佐久間宣行「ゴッドタン 芸人マジ歌選手権」収録直前に発覚した“人生最大のピンチ”とは?「すべての番組プロデューサーに電話して…」

山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」(毎週月曜~木曜13:00~14:55)。6月6日(木)の放送は、テレビプロデューサーの佐久間宣行(さくま・のぶゆき)さんをゲストに迎えお送りしました。


(左から)パーソナリティの山崎怜奈、佐久間宣行さん



◆佐久間宣行の人生最大のピンチ

今週はラジオ局の垣根を越えてお送りする「ラジオフレンズWEEK」。この日のゲストの佐久間さんは、ニッポン放送「オールナイトニッポン0(ZERO)」(毎週月曜〜木曜27:00〜28:30、毎週金曜・土曜27:00〜29:00)で水曜のパーソナリティをつとめています。

この日も朝4時半まで同番組の放送があった佐久間さん。ラジオパーソナリティ以外にも、本職のテレビプロデュースなど多忙を極めているだけに、れなちは佐久間さんの体を心配しますが、「もともとテレビマンなので、そこそこの激務は慣れているんですけど(テレビ東京から)独立したときに、怖すぎて仕事を受けまくり、それが今、ボディーブローのように効いています(苦笑)」と現状を吐露。

また、この日の番組メールテーマ“ピンチの乗り越え方”を伺うと、まずは佐久間さんが経験したなかでの“人生最大のピンチ”について、「『ゴッドタン 芸人マジ歌選手権』(テレビ東京系)っていう特番を毎年やっているんですけど、5年か6年前かな、その番組を収録する3時間前くらいに、ADさんが(収録用の)テープを発注し忘れて、スタジオに1個もないことが分かって(苦笑)。結局(テレビ東京が放送する)すべての番組プロデューサーに電話してかき集めたんですけど、あのときは一番震えましたね(笑)」と語ります。

ちなみに佐久間さんは、ミスをしたADさんを叱ることなく「むしろ“次どうすればいいか”と考えていましたね」と話すと、れなちも「佐久間さんは怒っている印象があまりない」と言及。

とはいえ、佐久間さんでも怒ることはあるそうで、「(『ゴッドタン』のMCである)おぎやはぎや劇団ひとりには怒ります。ときどき、オンエアもできない自分たちだけが楽しいくだりを1時間やったりするので、それはたまに怒ったりしますけど、それぐらいですね」と明かしていました。

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/
山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送局:TOKYO FM
放送日時:2024年6月6日 木曜日 13時00分~14時55分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ