KOTORI 10代のころは野球部員に吹奏楽部員、圧倒的得票数の生徒会長を経験!4人がバンドを結成するまで

ラジオの中の学校、TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」(月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55)。5月28日(火)の放送は、4人組ロックバンドのKOTORIがゲスト出演。“初来校”ということで、パーソナリティのこもり校長(小森隼/GENERATIONS from EXILE TRIBE)とCOCO教頭(CRAZY COCO)が、バンド結成のきっかけや10代のころの思い出を聞きました。



――バンド結成のきっかけ

こもり校長:KOTORI先生は、2014年に埼玉県越谷市で結成されました。どのようなきっかけで結成されたのですか?

横山優也(Vo./Gt.):今のドラムは(細川)千弘なんですけど、その前は田代というやつだったんです。そいつと僕が大学の同級生で、軽音部で出会ったんです。ベースの佐藤と田代も中高が一緒で……。

佐藤知己(Ba.):栃木の中高で一緒でした。

横山:それで「3人で一緒にやろうか」という話になって、バンドがスタートしました。僕はバンドをやるために上京したので、やりたくて仕方なくて!

こもり校長:一緒にやるのに条件はあったんですか?

横山:なんか……前向きなやつというか(笑)。

COCO教頭:大事ですね(笑)。

横山:コピーバンドで終わっちゃうバンドもいて……。僕たちもコピーバンドからスタートしたんです。佐藤は大学が違うんですけど、大学内でもコピーバンドをやっていて「オリジナルをやりたいね」と言って始めました。

佐藤:前のドラムの田代に、高3のときに「大学に行ってもバンドをやろうよ」と言われて。「だったら関東の大学を受験するか」と思って、センター試験を頑張りました。

こもり校長:そうなんですね! 19歳のときには、(10代アーティストの夏フェス)『未確認フェスティバル』にも出たんですよね?

横山:上坂が入ったころだったよね?

上坂仁志(Gt./Cho.):(バンド結成から)1年後に入ったんですけど、ちょうどそのタイミングで「未確認フェスティバル」に応募しました。

――音楽との出会い

こもり校長:みなさん出身がバラバラですけど、音楽はいつごろからやられているんですか?

横山:僕は宮崎県出身なんですけど、軽音部がなかったんです。なので、バンドがやりたい前向きな気持ちのやつとやるしかなくて……(笑)。BBQ PARTYというバンドでギターを弾いていました。『閃光ライオット』にも出て、2次までいきました。

COCO教頭:BBQ PARTYで!? そうだったんですね!

横山:野球をやっていたんですけど、やめてバンドをやりたくて。『閃光ライオット』は“バンドの甲子園”と書いてあったので、親に「こっちの甲子園を目指す!」って言ってバンドを始めました(笑)。

こもり校長:細川先生は?

細川千弘(Dr./Cho.):僕はバンドより前に、中学のときは吹奏楽部だったんです。バンドよりも“ドラムを叩きたい”気持ちが先行して楽器を始めたんですけど、兄貴の影響でロックバンドを知りましたね。

こもり校長:当時、影響を受けたアーティストは誰ですか?

細川:RADWIMPSとか……からバンドに入って、それこそ『閃光ライオット』初代グランプリのGalileo Galileiはみんな好きですね。CDも買っていました。

こもり校長:みなさんは、「こういうバンドになりたい!」というのはありましたか? 憧れとか?

横山:憧れ……結構バラバラだもんね。

こもり校長:好きなものがバラバラの場合は、どうやって意見をまとめるんですか?

細川:大事にしているのは……「こうなりたくない」が合っていることですね。好きなものはそれぞれでも、「こうなりたくない」「これは嫌だ」が合っているほうが大事だと思うんです。そこで意見をすり合わせますね。

こもり校長:“こうなりたくない”バンド……。

細川:深掘りはやめましょう!!

COCO教頭:(笑)。

――どんな10代だった?

こもり校長:どんな10代を過ごされていましたか?

佐藤:僕も小中は野球部で、球ばかり追いかけていましたね。

こもり校長:“球ばかり追いかけて”(笑)。高校は?

佐藤:中3のときに『BECK』という映画を観て、レッチリ(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)とニルヴァーナを知って……高校では、友達とコピーバンドをやっていました。

こもり校長:レッチリのコピーバンドですか?

佐藤:9mm(9mm Parabellum Bullet)です。

こもり校長:9mm先生は難しくないですか?

佐藤:難しかったですね。楽譜を買ってやっていましたね……という10代でした。

こもり校長:上坂先生は?

上坂:10代……中学生のときは、生徒会長をやっていましたね。圧倒的な得票数だったんです。大差で!

COCO教頭:ぶっちぎりで(笑)。

上坂:ぶっちぎりでしたね(笑)。

こもり校長:そのころは、もう音楽はやっていたんですか?

上坂:やっていました。中3の文化祭で、バンドで1曲披露しました。人前で演奏したのは、そのときが初めてです。

こもり校長:そのころから、バンドに憧れていたんですか?

上坂:そうですね。高校ではライブハウスに行って、地元の先輩に音楽を教えてもらったりして、バンドにのめりこんでいきました。

こもり校長:人それぞれの入口がありますね。



KOTORIは、5月29日(水)にニューアルバム『KOTORI』をリリース。この日の放送ではライブもおこなわれ、電話をつないだリスナーの心情に寄り添った楽曲を生演奏で披露しました。

----------------------------------------------------
5月28日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月5日(水)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/
SCHOOL OF LOCK!
放送局:TOKYO FM
放送日時:2024年5月28日 火曜日 22時00分~23時55分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

ティモンディがパーソナリティを担当 BOATRACE振興会 presents コラボレート・ニッポン 『やればできる!華麗な転身Q&A』 放送決定

深夜ラジオの代名詞、ニッポン放送『オールナイトニッポン』(毎週月~金曜深夜1~3時)内で、深夜2時台に放送中の月替わり企業コラボコーナー「コラボレート・ニッポン」。7月1日(月)~26日(金)の4週間は、ティモンディがパーソナリティを担当する。

ティモンディ

ティモンディとBOATRACE振興会のコラボレーション 7月1日(月)~7月26日(金) 月~金曜「オールナイトニッポン」内 深夜2時30分頃~3分間

「ボートレーサーになるための応募をもっともっと増やしたい!」というBOATRACE振興会からの依頼を受け、7月のコラボコーナーでは『やればできる!華麗な転身Q&A』を実施。ボートレーサーは、平均年収1900万円、優勝賞金最高1.1億円、しかも15歳以上・未経験から男女関係なく目指すことができるプロアスリートである。本企画は、7月1日より始まるボートレーサー募集にちなんで、パーソナリティのティモンディも高校球児からお笑い芸人になるという“転身”を遂げたことから、『やればできる!華麗な転身Q&A』と題し、様々な経歴を持つリスナーから「この趣味・特技を活かしてボートレーサーに華麗な転身できますか?」という質問を募集する。

そんな「コラボレート・ニッポン」で紹介されたメール応募者全員に、「BOATRACEオリジナルグッズ」をプレゼント。今、将来の目標を決めかねている人、転職先を探している人、進学先に悩んでいる人、様々な環境にいる人たちに是非、聴いてほしいコーナーになっている。

本企画では番組と連動した特別オリジナル動画配信とX(旧Twitter)キャンペーンも実施。応募者の中から抽選でプレゼントが当たる!

なお、 ボートレーサー養成所では7月1日(月)~9月6日(金)、2025年4月入所の訓練生を募集する。詳しくは、『新ボートレーサー募集』で検索!!

BOATRACE振興会 presents コラボレート・ニッポン 『やればできる!華麗な転身Q&A』

【BOATRACE振興会 presents コラボレート・ニッポン 『やればできる!華麗な転身Q&A』概要】
放送日程 :2024年7月1日(月)~2024年7月26日(金)
放送時間 :月曜~金曜 深夜2時30分頃~3分間 ※事前収録
コラボパートナー:ティモンディ(高岸宏行・前田裕太)
放送局:ニッポン放送をキーステーションとする全国36局ネット
番組メールアドレス:boat@allnightnippon.com
特設サイト:https://www.allnightnippon.com/boat/
ボートレーサー 募集サイト:https://info-boatrace.jp/

Facebook

ページトップへ