長渕剛「意味は深いかもしれないですね」“アツい言葉”を届ける新番組スタート! 番組タイトルに込めた思いとは?

TOKYO FMの音声配信プラットフォームAuDee(オーディー)の新番組「Bro² BLOOD(ブラブラ・ブラッド)」(毎週金曜17時配信)。長渕剛が“ラジオの相方”遠山大輔(グランジ)とともに、音楽の話から今伝えたい想いまで、アツい言葉であなたに“本気”を届けます。初回となる4月5日(金)の配信では、久しぶりに再会した2人が、番組の方針やタイトルに込めた思いなどについてトークしました。


長渕剛



長渕は5月22日(水)に約7年ぶりとなるニューアルバム『BLOOD』をリリース。さらに、6月からはニューアルバムを引っ提げたアリーナツアーも開催予定です。そんな長渕が、新番組「Bro² BLOOD」をスタートしました。番組のお供を担当するのは、お笑いトリオ・グランジの遠山大輔です。

2人が初めて出会ったのは、遠山が“とーやま校長”としてパーソナリティを10年間つとめた“ラジオの中の学校”ことTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」。長渕は2014年10月~2015年6月までの期間、番組で“炎の生活指導”を担当。悩める10代と全力で向き合いました。

長渕は「2年ぐらいやらせてもらった気がしてるの。ここに来るときはいつも楽しい」と振り返ります。

続けて、番組タイトルの誕生エピソードを語る2人。番組制作チームは、事前に30個ほどのタイトル案を用意。それらを確認した長渕でしたが、「『Bro² BLOOD』でいいんじゃない? みたいな無責任なところから(タイトルのイメージが)降りてきましたよ」と、自身がタイトルを発案したと明かすと、遠山は「言いやすいし、めちゃくちゃいいタイトルだと思いますよ!」と称賛。

アルバムタイトルにも使われている「BLOOD」を番組にも採用した理由について、長渕は「(BLOODは)切れば出る赤い血です。みんなに流れている、温かい血です。(選んだのは)無責任に思うんだけど、意味は深いかもしれないですよね」と話していました。

番組では他にも、長渕が深夜に通っているコーヒー店や美容室でのエピソードや、番組でチャレンジしたいことなどについて語りました。


<番組情報>
番組名:Bro² BLOOD
配信日時:毎週金曜17:00
パーソナリティ:長渕剛、遠山大輔(グランジ)
この記事を読む