“バスタオルは家族共有”に批判殺到! 「我が家のルール」エピソード集

6月26日(水)放送のTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」で取り上げたTFM+コラム「これってウチだけ? 我が家のルール」。後にYahoo!で配信したところ、コメント欄には多くの意見が寄せられました。今回は、そのコメント欄からピックアップした興味深い意見と番組に寄せられたリスナーのご意見を、パーソナリティをつとめるたかみなのコメントとともに紹介します。


※写真はイメージです



まずは、番組に寄せられたリスナーさんのご意見を紹介します。

「家で餃子を食べるときのタレは、とんかつソースです。私は30年ぐらい前からソースだったので、今でも変わりませんね。最初は家族には不評でしたが、今では餃子と言えば自然にテーブルの上にとんかつソースが置いてあります。みなみちゃんも騙されたと思って試してみてね!」

このメッセージに、たかみなは「全然アリだと思いますよ! ちなみに私は、カツ丼に生クリームをかけて食べていた時期がありました(笑)。無糖の生クリームは合いますよ! みんなからは『嘘でしょ!?』って言われるけど、本当です!」とコメント。カツ丼に生クリーム……試してみたい猛者は、ぜひ!

また、リスナーさんから以下のようなご意見も寄せられました。

「我が家では、親子間でも子ども同士でも、何かしてもらったら『ありがとう』、嫌なことをしてしまったら『ごめんね』と気持ちを伝えています」

たかみなも「これは大事。『ありがとう』とか『ごめんね』って、言い慣れていないと、ふとしたときに出てこないんですよ。なので、子どものうちからルールとして、ちゃんと言えるようにしておくことは、すごく大事なことだと思います」と話していました。家族の間でも、感謝と謝罪をきちんと伝えることって必要なことですよね。

次に、Yahoo!のコメント欄に寄せられたご意見を紹介します。最も多かったのは、バスタオルの使い回しについてのご意見です。

「旦那と息子が風呂上がりに下半身をパンパンしたバスタオルで、私も体を拭くくらいなら……“風呂は入らない方がマシ!”と思うくらいイヤだ」

ほかにも、「旦那の×××を拭いたバスタオルでは、顔を拭けない……」という奥様は多数いました。まあ、具体的な部位を考えると確かに……。

「すごいなぁ……家族でバスタオルの使い回し。1人1枚使用で、毎日洗濯が当たり前の環境なので、不潔すぎて気持ち悪い。洗濯が大好きなので、普通に1日2回とか回します。洗濯機が洗ってくれるし、すごく楽な家事だと思いますがね〜。家庭によるのですね」

大人数の家族で、しかも男の子が多かったりすると、週末5~6回洗濯機を回しているお宅もありますよね。洗っても洗っても、次から次に出てくる部活ジャージと汚れたソックス。洗濯を少しでも軽減したい……という思いで、バスタオルを洗わないご家庭もあるのでしょうか。

また、“バスタオルは1人1枚、毎日洗濯派”からは、全否定のご意見が多数寄せられました。

「汚いなあ! 風邪やインフルエンザ、または皮膚病……家族が1人伝染病になれば、全員感染しますよ! 万が一、それがエボラならアウトブレイクですよ!!」

一方、“バスタオル使い回し派”からのご意見も、少数ながら寄せられました。

「婚家でも、バスタオルは使い回しでした。1枚で、夫、舅、姑、大舅、大姑。しかも、体を洗うタオルも使い回し! 最後の人は、そのタオルで風呂のタイルを拭く。そして、それを翌日また使う。破れるまで延々と……。当然、気持ち悪くて私は使わなかったけど変なルールだったな(離婚したので過去形)」

大家族での使い回し……もはや旧家の伝統のような感じすら漂ってきます。しかし、離婚したと言うオチに、バスタオル問題の根深さ(!?)を感じます。

「バスタオルのルール、わかるわー(笑)。うちも実家がこれだった。結婚後、我が家では、夫と娘は毎日新品を1枚ずつ使っていますが、私は今も、自分のタオルだけ干しておいて、洗濯は週1です。別に健康を害してないし、洗濯物が増えるほうがストレスなので、これでいいと思っている」

実家のバスタオル共有は、婚家のソレよりは辛くないような。いや、意味のない比較ですけど。

「ようやく一人暮らしになって解放されたけど、実家ではバスタオル1枚を全員で使い回していたからスッッッッゴク苦痛だった。こっそり新しいタオルを使って、それがバレるとネチネチ言われるし。『菌なんて、そんなすぐに繁殖しない!』とか言われたけど、精神的に無理! 洗濯は自分でやるので、『使い回せる人だけでやって!』って思う」

実家のバスタオル使い回しから逃れて、清潔で乾いたバスタオルを1人で自由に使う喜び……想像すると、何だか、すごく気持ちよさそうですね(笑)。
家庭の数だけあると言ってもいい「我が家のルール」。聞けば、まだまだ驚きのルールがありそうです!

文/ガンガーラ田津美

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm
タグ

高級ハンドソープ、使わないスパイスでオシャレ感…みんなの“生活感の隠し方”

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。

5月14日(火)放送のテーマは「隠したい生活感」でした。「見せる収納術」や「ミニマリスト」という言葉にあるように、今の時代は洗練されたおしゃれなライフスタイルを過ごす、という方向に向かっています。そのなかで「生活感」はカッコ悪いという価値観も出てきていますが、生活感を隠すために実際どのような努力をしているのでしょうか。街の人に聞いてみました。

※写真はイメージです。



テーマ「隠したい生活感」

◆ゲストが来たら高級ハンドソープに変更

「普段は洗面所に歯ブラシとか基礎化粧品とかが置いてあるんですけど、人が来たりすると棚に一気にしまって物がない状態にします(笑)。あと、普段だったら100~200 円のハンドソープを使ってますけど、ジョー マローン ロンドンとかモルトンブラウンとか、海外のブランドものにします。

普段は絶対に使わないんですけどね。やっぱり最近の風潮って、子どもがいても全部完璧にっていう感じがあるじゃないですか。だから気にしますよね(笑)。それなりにやらないと、イケてない人みたいになるから」(35歳/女性/会社員)

◆スパイスを試験管に入れてオシャレ感を演出!

「キッチンまわりであれば、スパイスを試験管に入れ替えたりしてオシャレ感を演出しています(笑)。ナツメグとかベイリーフとか全然使わないんですけど、ほぼ見せる用で(笑)。既製品のラベルが並んでいるよりも統一感が出るので、買ってきた容器に移し替えてます(笑)。

コンビニとかで買った安いクッキーとかでも瓶に移し替えたらオシャレ感が出るので。限られた場所でどうやって住み心地の良さを追求するか。これが頭を使うトコですね。

過剰に気を使うといろんな物が目についちゃうので、人を家に呼ぶときに片付ける! っていうくらいのサイクルでやってます」(28歳/男性/自営業)

◆靴やバッグはハイブランドで

「洋服が好きで、ズボンとかはユニクロとかなんですけど、ほかをハイブランドにして、ズボンも高く見せてます(笑)。靴はバレンシアガ、バッグはグッチにして全体を高く見せるようにしてます。

靴下も、チラ見せするときだけいい靴下を履いて(笑)。ジャスティン・ビーバーの私服とかもコンビニに行くだけなのに、すげーなと思うくらいキメてるので(笑)」(20歳/男性/大学生)

◆ある程度の生活感は許しあいたい

「物を隠したい場所はリビングルームです! ゴチャゴチャ感が出ちゃうのでスッキリ見せたい。たとえば、野球関係の物。巨人ファンです(笑)。なかでもカレンダーがありまして、毎日の試合が一覧でわかるようになっていたり、選手のものを貼っていたり。

孫の家族が来るときは孫たちが広く遊べるようにしたいので、それを空いている別の部屋にブチ込みます(笑)。やっぱりスッキリしたお家は居心地がいいし! でも、長く居ると落ち着かなかったり緊張感があったりしますよね。

ゴミひとつ落とせないような感じで(笑)。だから、ある程度の生活感は許しあいましょう(笑)」(60代/女性/元グラフィックデザイナー)

◆カーテンでフィギュアを隠してます

「自分はフィギュア集めが趣味なんですけど、それを隠すためのカーテンがあったりします。鉄道とかが好きで、模型がずらーっと並んでるんですよ。でも、人が来たときに趣味が見えちゃうと、生活感が丸見えなんで。

これからアロマを買いに行こうとしてたんですけど、匂いも雰囲気作りに大事。バラとかお花系の香りを漂わせることによって生活感を隠してますね。いい生活してるんだなっていう、いいほうの印象をつけたいので(笑)」(20歳/男性/大学生)

【「生活感をなくす」のは日々の心地よさの演出】
街でみなさんの話を聞いていると、「隠したい生活感」とは「オシャレに変換したい(思われたい)部分」でもあるよう。また、自分自身が日々心地よく過ごすための工夫でもあり、生活感をなくすための努力にはそれぞれのこだわりも感じました。

「生活感」がダメなわけではありませんが、オシャレで洗練された生活を演出することは、だらけてしまいがちな日々の背筋を伸ばす、そんな行為なのかもしれません。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

Facebook

ページトップへ