BE:FIRST リーダーをつくらない理由とは? RYOKI「メンバーそれぞれが自立しているから、話し合いができる」

きゃりーぱみゅぱみゅがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~」(毎週日曜12:30~12:55)。この番組では、きゃりーが自身の趣味や興味のあることについて語ったり、いま輝いているゲストをお迎えしたりしながら、さまざまなエピソードを1冊の本に見立て、紐解いていきます。今回の放送では、7人組ダンス&ボーカルグループ・BE:FIRSTのJUNONさんとRYOKIさんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)JUNONさん、パーソナリティのきゃりーぱみゅぱみゅ、RYOKIさん



◆2人は似たもの同士?

BE:FIRSTのメンバーとは何度か会ったことはあるものの、面と向かってじっくりと話すのは今回が初めてというきゃりーは、2人の登場を前に「どんな話が聞けるのかとても楽しみです」と胸を躍らせます。

そして、JUNONさんとRYOKIさんの登場とともに、まずは自己紹介をしてもらうことに。

4月26日(金)に25歳の誕生日を迎えたばかりのRYOKIさんは、「20代後半になってきちゃうこともあり、やりたいことや叶えたい夢がたくさんあるので、若いうちにやりたいことをやっていきたいと思いながら最近過ごしています」と自己紹介。以前からずっとやりたいと思いつつも、まだ叶えられていないことのひとつとして「スカイダイビング」を挙げます。

とはいえ、もともと高いところが好きというわけではなく、「ジェットコースターも大人になるぐらいのタイミングでやっと乗れるようになったんです」と告白。「だけど、男たるもの“空を征服したい”みたいな(笑)」とその理由を明かします。

そんなスカイダイビングの話題から、知り合いがスキューバダイビングのライセンスを取得したことを思い出したというJUNONさんは、「ウミガメとかリアルで見てみたい」と願望を口にします。

和気あいあいとした雰囲気でトークが弾むなか、今回は「個性の磨き方」をテーマにトークを展開。

まずはお互いが思う魅力的な部分を尋ねると、JUNONさんは「彼(RYOKI)はすごく真っ直ぐなんですよね」と即答。対して、RYOKIさんは「JUNONは、7人を見たときに一番離れた性格のように見えるけど、実はすごく近いかもしれない」と言います。

どういう部分が“近い”と感じるかというと、「JUNONもすごく真っ直ぐ」と笑うRYOKIさん。そんな2人のやり取りに、思わずきゃりーは「何だよ、どっちも真っ直ぐなんじゃん(笑)。2人とも、(真っ直ぐすぎて騙されないように)気をつけて」と案じる場面も。

RYOKIさんいわく、“こう”と決めたら曲げない性格は2人して似通っていたこともあって、オーディションでの合宿で意気投合し、「JUNONは最初に仲良くなったメンバーですね。(グループ結成前から)2人でドライブに行ったりしていました」と話します。

そんな性格もあって、自身の強みについては「あまり人の意見を飲み込まないかも(苦笑)。そこは、良くも悪くも強みなのかもしれない」とJUNONさん。これを受けて、RYOKIさんは「良くも悪くもじゃなくて、良いんだと思う。結局、人生はその人の選択によると思うし、それが悪いって“誰が決めるの?”って。自分が後悔することがあっても、それはそれで学びになるし、何でもかんでも“ポジティブに捉えれば良くね?”みたいな。っていうのが、俺らじゃない(笑)?」と笑顔をのぞかせます。


(左から)パーソナリティのきゃりーぱみゅぱみゅ、JUNONさん、RYOKIさん



◆個性の強さが自分たち7人の強み

ここできゃりーから「メンバーが7人いて、それぞれの個性が強いと、グループをまとめたり、まとまったりするのは大変じゃないですか? みなさん、すごく仲が良いですけど、そこのバランスってどうしているんですか?」との質問が。

JUNONさんが「まとまってはいないですね。まとめないです、逆に」と答えると、RYOKIさんも「まとめたら終わりというか、まとめちゃいけないんだと思います」とうなずきつつ、そう語る理由について言及します。

RYOKIさんは、「それこそ最初にグループができたときもリーダーをつくらなかったし、(メンバー)それぞれが自立しているから、(リーダー的まとめ役がいなくても都度)話し合いができるというか。ちゃんと7人で話し合って、それをSKY-HIさんや会社に提出することが自前でできてしまうのが、僕たちの強みだと思う」と自己分析。

さらには「(メンバーそれぞれが)まとまらなかったとしても、各々をリスペクトするというか。全部がゼロヒャク(0-100)で答えを出す瞬間でないときもちゃんとつくるし、きちんと選択をしなきゃならないときは7人でちゃんと話し合っています」と明かしました。



また、フリートークでは、きゃりーが「もし、1日お休みだったらどう過ごしますか?」と質問を投げかけると、2人して「(1日だけじゃ)足りないよ~!」と本音が。

“自然が大好き”というRYOKIさんは、「温泉とか避暑地とか。(普段は)都心にずっといるから、人が少なくて自然のあるところでそっとしてほしい、みたいな(笑)。静かな場所で、川のせせらぎを聞きながら温泉に入りたい。ペットも一緒にコテージに連れて行くのもいいね」と話すと、JUNONさんも「(休みが1日だけなら日帰りで)温泉に行って星を見て帰ってくるのもいいかも」と次々に妄想が膨らんでいく2人でした。

2週に渡るJUNONさんとRYOKIさんとのトークを振り返り、きゃりーは「今回はいろいろとプライベートなお話が聞けてよかったです。2人ともアウトドアだったり緑が好きだったりと共通点もあって。(忙しそうなので)休めるときにゆっくり休んでほしいなと思いました」と話していました。

次回6月2日(日)のゲストは、女優の本田望結さんです。

<番組概要>
番組名:CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~
放送日時:毎週日曜 12:30~12:55
パーソナリティ:きゃりーぱみゅぱみゅ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/heart/
タグ

伊藤美来、高橋李依 アニメ『夜のクラゲは泳げない』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
6月15日はゲストに伊藤美来さん、高橋李依さんをお迎えして、TV『夜のクラゲは泳げない』特集をお送りしました。

伊藤さん演じる「光月まひる」は、どんなキャラクターなのでしょうか?「海月ヨルとしてイラストレーターで活動している子なんですけど、輝きたいな、変わりたいなって思っている。そんな時に李依ちゃん演じる花音ちゃんに出会って、JELEEのイラスト担当になるんです。私はお絵描き、凄く不得意です…(伊藤)」

高橋さん演じる「山ノ内花音」は、どんなキャラクターかというと「ちょっとした事件を起こしてしまって、アイドル辞めちゃうんです。そんな自分でも表現したいことがあるからとJELEEという匿名アーティスト活動を始めた人間で。自分の大好きな絵を描いてくれるヨル先生にお願いしたいとタッグを組み始めたところから物語が始まるんです(高橋)」

“それぞれキャラクターと似てると思うところは?”と聞いてみたところ「私、美来ちゃんのツッコミの仕方がめちゃくちゃ“まひる”だなって思ってて(高橋)」「確かに絶妙なテンションで突っ込む。なんか静か過ぎず、張り過ぎず。私のツッコミが“まひる”にだいぶ出てるかもしれない。オーディションで“まひる”のイラストと内容を見て、“私かも”と思っちゃうくらい。この子だと思いました(伊藤)」

アフレコ現場の雰囲気はどうだったのでしょうか?「こういうふうに演じたいなという思いを汲み取ってくれる現場です。どこのシーンも生きてきたなという感じ(高橋)」「それぞれの生き様がそこにある感じがしましたね(伊藤)」「富田美憂ちゃん演じる渡瀬キウイ、そして島袋美由利ちゃんが演じる高梨・キム・アヌーク・めい。JELEEのメンバー4人は基本的に一緒でした(高橋)」

そんな匿名アーティスト・JELEEのミニアルバム『JELEE BOX』が6月26日に発売されます。40mPさんが作詞、作曲、編曲を担当。「作中でJELEEちゃんが書いたというお話になっているので、40mPさんもJELEEちゃんになって書いているんです。私もJELEEちゃんが選んだ言葉、伝えたい言葉を、咀嚼してからじゃないと歌えない、なんか頂いた歌詞というのではなくて、セリフの延長線上で歌わせてもらってるなって感覚もありました。40mPさんが機材や環境、状況を作中のみんなにリンクさせながらベストな形を目指して、彼女たちの機材だったらどうするって考えてくれたんです(高橋)」

楽曲に対する印象も伺いました。「40mPさんが作詞、作曲、編曲、全部やってくれているので、理解度が追いつかない自分が悔しくて…花音なのに!(高橋)」「JELEEの良さっていうのは、お話ありきの楽曲なんです。だからミュージックビデオもみんながそれぞれ努力して成長した過程が映っていたりするし、花音の思いとかも話を見ないと分からない。リンクが素晴らしいなっていつも思ってます(伊藤)」

終始仲良さそうに、楽しそうに話してくれた伊藤美来さんと高橋李依さん。「夜のクラゲは泳げない」はお二人にとってどんな作品になったのでしょうか?
「この時代に届けたい思いがたくさん詰まってる作品になっております。見て頂いた人に絶対に刺さるセリフあると思いますので、ぜひ届いたらいいなと思っております(伊藤)」「自分の中の大好きを1個増やしてくれてありがとうの気持ち。ヨルクラ大好きになれて良かった!(高橋)」

Facebook

ページトップへ