ドナーの9割超「痛みなかった」骨髄バンクで“命のボランティア”

秋元才加とJOYがパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」。10月19日(土)の放送では、厚生労働省 健康局 難病対策課 移植医療対策推進室長の井口豪さんに、「あなたのサポートが必要です。命のボランティア 骨髄バンク」をテーマに話を伺いました。


秋元才加、JOY



骨髄バンクは、血液の病気で骨髄移植を求める患者のために、広く国民の方々からドナー登録者を募り、公平に骨髄を提供する機関です。現在、およそ50万人の方がドナー登録をしており、年齢別に見ると、40歳以下の若い世代の登録が少ない状況です。

井口さんは、こうした現状について「骨髄移植については、“詳しく知らない”、漠然と“怖い”“痛い”と思って、登録まで至らない方が多い」と言います。その一方で、白血病など重い血液の病気と診断され、骨髄バンクを通じて移植を必要としている患者は、年間2,000人以上。

そもそも骨髄とは、骨の内部に存在するスポンジ状の部分のことで、このなかにある骨髄液に、血液のもとになる細胞が多く含まれています。骨髄移植は、この骨髄液をドナーから採取して患者へ点滴で注入する治療法です。

骨髄移植のためには、「血液中の白血球の型が適合する必要があります。この型は数万通りあり、一致するのは兄弟姉妹で4分の1の確率しかなく、親子では稀にしか一致しません。さらに、血のつながっていない方では、数百から数万分の1の確率でしか一致しません。だからこそ、広く、多くの方にドナーになっていただきたい」と井口さん。

骨髄液は、全身麻酔をして腰の骨に針を刺して採取します。採取中は痛みを感じることなく、およそ1時間~3時間で終了します。痛みの感じ方には個人差があるものの、提供いただいたドナーへのアンケートによると、9割以上の方が麻酔が切れた後も「痛みがなかった」と回答しており、通常の場合、2~3日程度で退院でき、日常生活に戻ることができます。また、採取にかかる費用については、ドナーの負担はありません。

とはいえ、なかには全身麻酔に抵抗があるという方も。井口さんは、「全身麻酔をせず、献血のように腕に針を刺して、血液のもととなる細胞を取り出す方法もある」と言います。この場合、白血球を増やす薬をドナーに注射する必要があるため、トータルで約5~6日間の入院が必要となります。

井口さんによると、ドナー登録をしたものの、実際に提供の依頼を受けた時点で、辞退する方も多くいるそう。健康上の理由や、「会社を休むと職場に迷惑がかかるかもしれない」「いざ提供となると不安になった」などの理由のほか、提供には家族の同意が必要であるため、家族の理解が得られずに、提供を断念する方もいるようです。

このように、提供の依頼を受けた途中で辞退などが発生すると患者の治療が遅れ、新たに提供してくれるドナーを待っている間に、最悪の場合、亡くなってしまうことも。それだけに、「まず、骨髄バンク、骨髄移植について知るところから始めてみてください。また、皆さんの会社やご家庭に、ドナーに選ばれた方がいらっしゃったら、仕事や家事を休んで入院できるように応援してあげてほしい」と呼びかけます。

秋元が「家族や周りの人とそういう話をしなきゃ、と思った」と感想を口にすると、JOYも「みんなのサポートが必要。当たり前にこういう話が出るようになるといいと思う」と話していました。

ドナー登録の条件など、詳しくは「日本骨髄バンク」のWebサイトにてチェックしてみてください。


(左から)秋元才加、JOY、井口豪さん




----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年10月27日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:秋元才加とJOYのWeekly Japan!!
放送日時:毎週土曜11:00~11:25
パーソナリティ:秋元才加、JOY
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/japan/
タグ

渡辺美里 デビュー35周年を迎えて見えたのは「今を大事にすること」

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。11月11日(月)の放送は、歌手の渡辺美里さんが登場。デビュー35周年を振り返って感じる思いについて語ってくれました。


渡辺美里さんと坂本美雨


坂本:美里さんとこんなふうに、普通におしゃべりしているのがまだ信じられない。

渡辺:初期のころにレコーディングやツアーをずっと一緒にやっていたギタリストが、美雨さんが小さいころに住んでいたニューヨークのお家にお邪魔したときに、私のアルバムが(坂本の家に)並んでいるのを見たそうで、「ニューヨークで美里ちゃんのアルバムが見られるなんて!」って思ったって、いつも話してくれるんですよ。

坂本:自分も大人になって歌い続けて20年ほど経ってきたんですけれども、そのさらにずっと先を行く美里さんに、歌い続けることへの意識や“(昔とは)変わってきたな”と感じることを伺いたいです。

渡辺:スタートした時期には自分自身の“歌いたい”っていう、火の玉ガールみたいな意識があって。“上手に表現できない思いも、音楽に乗せたら伝わる”っていうのを、なんとなく子どものころから薄々気づいていて。“私が生かされる場所って、ここなんだ!”って思いでプロになりたくて、無我夢中で走ってきたんですよね。

それから10年くらいは、そういう“私!”って思いがあったんですけれど、少しずつ「渡辺美里の歌が聴きたい」「渡辺美里のコンサートが観たい」って言ってくださる方が増えてきて、それと同時に、一緒に音楽を作る人たちの意識っていうものが見えてきました。

「僕はアメリカが好き」「僕はブリティッシュが好き」って人たちとも活動して、いろいろ混ざってきたなかで「一番自分らしいものはこっちなんだけどな……」と思いながらも、遠心力でフワーっと回っているようなところもあって(笑)。

最初のころは自分の時間って、いくらでもあるように思えていたんです。でも、「人生長いよ」とは言われるけれど、人の人生って長いようであっという間なんだなって思ったら、“今”っていうのをものすごく大事に意識しながらツアーをやっていかなければいけないっていう気持ちになりました。

そう感じるようになったのは、ここ何年かのことですね。それが、デビュー当時と今とで大きく変わったところだと思います。

渡辺美里さんは現在全国ツアー「渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life Sweet Emotion Tour 2019-2020」の真っ最中。2020年1月1日には、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でのライブも予定しています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年11月19日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ