようとする欲求が半端なくて。そういった意味では乾杯するケースは多いですね」と明かした。

社長が、人生で大切にしていること

SOIL&"PIMP"SESSIONSは、6月15、16日の2日間にわたり、彼らのホームグラウンドともいうべき東京・ブルーノート東京にて、アニバーサリーライブを開催する。15日は長岡亮介(ペトロールズ)、16日は向井秀徳(ZAZEN BOYS)がゲスト出演することが発表されている。

同ライブについて、社長は「長岡くんとはデビュー前から付き合いのあるミュージシャンなので、お互い手の内をわかっている。ある程度、事前にリハをするかもしれないけれど、そういう意味でもその範疇に収まらないセッションができると思います」と口に。続けて社長は「ご存知、向井秀徳は、リハをしても絶対にその想定通りにならないので、僕もどうなるのか楽しみです(笑)。ドキドキしていますね」と期待に胸を膨らませていた。

gr230527-10.jpg


最後に番組から質問したのは、「社長自身が人生で大切にしていること」。社長は「先人の誰かが、“変わらないために変わり続ける”って言っていたんですけど、これは僕も大事なことだと思っていて。ひとつのことに固執し続けるよりも、自分のやりたいことを具現化するためには、そのとき、そのときで変わっていかなくちゃいけないと思っている。なので、大切にしていることは変わっていくことですね」と真摯に話すと、オーディエンスからは拍手が起こった。

(取材・撮影=中山洋平)
タグ

津田健次郎が好きな“ミュージカル映画”は?「“フランスにしか作れないミュージカル”という感じがすごく好き」

声優・俳優の津田健次郎がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「津田健次郎 SPEA/KING」(毎週日曜 12:00~12:30)。声優として数々の人気アニメ作品、俳優としても話題のドラマ・映画に出演。今もっとも注目を集める才能・津田健次郎のパーソナルな一面が知れるレギュラーラジオ番組です。6月9日(日)の放送では“好きなミュージカル映画”について語っていました。


パーソナリティの津田健次郎


◆津田が好きな“ミュージカル映画”は?

<リスナーからのメッセージ>
「今、私が楽しみにしていることは、雨の日に家でミュージカル映画を観ることです。憂鬱になりがちな雨の日を楽しく過ごすために、明るい気分になれるミュージカル映画を観るのが好きです。津田さんの好きなミュージカル映画は何ですか?」

津田:まず僕は「シェルブールの雨傘」が好きで“フランス版ミュージカル”っていう感じの映画なんですけど、それと同じような感じのテイストで「ロシュフォールの恋人たち」という映画がありまして、さすがおフランスでございますよ! めちゃめちゃオシャレです。

たぶん(映画タイトルで)画像検索していただくと、キービジュアルがパッと出てくると思うんですけど、何だかシャレているんです。(主演は)カトリーヌ・ドヌーヴですよ。本当にすごく素敵で、僕は「シェルブールの雨傘」よりも、こっちのほうが好きです。イギリスやアメリカのミュージカルとは全然違うテイストと言いますか、“フランスにしか作れないミュージカル”という感じがすごく好きなんですよね。

----------------------------------------------------
6月9日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月17日(月)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:津田健次郎 SPEA/KING
放送日時:毎週日曜 12:00~12:30
パーソナリティ:津田健次郎
番組Webサイト:https://15audee.jp/articles/news/arzGScruNeYzMYs9hC6vN9xF

Facebook

ページトップへ