「漫画のような10代!」三月のパンタシア・みあ、中学ではバレーボールで県1位&高校で生涯の友達に出会う

ラジオの中の学校、TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」(月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55)。5月21日(火)の放送は、三月のパンタシアのみあさんがゲスト出演。パーソナリティのこもり校長(小森隼/GENERATIONS from EXILE TRIBE)とCOCO教頭(CRAZY COCO)が登場時の印象を伝え、10代のころの思い出について聞きました。



――心までキレイな人だ……!

こもり校長:三月のパンタシア先生は、SCHOOL OF LOCK! 初来校です!

みあ:よろしくお願いします!

こもり校長:すごく、その……顔がちいちゃい(笑)。

COCO教頭:スタイルがすごすぎる! みんなで言ってました。

こもり校長:顔が小さい! 足が長い!

みあ:初めて言われました(笑)。

こもり校長:たしかに、「はじめまして」の次に「顔が小さい!」は言わないですよね(笑)。

COCO教頭:初対面でいきなりね(笑)。

こもり校長:笑顔もキレイで、声も澄んでて、髪もキレイで……。

みあ:ありがとうございます(笑)。

COCO教頭:ブルーが濃い! 地毛ですか?

みあ:地毛じゃないです。

こもり校長:(COCO教頭に)ちょっと!

COCO教頭:地毛だと思ったのよ……。

みあ:でも、青い髪って難しいと思うから、「似合う」と言われたみたいで嬉しいです。

こもり校長:心までキレイな人だ……!



――漫画のような10代

こもり校長:みあ先生は、10代のころはどんな学生でしたか?

みあ:私は田舎の出身なんですけど、部活動でバレーボールを10年間やっていました。中学生のときに一番熱心にやっていて、県で1位になったんです。

こもり校長:すごい!

みあ:でも最初は、地方大会で負けてしまうような強くないチームだったんです。たまたま自分の同期が18人くらいいたんですけど、人数が多いと練習の質って上がるんですよね(笑)。いろんなメニューができるし、「みんなで頑張っていこうよ!」と励まし合うし。夏休みとかの長期休暇も、学校に朝集合してお昼ご飯食べてそこから夕方まで練習して、さらに夜練で別の体育館に行って練習するみたいな(笑)。そしたら、いつの間にか1位になっていたんですよ。

こもり校長:いやいや、すごいすごい! 物語の最終回みたいなこと言ってる(笑)。

みあ:(笑)。だから、スポーツばっかりやっていました。

こもり校長:じゃあ、仲間と切磋琢磨して……の10代?

みあ:そうですね。でも、中学で燃え尽きたんです。高校は進学校だったので、バレーボールを続けてはいたんですけど……。

COCO教頭:才色兼備ですね(笑)。

みあ:(笑)。バレーボールをやりながらも、勉強を頑張っていました。中学のときに吐くぐらいキツかったのでもう辞めたかったんですけど、高校時代の同期とは今でもめちゃくちゃ仲がいいんです。「生涯の友達になるんだろうな」と思える友人たちと出会えたことが、すごく財産になっていると思います。

こもり校長:「友情」「勝利」「努力」って、少年ジャンプだよね。

みあ:(笑)。



三月のパンタシアは、5月15日(水)に映画『ハピネス』の主題歌「僕らの幸福論」を配信リリース、5月29日(水)にTVアニメ『魔法科高校の劣等生』第3シーズン スティープルチェース編 エンディング主題歌「スノーノワール」をリリースします。8月24日(土)には、Zepp Shinjuku (TOKYO)にてワンマンライブを開催。詳細はオフィシャルサイトまで。

----------------------------------------------------
5月21日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年5月29日(水)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/





SCHOOL OF LOCK!
放送局:TOKYO FM
放送日時:2024年5月21日 火曜日 22時00分~23時55分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

伊藤美来、高橋李依 アニメ『夜のクラゲは泳げない』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
6月15日はゲストに伊藤美来さん、高橋李依さんをお迎えして、TV『夜のクラゲは泳げない』特集をお送りしました。

伊藤さん演じる「光月まひる」は、どんなキャラクターなのでしょうか?「海月ヨルとしてイラストレーターで活動している子なんですけど、輝きたいな、変わりたいなって思っている。そんな時に李依ちゃん演じる花音ちゃんに出会って、JELEEのイラスト担当になるんです。私はお絵描き、凄く不得意です…(伊藤)」

高橋さん演じる「山ノ内花音」は、どんなキャラクターかというと「ちょっとした事件を起こしてしまって、アイドル辞めちゃうんです。そんな自分でも表現したいことがあるからとJELEEという匿名アーティスト活動を始めた人間で。自分の大好きな絵を描いてくれるヨル先生にお願いしたいとタッグを組み始めたところから物語が始まるんです(高橋)」

“それぞれキャラクターと似てると思うところは?”と聞いてみたところ「私、美来ちゃんのツッコミの仕方がめちゃくちゃ“まひる”だなって思ってて(高橋)」「確かに絶妙なテンションで突っ込む。なんか静か過ぎず、張り過ぎず。私のツッコミが“まひる”にだいぶ出てるかもしれない。オーディションで“まひる”のイラストと内容を見て、“私かも”と思っちゃうくらい。この子だと思いました(伊藤)」

アフレコ現場の雰囲気はどうだったのでしょうか?「こういうふうに演じたいなという思いを汲み取ってくれる現場です。どこのシーンも生きてきたなという感じ(高橋)」「それぞれの生き様がそこにある感じがしましたね(伊藤)」「富田美憂ちゃん演じる渡瀬キウイ、そして島袋美由利ちゃんが演じる高梨・キム・アヌーク・めい。JELEEのメンバー4人は基本的に一緒でした(高橋)」

そんな匿名アーティスト・JELEEのミニアルバム『JELEE BOX』が6月26日に発売されます。40mPさんが作詞、作曲、編曲を担当。「作中でJELEEちゃんが書いたというお話になっているので、40mPさんもJELEEちゃんになって書いているんです。私もJELEEちゃんが選んだ言葉、伝えたい言葉を、咀嚼してからじゃないと歌えない、なんか頂いた歌詞というのではなくて、セリフの延長線上で歌わせてもらってるなって感覚もありました。40mPさんが機材や環境、状況を作中のみんなにリンクさせながらベストな形を目指して、彼女たちの機材だったらどうするって考えてくれたんです(高橋)」

楽曲に対する印象も伺いました。「40mPさんが作詞、作曲、編曲、全部やってくれているので、理解度が追いつかない自分が悔しくて…花音なのに!(高橋)」「JELEEの良さっていうのは、お話ありきの楽曲なんです。だからミュージックビデオもみんながそれぞれ努力して成長した過程が映っていたりするし、花音の思いとかも話を見ないと分からない。リンクが素晴らしいなっていつも思ってます(伊藤)」

終始仲良さそうに、楽しそうに話してくれた伊藤美来さんと高橋李依さん。「夜のクラゲは泳げない」はお二人にとってどんな作品になったのでしょうか?
「この時代に届けたい思いがたくさん詰まってる作品になっております。見て頂いた人に絶対に刺さるセリフあると思いますので、ぜひ届いたらいいなと思っております(伊藤)」「自分の中の大好きを1個増やしてくれてありがとうの気持ち。ヨルクラ大好きになれて良かった!(高橋)」

Facebook

ページトップへ