奥田民生が語る 上京前に感じた将来の不安とは

奥田民生さんが、12月5日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長が用意した、リスナーから届いた質問に答えました。その後編。
前編はこちら
中編はこちら



――リスナーから届いた質問
【この間、ユニコーンのライブに行きました。川西さんからバチをもらいました。とても嬉しかったです。大きくなったら、川西さんや民生ちゃんみたいな大人になりたいです。どうしたらなれますか?(8歳・男の子)】

奥田:8歳?! もう若いとかいうレベルじゃないじゃん(笑)。一桁……。

とーやま校長:8年前は、46歳ですか?

奥田:46歳のときに生まれた……こないだじゃん。

とーやま校長:“川西さんや民生ちゃんみたいな……”(笑)。

奥田:おい! 何で俺だけ“ちゃん”付け……(笑)。

とーやま校長:(笑)。“どうしたらなれますか?”ということですが。

奥田:えぇっとね(笑)……8歳だからね、何とでもなるね。やっぱ、30超えて言い出すヤツよりは、確率高いもん。

とーやま校長:(笑)。今、こんなことをしといたらいいよ、とかありますか?

奥田:バチをもらったんだから、ドラムをやってよ。まぁ、スティックね。たぶん、1本しかもらってないと思うけど(笑)。ギターを弾くでもいいし、俺らを見てくれたんだったら、真似してみてよ。

【僕はよく中途半端と言われます。好きなことはいろいろあるけど、本気で向き合うこともできずなかなか挑戦できません。どうすれば中途半端な自分を変えられるか教えてください。(18歳・男性)】

奥田:“中途半端”って、そんなことをよく言われるの?! 行動力に乏しいってこと?

とーやま校長:そうなんですかね? 思ってはいるけど、できない。

奥田:そうだね。だから、行動力のあるヤツと一緒にいりゃいいんだけどね、本当は。それだけでもだいぶ違うから。

とーやま校長:たしかに!

奥田:自分でやらなくていいのよ、苦手なことは。

とーやま校長:はい。

奥田:それは誰かにやってもらえばいい、っていう考え方もあるんで。そういう意味でも、いわゆるバンドみたいなものはいいと思うんですよね。

とーやま校長:僕はこれを読んだときに、『明日はどうだ』の歌詞「左か右かは何ひとつしらん」……とりあえず、行ってみたらいいんじゃない? というのが、パッと浮かびました。というのは、どうでしょう?

奥田:い、いいよ(笑)。いいと思います。

とーやま校長:ありがとうございます(笑)。

【10代のころは「20代なんて遠い未来の話だ」と思っていたのですが、気づけば20歳になっていました。しかし、何かが特に変わるわけでもなく日々を生きています。20歳になっても10代のころと変わらず単調な日々を生きていて、「果たしてこれでいいのだろうか」と思うことがあります。劇的な変化、刺激的な日々が欲しい。でもそのために何をすればいいのかわからないし、現状が嫌なわけでもないし。考えれば考えるほど、わからなくなってしまいます。民生先生は、20代のころにこういう不安に襲われたことはありましたか。また将来の不安について、どのように乗り越えてきましたか?(20歳・男性)】

とーやま校長:20代のころに、将来の不安ってあったんですか?

奥田:俺は20歳になったときは広島にまだいて……でもユニコーンは始まっていたかもしれないですね。バンド活動もしていて、専門学校に行ってたし……(質問者と)似たような感じだと思うんですよ。「東京に行ってデビューするんだ」っていう、こう……野望もそんなに無かったしね。でもあれよあれよというか、いつの間にかこんなことになって今に至る……って、一気に端折ってしまいましたけど(笑)。

とーやま校長:(笑)。

奥田:でも端折れるくらい、そのまま来ているんですよ。だから、「不安だな……」って思う前に、こうなった的なところもあるし。もちろん東京に出て行くときには、「通用するのかしら?」っていうね。「東京には、すごい人がいっぱいおるんじゃないか」……みたいな不安は、ちょっとはありましたよ。だけど、そんなこと言ってもやるしかないんで、やってたんですけれども……。

とーやま校長:はい。

奥田:でもこの人は、そのままいっても楽しいのかもしれないし。何か劇的に、その……変わるもんでもないからね。世の中……うん。宝くじくらいでしょ(笑)。

とーやま校長:(笑)。だから、別にそこまで求める必要もないし。

奥田:時々そういう気持ちになるのは、しょうがないんじゃないの?

とーやま校長:うん……例えばこの質問に対して、ご自身の曲で贈れるものはありますか?「オマエはこれを聴いとけ!」みたいな。

奥田:う~ん……何だ? うーーーん……あっ!『愛する人よ』……ぐらいかな?

とーやま校長:うぉっ!「簡単簡単ベリーグー/昔の夢は一応スター あんまり上手じゃないマイウェイ 一度宝くじ当たった」……!! でた(笑)。

奥田:おお! 素晴らしいわ(笑)。俺の頭の中のキャパは少ないなぁ(笑)。

とーやま校長:(笑)。「まわりのみんなにおごった」……おごってますよ!

奥田:おごってください! 宝くじを買え!!



最後には、とーやま校長からの依頼で、『人の息子』を弾き語りで披露した奥田さん。当時、受験生のために作られたというこの曲を、中3、高1のころに聴いたと話す校長もアコースティックギターで参加しました。奥田さんは、「この部屋で大声を出しちゃいけないんだぞ」と言いつつ、全国の受験生に向けて歌い上げました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年12月13日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月~木曜 22:00~23:55・金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/
タグ

ラジコで聴ける! ラジオ初心者のためのシーン別おすすめ番組

「ラジオに興味があるけど、どんな番組を聴いていいか分からない!」
「朝の通勤中にニュースを聴きたいけど、おすすめの番組ってあるのかな?」

今回は、ラジオ初心者の方が数多くの放送局や番組から自分に合った番組を見つけるヒントになるように、おすすめの番組をシーン別にご紹介します。

Facebook

ページトップへ