昭和ポップスは「いま聴いても活気がある」 Night Tempoがその魅力を語る

9月20日にニューアルバムをリリースしたNight Tempoが、昭和ポップスへの思いや、新曲について語った。

Night Tempoが登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『~JK RADIO~TOKYO UNITED』のワンコーナー「Astroscale THE HIDDEN STORY」。オンエアは9月29日(金)。

昭和ポップスにハマったきっかけは、中山美穂

韓国・ソウル出身のプロデューサーでDJのNight Tempo。アメリカと日本を中心に活躍し、いわゆるシティポップの音楽シーンを引っ張る存在でもある。そんなNight Tempoが、そもそも日本の昭和ポップスに興味を持ったのには、どのようなきっかけがあったのだろうか。

Night Tempo:きっかけは小学生の頃、お父さんが日本で買ってきてくれたCDのなかに入っていた曲で、最初は何の曲かわからなくて、あとからわかったんですけど、中山美穂さんの『CATCH ME』でした。その曲からいろんな魅力を感じて、似たような曲をいろいろ探しながら、どんどん日本の曲を調べるようになりました。

1987年リリース、角松敏生による作詞・作曲・アレンジのナンバー『CATCH ME』をきっかけに、現在に至るまで多くの昭和音楽を聴いてきたというNight Tempo。自身の活動に昭和ポップスの要素を取り入れた理由についても語ってくれた。

Night Tempo:フランスのダフト・パンクが、洋楽のディスコ音楽をサンプリングして音楽をいろいろ再構築しているのがすごく面白そうで、じゃあ僕はアジア人だからアジアの音楽でやってみようと思って、いままで聴いてきた音楽が日本の昭和ポップスだったから、その流れでいろいろ作り始めて、いまの活動につながりました。

オリジナルアルバムをリリース!

Night Tempoは昭和ポップスをアップデートする「昭和グルーヴシリーズ」で人気を拡大し、シティポップのムーブメントのなかで大きな注目を集める存在となった。2023年9月20日には、メジャー2枚目となるオリジナルアルバム『Neo Standard』をビクターエンターテインメントよりリリースした。

Night Tempo:僕ってもともとシティポップとかは、どちらかというと作るより、サンプリングをしてダンスミュージックを作っていたので、今回も半分以上の曲がダンスポップです。ほかのミディアムテンポの曲も、まあまあノれるダンスポップなんですけど、ダンスミュージックをアルバムにしています。今回のアルバムは、いままで日本の活動で見せたこととは少し違って、日本の会社と契約していろいろ出し始めて変わった、もともとの自分の方向性とかを取り戻すいいチャンスだなと思って、夢中でした。

さらにNight Tempoは、アルバム収録曲のなかから、『Shampoo (feat. Yu Hayami)』について、詳しく教えてくれた。

Night Tempo – Shampoo (feat. Yu Hayami) 【Official Visualizer】

Night Tempo:シャワーを浴びている最中とかに鼻歌をよく歌うんですけど、その鼻歌のなかで「これだ」っていうメロディを思いついて、そのまま(浴室から)出て書いて、キープしておいたんですけど、「これを早見(優)さんに歌ってもらったら面白いかも」と思って。早見さんってエナジーを感じる方で、この曲もすごく活発な元気な明るい曲なので、ぜひ早見さんにしようと思ってお願いしたら、早見さんも「いいね」っていうことで歌詞を書いてくださって、レコーディングをしました。僕はもともと彼女をセンスの塊的な方だと思っていて、思った以上にすごく新鮮なものができあがって。早見さんも若いんですけど、「いまの10代とか20代のアーティストより、もっとフレッシュな歌詞を書けるんだ」ってちょっとびっくりしました。

デモの段階ですでに仮タイトルが『Shampoo』とついていた同曲。Night Tempoは、早見がそのワードも盛り込んで作詞をしてくれたことにも強くセンスを感じたという。

昭和ポップスは「聴いていて気持ちよくなるもの」

Night Tempoも絶賛する早見が出演するイベント「J-WAVE & Night Tempo present ザ・ナイトテン・4」が、11月4日(土)に日比谷野外大音楽堂で開催される。同イベントには早見のほかにも、野宮真貴、松本伊代、渡辺満里奈、FANCYLABOが出演し、亀田誠治がNight Tempo とともにMCを務める。イベントの見どころを、Night Tempoは次のように語った。

Night Tempo:野宮真貴さん、早見 優さん、松本伊代さん、渡辺満里奈さんは、もともと有名な曲を持ってらっしゃる方だと思っているので、みなさんが好きな名曲と、僕がいまの世代の方たちにも絶対知ってほしいと思う曲を1曲ずつ選び、ヒット曲とNight Tempoが選んだ1曲で、2曲ずつ歌っていただきます。いま僕がプロデュースしているFANCYLABOも出演します。昭和のテイスト、平成初期のテイストも持っているグループなので、4人の大先輩がパフォーマンスしてくださって、そのあとFANCYLABOが、いまもこういうカルチャーを守っていますよということをアピールできたらいいなと思っています。MCは亀田誠治さんとやるんですけど、亀田さんとは以前J-WAVEのラジオで一緒になって、そこからいろいろよく見てくださっている恩人的な方なので、一緒にMCをするのが楽しみです。

詳細は公式サイトまで。

・「J-WAVE & Night Tempo present ザ・ナイトテン・4」
https://www.j-wave.co.jp/special/nightten4/

ニューアルバムをリリースし、11月にイベントも控えているNight Tempo。最後に、彼の活動の原点にある「昭和ポップスの魅力」について質問をした。

Night Tempo:いま聴いても活気があるところが、いちばんの魅力だと思います。たとえば、いま世の中がいろいろ大変だったりして、だからこそ最近はクールとか、せっかちな音楽とかばかりなんですけど、当時の日本はみんながキラキラだったわけではなくても、表面的にはキラキラしていて、それを歌っていて非常に明るい希望を持つことができる音楽がいっぱいありました。聴いていて気持ちよくなるのが、昭和の音楽の魅力だと思っていますし、外国のみんなもそう言っています。

『~JK RADIO~TOKYO UNITED』のワンコーナー「Astroscale THE HIDDEN STORY」では、トップセラーからモノづくりにかける夢を聞く。放送は毎週金曜の10時40分頃から。
タグ

風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性に悩んでいます…相談者に江原啓之が愛の喝

スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめ、番組パートナーの奥迫協子とお送りするTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。

5月12日(日)の放送では、リスナーから届いたさまざまな相談に、江原がアドバイスを送りました。

江原啓之



<リスナーからの相談>
今回ご相談させていただきたいことは、風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性です。
長女については、昨年に所得税の請求があり、問い詰めたところ風俗店で働いていたことが発覚しました。次女については、婦人科から2万円の投薬を受けた領収証があったことから、そのように感じています。私の直感ですが、ここ数ヵ月前から働いていたと確信しています。本人は否定していますが、嘘をついているのが分かります。

正直なところ、不自由なく暮らせているのに、風俗店で稼ぐ選択をした娘たちが理解できません。物欲、推し活のために自分の体を売り物にし、気持ち悪いと思います。受け入れ難いのですが、このことから学ばなければならないとも思っています。娘たちとどのような関係性でいるのが良いのか、どうか教えていただけないでしょうか。

<江原からの回答>
江原:私は風俗店で働くという職業を否定するつもりは全くありません。

昔、15年ほど個人カウンセリングをやっていたのですが、セックスワーカーの方たちもたくさん来て、いろいろな相談を受けました。ほとんどの方は生活のためにやっていましたよ。昔は、そうした選択をする方たちには、やっぱりいろいろなご事情がありました。「こういう仕事をしていると、世間ではいろいろとやかく言われるけれども、この私が家族・兄弟を養っていくのに、他に何ができるんですか?」とおっしゃるような方もいましたよ。

そういう事情のある方たちがいることは分かるのですが、相談者さんの娘さんたちは、そうではないですよね。過去のことは消せないでしょう。入れ墨と同じで、一度したものを消すというのは本当に大変で、年数がかかるものです。どこにどういう目があるか分からないですよね。必要に駆られて、自分の暮らしのためにやっているんだと胸を張って言えるのなら、風俗店で働いていたことについてとやかく言うような人々のことは、せせら笑って過ごせるでしょう。でも、ただ単にお金のためだけにやったのなら、後ろめたい気持ちが残ってしまう。

だから「どんな職業か」は問題なのではなく、「胸を張って生きられるようにしなさい」と言うのが、親の役目だと思うんです。本当に物欲や推し活のためだけにそういう働き方を選んでいたのだとしたら、子どもたちに対してそうハッキリ言うべきです。

奥迫協子、江原啓之



●江原啓之 今夜の格言
「“愛”と“後先”を教えるのが親の役目です」


----------------------------------------------------
5月12日(日)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 5月20日(月)AM 4:59
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25、エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
出演者:江原啓之、奥迫協子
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ