江原啓之「幸せな人は意地悪をしない」「意地悪なことを言う人たちも不幸なんです」特別支援学校に通う息子と環境に悩む相談者にエール

スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめ、番組パートナーの奥迫協子とお送りするTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。

6月9日(日)の放送では、リスナーから届いたさまざまな相談に、江原がアドバイスを送りました。

江原啓之



<リスナーからの相談>
私には7歳の息子がいます。息子には、知的障がいとASD(自閉スペクトラム症)があり、感覚過敏が強く、マスクができません。

コロナ禍は「マスクしていない子がいる」と苦情もあったので、長期で幼稚園を休んだり、外出を控えたりしていました。現在は小学生になり、特別支援学校に通っていますが、今もマスクができないので、咳が出るときには学校を休んでいます。

周りからもマスクの着用を促されますが、息子にマスクをしてもらいたいと一番思っているのは私なのに……。それが伝わらず、周りから「親が変」と言われるのが、かなりつらいです。こんなにも子どもに振り回される人生って、生きていていいことがあるのかな……と思ってしまいます。毎日仕事に行き、時々飲みに行って遅く帰ってくる夫がうらやましいです。

<江原からの回答>
江原:相談者さんは疲れてしまっているのでしょう。「周りなんて気にせずに……」と言われたところで、「そうは言っても、私の毎日の大変さを分かる!?」と思ってしまうのではないでしょうか。くたびれちゃっているだけで、きっと分かってくださるとは思います。大変ですよね。あなたはよくやっていますよ。

「息子にマスクをしてもらいたいと一番思っているのは私なのに……」なんて、思う必要はありません。ときどき旦那さんに代わってもらって、あなたも飲みに行ったらどうでしょうか。あなたにはまず、癒やしが必要です。十分に癒やし終わったら、もう少ししっかりしましょう。あなたがブレていてどうするのですか。息子さんが悪いわけではないでしょう。だって過敏なのは仕方がありませんし、嫌がるのでしょう? それならば咳をしているときは、学校を休ませればいいじゃないですか。

周囲から「親が変」と言われるそうですが、他の親御さんも同じく特別支援学校の人たちなんでしょう? その人たちがそんな偏見を持っていてどうするんですか、と思ってしまいますよ。まずはあなたが子どもを守ってあげないと。だからそういうことで、グラグラ揺れてしまってはいけません。あなたが疲れてしまっているなら、それは大変なので癒してください。そこを責めるつもりはありません。

相談者さんはきっと、ノイローゼのようになってしまっているのですね。あまり良い環境ではないのかもしれません。「幸せな人は意地悪をしない」ので、「親が変」だと言っている人たちも不幸なんです。愛のない環境なのかもしれません。だから相談者さんも、息子さんや旦那さんのことを一番に考えて、あなた自身が愛に満たされた暮らしができる方法を考えるほうが良いですよ。

まして、今だけ見ていちゃダメです。人生は長いのだから、自分たちの幸せはどうしたら良いかな? ということを、旦那さんとも話し合ってください。そうすれば周りの声は気にならなくなります。人を気にしてばかりいたら生きられませんよ。

奥迫協子、江原啓之



●江原啓之 今夜の格言
「人は愛の電池で生きています」


----------------------------------------------------
6月9日(日)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 6月17日(月)AM 4:59
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25、エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
出演者:江原啓之、奥迫協子
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/
Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送局:TOKYO FM
放送日時:2024年6月16日 日曜日 22時00分~22時25分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ