「Buzz Tracker」Monthly Artistにも選出…クボタカイ新曲「フラッシュバックメモリーズ」制作裏話

山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」(毎週月曜~木曜13:00~14:55)。2月21日(水)の放送は、シンガーソングライターでラッパーのクボタカイさんを迎えて、お送りしました。


(左から)パーソナリティの山崎怜奈、クボタカイさん



◆クボタカイが考える“曲作りの流儀”

クボタカイさんは、2017年よりフリースタイルラップ、楽曲制作を開始し、2019年にデビューEP『明星』をリリース。2022年7月には、TikTokとSpotifyが共同でアーティストを応援するプログラム「Buzz Tracker」のMonthly Artistに選ばれました。そして今年2月21日(水)には、ドラマ「マイストロベリーフィルム」(MBSなど)のオープニング主題歌となっているシングル「フラッシュバックメモリーズ」を配信リリースしました。

今回の楽曲についてクボタさんは、「このドラマが、学校で古いビデオカメラを見つけて、その映像のなかの美女に恋をすることから始まる作品なのですが、僕は“恋愛”と“記録”って深く関係していると思っていて。大抵の恋愛は終わるけど、記録は一定でずっと変わらない。記録を消して次の人生を進むのか、記録を追いかけて、その恋に進むのか……みたいなことを考えながら作りました」と語ります。

デビュー以来、多くの楽曲を制作してきたクボタさんに、れなちが曲作りのタネを聞いてみると、「(自分の)体験から書くというよりは、体験が生み出した自分の人間度をもとに書くことが多いですね。例えば、一人称が“僕”であればこう思うかな、こう言うかなと考えたり、フィクションを作るにしても自分の感情で。そこはリアルにいきたいです」と答えます。

その一方、不安なこともあるようで、例えば、普段は女性目線で書くことが多いものの、それが本当に女性の気持ちなのかは分からないとか。ただ、「それがわかってしまったら曲が作れない気もしていて……好奇心のままに探求していくことが曲作りであり、人としての成長なのかなと思う」と語ります。

◆初の個展も開催!

前作「gear5」もドラマ「ハコビヤ」(テレビ東京系)のオープニングテーマに起用されるなど、順風満帆のアーティスト活動を送るクボタさんですが、少し前まではいろいろと苦悩することが多かったそう。それこそX(旧Twitter)には、「数年前まで就職で迷っていたのに、ドラマの主題歌を一気に二つも歌うなんて 人生分かんないな」とポストしています。

実際、本気で就職を考えた時期もあったものの、ある出来事がその考えを変えたと言います。「宇宙で一番好きなアーティストさんから『ツーマンライブをしないか』って誘われて。結局、それはコロナで流れちゃったんですけど、こんな“オファーが来るなら、もう少し頑張ってみよう”と思って」と明かします。ちなみに“宇宙一好きなアーティスト”については内緒だそうです。

そして、3月23日(土)、24日(日)には東京・目黒のROOFTOPで初の個展「恋人の日記」を開催。音楽からイラストまでマルチな才能が見せるクボタさんに、れなちが「ものづくり全般が大好きなんですね」と話すと、クボタさんは「大好きですね」と即答。さらにれなちが、「恋バナも大好きなんだろうなと思いました!」と言うと、クボタさんは苦笑いしつつも「そうですね。恋、大好きです」と話していました。

----------------------------------------------------
2月21日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年2月29日(木) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/
この記事を読む