マツコ「全力疾走する最後のチャンス」「この5年とかが最後の力を振り絞れるタイミング」今後の展望を語る

TOKYO FMとJFNが運営する音声サービス「AuDee(オーディー)」の新番組「『鞘師里保とこれからの時間』presented by明治ブルガリアヨーグルト」(毎週水曜18時配信)。歌手、俳優として幅広く活動中の鞘師里保が、リスナーの「これから」を応援するため、さまざまなゲストを招き、リスナーから寄せられたメッセージを紹介します。

初回となる5月15日(水)の配信では、マツコ・デラックスさんをゲストにお迎えしてお送りした、5月12日(日)放送の TOKYO FMサンデースペシャル「『鞘師里保とこれからの時間』Presented by 明治」の模様をお届けしました。この記事では、鞘師が敬愛するビヨンセとパフォーマンスについて語り合い、マツコさんが今後の展望などについて語ったパートを紹介します。


(左から)マツコ・デラックスさん、鞘師里保



歌手、俳優とマルチに活躍する鞘師里保の番組がスタートしました。番組では、リスナーの“これから”を応援するため、さまざまなゲストを招いたり、リスナーから募集したメッセージを紹介していきます。

記念すべき初回配信は、鞘師がかねてより対話を希望していたマツコ・デラックスさんをゲストにお迎えしました。鞘師にとってマツコさんは、モーニング娘。の活動初期から応援してくれていて、いつかじっくりと話してみたいと思っていた存在。この記事では、そんなマツコさんとのトークの模様をテキストで紹介します。



マツコ:鞘師はビヨンセが好きって言っていたじゃない? でも、ビヨンセもそんなに押しが強くないじゃない? だけど、あの人のパフォーマンスって押し以外の何物でもないよね。

鞘師:元気になりますよね。

マツコ:ビヨンセって普段はすごくチャーミングで大人しめな人じゃない? だけど、ビヨンセのことを弱々しい人だなんて誰も思わない。勇ましい女の代表ぐらいにみんなは思っているじゃん。でも、ビヨンセって何か主義主張を訴えたりするタイプではないよね。

鞘師:したたかな?

マツコ:そこで“したたか”という言葉が出てくる人間は、きっとしたたかな人間よ(笑)。鞘師はもっと強靭に、したたかになればいいのよ。鞘師はパフォーマンスでも“いい人感”が出るのよ。アイドルのときはいいけど、今は違うんだからさ。

鞘師:そうですよね(笑)。これからもっとしたたかになっていきたいです。



鞘師:マツコさんの今後の展望は何ですか?

マツコ:50過ぎたオッサンに今後の展望を聞くのね(笑)。

鞘師:興味があるんです(笑)!

マツコ:本当のことを言うと、全力疾走する最後のチャンスだと思っているのよ。60歳を過ぎてくると精神力や体力がなくなってくると思う。この5年とかが最後の力を振り絞れるタイミングだと思っている。

鞘師:これから考えていることはあったりしますか?

マツコ:SNSを含めて“新しいもの”は得意ではないから、そうじゃない人間がこれからの時代に何かを発信していくときにどんな方法があるんだろうって。私自身もよくわかっていないのよ。もしかしたら今、鞘師より迷っているのかも。

鞘師:ええ~!?

マツコ:ホントよ。あんたなんて今夢や希望しかないだろうに(笑)! これから何でもできるよ。鞘師には本当に頑張ってほしい。うまくやろうと思っちゃダメよ。それがあんたっぽいからね。

鞘師:好きにやってみます!

番組では他にも、マツコさんが“目標をアップデートする大切さ”などについて語る場面などもありました。

----------------------------------------------------
音声版「鞘師里保とこれからの時間」マツコ・デラックスさんゲスト回
----------------------------------------------------

<番組情報>
番組名:「鞘師里保とこれからの時間」Presented by 明治ブルガリアヨーグルト
配信日時:毎週水曜 18:00配信予定
パーソナリティ:鞘師里保
タグ

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ