ユーミン、松任谷正隆と“パフェ愛”を語る「未来志向なので、とにかく前に進んでいきたい。そのためにはパフェ活が欠かせないんですよ(笑)」

松任谷由実がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Yuming Chord」(毎週金曜11:00~11:30)。6月28日(金)の放送では、この日の「パフェの日」にちなんで「パフェ」をテーマにトークを進行。松任谷正隆さんをゲストに迎えて、よつ葉乳業の新作パフェのグルメレポートや、松任谷正隆さんのバンドSKYEの近況などについて伺いました。


(左から)松任谷正隆さん、パーソナリティの松任谷由実



◆新商品のパフェをいち早く味わう!

7月13日(土)より、よつ葉乳業は東京の恵比寿ガーデンプレイスにて直営店の「よつ葉ミルクプレイス」をオープンします。店舗ではよつ葉牛乳・乳製品の全商品のほか、一部業務用製品も購入することができます。

小野:「よつ葉ミルクプレイス」で販売されるパフェも、いち早くご用意しましたので、こちらもぜひ召し上がっていただきたいです。

ユーミン:かわいい!

小野:こちらは「苺&木苺のミルフィーユパフェ」で、よつ葉のソフトクリームに苺と木苺を組み合わせました。上には店内で焼き上げたクロワッサンをトッピングしております。サクッとした香ばしいミルフィーユ仕立てにしております。

ユーミン:美的に素晴らしいです。色味がそうだからか、いい意味でイタリアっぽい雰囲気がする。おいしいです!

松任谷(正):おいしいね。これを表現してごらん?

ユーミン:冬の森のなかでふと出会った木苺(笑)。

松任谷(正):夏なのに、冬のおとぎ話を聞きましょうみたいな感じだね。僕はこのパフェすごく好みです。

ユーミン:あいだに入っているレモンのジュレがいいコントラストを出しています。

小野:レモンジュレもピールが入っているので果実感があります。他にも、苺とラズベリーを使用したコンポートも入っておりますので、乳製品の濃厚なコクと爽やかな酸味とのバランスが取れたパフェとなっております。

ユーミン:パフェに溺れたい。

松任谷(正):すでに溺れているじゃないですか。2つも並べて(笑)。

ユーミン:溺れていますよね(笑)。小野さん、本当にありがとうございました! 新しいお店にもぜひ伺いたいと思います。

◆これからも新しい挑戦を重ねていきたい

続けてユーミンは、「Yuming Chord」に初登場した松任谷正隆さんと、最近の活動について語り合いました。

ユーミン:「SKYE」について聞きたいんだけど、鈴木茂さん(Gt)、小原礼さん(Ba)、林立夫さん(Dr)、松任谷正隆さん(Key)のメンバーにより結成されたバンドですね。

松任谷(正):はい。セカンドアルバム『Collage』を制作しておりまして、ミックスがほぼ終わりました。7月24日(水)に発売されます! そして、ライブもやります。7月26日(金)が「ビルボードライブ横浜」、31日(水)が「ビルボードライブ大阪」、8月4日(日)が「ビルボードライブ東京」です。

ユーミン:ライブはどこかの日程で遊びに行きます! SKYEの活動が本格的になってきましたね。詳細はSKYEのオフィシャルサイトでチェックしてください。それと、今後の予定としては松任谷由実、40枚目のオリジナルアルバムを制作中だね!

松任谷(正):それも大変なんですよ。

ユーミン:でも、大変なことがあるって幸せだね。

松任谷(正):新しいトライをいろいろやっているからね。最新のことをやりたいから。

ユーミン:いろいろと話せることが増えてきたら、たまに「Yuming Chord」に呼び出そうと思っています(笑)。SKYEもユーミンも未来志向なので、とにかく前に進んでいきたい。そのためには、パフェ活が欠かせないんですよ(笑)。「Yuming Chord」、思いがけず現れた今日のゲストは……。

松任谷(正):松任谷正隆でした。お邪魔しました。

<番組概要>
番組名:Yuming Chord
放送日時:毎週金曜11:00~11:30
パーソナリティ:松任谷由実
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/yuming
タグ

SixTONESのラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』の魅力

来年でグループ結成10周年、CDデビュー5周年を迎える6人組アイドルグループ・SixTONES。7月10日(水)には、通算13枚目のシングル「GONG/ここに帰ってきて」をリリースしました。

当記事では、SixTONESがパーソナリティを務めるラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)の魅力を、過去の放送エピソードとともに深堀りしていきます。

Facebook

ページトップへ