風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性に悩んでいます…相談者に江原啓之が愛の喝

スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめ、番組パートナーの奥迫協子とお送りするTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。

今回の放送では、リスナーから届いたさまざまな相談に、江原がアドバイスを送りました。

江原啓之



<リスナーからの相談>
今回ご相談させていただきたいことは、風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性です。
長女については、昨年に所得税の請求があり、問い詰めたところ風俗店で働いていたことが発覚しました。次女については、婦人科から2万円の投薬を受けた領収証があったことから、そのように感じています。私の直感ですが、ここ数ヵ月前から働いていたと確信しています。本人は否定していますが、嘘をついているのが分かります。

正直なところ、不自由なく暮らせているのに、風俗店で稼ぐ選択をした娘たちが理解できません。物欲、推し活のために自分の体を売り物にし、気持ち悪いと思います。受け入れ難いのですが、このことから学ばなければならないとも思っています。娘たちとどのような関係性でいるのが良いのか、どうか教えていただけないでしょうか。

<江原からの回答>
江原:私は風俗店で働くという職業を否定するつもりは全くありません。

昔、15年ほど個人カウンセリングをやっていたのですが、セックスワーカーの方たちもたくさん来て、いろいろな相談を受けました。ほとんどの方は生活のためにやっていましたよ。昔は、そうした選択をする方たちには、やっぱりいろいろなご事情がありました。「こういう仕事をしていると、世間ではいろいろとやかく言われるけれども、この私が家族・兄弟を養っていくのに、他に何ができるんですか?」とおっしゃるような方もいましたよ。

そういう事情のある方たちがいることは分かるのですが、相談者さんの娘さんたちは、そうではないですよね。過去のことは消せないでしょう。入れ墨と同じで、一度したものを消すというのは本当に大変で、年数がかかるものです。どこにどういう目があるか分からないですよね。必要に駆られて、自分の暮らしのためにやっているんだと胸を張って言えるのなら、風俗店で働いていたことについてとやかく言うような人々のことは、せせら笑って過ごせるでしょう。でも、ただ単にお金のためだけにやったのなら、後ろめたい気持ちが残ってしまう。

だから「どんな職業か」は問題なのではなく、「胸を張って生きられるようにしなさい」と言うのが、親の役目だと思うんです。本当に物欲や推し活のためだけにそういう働き方を選んでいたのだとしたら、子どもたちに対してそうハッキリ言うべきです。

奥迫協子、江原啓之



●江原啓之 今夜の格言
「“愛”と“後先”を教えるのが親の役目です」


----------------------------------------------------
5月12日(日)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 5月20日(月)AM 4:59
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25、エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
出演者:江原啓之、奥迫協子
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/
Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送局:TOKYO FM
放送日時:2024年5月12日 日曜日 22時00分~22時25分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

釈由美子、『ゴジラ』の恩返しでアメリカ映画のオファーを受ける。

6月6日(木)は、9時台の『ふらっとおいでよ!』のゲストは俳優の釈由美子さん。“ワンギャル”の話から、今月14日に公開の映画『Ike Boys』についてお話伺いました!

釈由美子が語る「TBSはありがたい古巣」

出井:最初はグラビアでデビューされて?

釈:グラビアアイドルで。ヤンマガとかヤンサンとか。

出井:その後TBSの番組、ワンダフルのレギュラーが決まって?

釈:ワンダフルが先ですね。本っ当にど素人の状態でワンダフルのレギュラーに入って。大学に行きながら。

出井:大学に行きながら!

楢原:Missキャンパスグランプリですもんね。

釈:だからTBSさんは古巣というか。

出井・楢原:古巣(笑)。

楢原:私を育ててくれた(笑)。

釈:ありがたいです。

出井:そこからバラエティですもんね。我々が見てたのはその頃ですもんね。

楢原:そうそう。2001年とかで俺、高校1~2年とか。

出井:そうか、我々が高校生くらいですね。

登山好きな釈さんおススメの山はスズラン100万本!入笠山

出井:登山の愛好家でもいらっしゃる。

釈:そうですね。登山はつい先日も行ってきたばっかりで。

出井:ちなみにどこの?

釈:長野県の入笠山ってご存知ですか?今ねちょうどスズランの一番いい見頃で、満開の100万本のスズランが一面…。見たことあります?そんなスズラン。

出井:そんなに!いや~ないです。

釈:本当に可憐で、ふわ~っていい香りがして。

楢原:それを見に行こうと思って予定を空けて?

釈:子供の学校がたまたま平日に休校だったので「行くしかない!」って言って。子供に聞いてみたら、学校のお友達はみんなディズニーランドかキッザニアに行くんだけど…うちは山だ!みたいな(笑)。

楢原:子供からしたらね(笑)。

出井:お子さんと行かれたんですか?すごいな~。

楢原:お子さんが登るってことは結構登るのはイージーな山なんですか?

釈:今は2年生なんですけど、子供が幼稚園の年長の時…2年前の夏休み、6歳のときに富士山の山頂まで行きました。

楢原:え~!健脚すぎる!年長で!?

釈:そうなんですよ、私も置いていかれちゃうぐらい(笑)。

出井・楢原:え~!

出井:結構登山の英才教育かもしれませんね(笑)。

楢原:未来のアルピニスト。

釈:いえいえいえ(笑)。

出井:かもしれない、もしかしたら!

釈:楽しい!って言って登ってますね。

『Ike Boys』のアメリカ監督が釈さんにオファーしたのはゴジラの恩返し!?

出井:釈さんをキャスティングしたいなと思ったのはどういった経緯で?

エリック:えーっと…簡単に言うと僕が元々は恐竜大好きな少年で。

出井:恐竜が大好きだったんですね?

エリック:その流れでゴジラにもはまって…小1の頃ですね。12歳ぐらいにいつかゴジラを撮りますと言ってて。ゴジラを撮るにはやっぱり日本語を覚えないといけない、映画術を学ばないといけない。で、その流れでゴジラVSメカゴジラもものすごく好きで…見たタイミングもあったんですけど、とにかく主人公の家城茜がすごく魅力的ですごく見て癒されたっていうのもあったので…今回のキャスティングも一種の恩返しというのかなって。

釈:ありがとうございます。

出井:えー素敵なお話ですねー!

楢原:監督はおいくつなんですか?

エリック:えーっと38です、今年で。

楢原:あ、同い年! エリック:そう。さっきの話を聞いてちょうど思春期の思い出が…。

出井:我々同じ時期に釈さんを見て。

エリック:ちょっと恥ずかしいですけど…僕の場合は結構頑張って海外からいろんなグッズを手に入れて。だから本当に当時メカゴジラの宝探しみたいな感覚でDVDをゲットして。

出井:すごいなあ。そういう青春時代を…今ほどインターネットもめちゃくちゃ発達してるわけじゃないし。

楢原:いや~HPのディテールもよかったなあ。あの頃のHPの作りってあんなものなんですよ。

エリック:ホームページの作りも気づいていただいて。めちゃくちゃ嬉しいですよ。ディテールに相当色々こだわって…。

楢原:チープな感じの…項目だけに分かれててリンク飛ぶやつ。わーこんなんだったって思い出しながら。

出井:2000年代初頭のカルチャーが存分に盛り込まれて。日本のHPって感じでね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook

ページトップへ