GENKINGが女性になって気づいたこと「ダイエットしても落ちない!」

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週木曜日は、文筆家の古谷経衡さんとお届け。2月20日(木)の放送では、GENKINGさんをゲストに迎え、お届けしました。

左から、古谷経衡さん、GENKINGさん、高橋みなみ



今週は「2020年 ターニングイヤースペシャル~私 変わります!」と題した企画を実施。冒頭からGENKINGさんは「私は……女になったの!」と告白。名前も田中元輝(げんき)から、田中沙奈へ改名したそうで、「すごく導かれているなって思ったことがあって……」とある逸話を披露します。

“蝶から蛹(さなぎ)になれない”という意味で、昔からGENKINGさんは“さなちゃん”と呼ばれていたそう。「当時はバカにされていると思っていたけど、親友や友達が付けてくれた“さな”が浸透していて。それでこの名前でスタートしたら、実はスペイン語で“元気な女性”っていう意味で。すべて意味があるんだって思った」と明かします。

GENKINGさんが心と体の性別が違うことに気づいたのは幼稚園のころ。その後、小学4年生のときの声変わりとともに“自分は違う”と完全に気づいたそうです。

家族にカミングアウトしたのはテレビに出たタイミングで、GENKINGさんいわく、それまでは気づかれていなかったそう。「女っぽいとは思っていても、まさかと思って絶対に気づいてない、そういうもの」と言います。

今は体も戸籍上も女性になり、「(日本国内でも海外でも)どこでも結婚できるの!」とGENKINGさん。ただ、戸籍変更や手術までの道のりは本当に大変だったそうです。まずは性同一性障害の診断書をもらうために幼少期からのことをすべて明らかにし、精神科の先生が診断・鑑定。そこで認められると病院探しが始まるのですが、GENKINGさんは性転換手術が進んでいるタイで手術を受けたそう。

タイでも間違いを防ぐために現地で何人もの精神科の先生の診断を受け、手術もものすごい痛さだったそうで、モルヒネがないと無理なレベル。「出産なんだと思って頑張った、自分で自分を産んだようなもの」とGENKINGさん。そして、激痛から目覚めると看護師さんが「おめでとう!」とお祝いしてくれたのが嬉しかったと言います。

GENKINGさんといえば、料理上手としても知られていますが、その意識もかなり変わり、「昔は“映える”ために小洒落たものを作っていたけど、男の人は意外とそういうのが好きじゃない。カレーやナポリタン、唐揚げ、ハンバーグ、王道がいい!」とキッパリ。

さらには、「好きな男のために得意な料理は“ロールキャベツ”とか“煮物”って言うけど、全然響いていないと思う。カレーと言えば完璧!」と主張。すると古谷さんも「煮物はボソボソするからね……カレーのほうがいいかな」と同意。勢いづいたGENKINGさんは、「男はいつまでたってもお子ちゃま。お子さまランチにあるものを作れば間違いない!」と断言します。

そんなGENKINGさんの“告白してスッキリします!”は、「テレビに出ていたときに比べて6kg太ったこと」。「男だったときはダイエットしても痩せない女の子に“食べているでしょ!”って言っていたけど、今はダイエットしても落ちない。代謝とかホルモンバランスとかいろいろあると思うけど、きっと男の2kgと女の子の300~400g落とすのは同じくらい大変だと思う」と話します。

そして、最後に日本のLGBTQに関する環境に対し、「無理に理解してもらうのは難しい。今は人のことを気にし過ぎ! 自分のことを大事にしていればいいと思う」と言い、悩んでいる人にも「無理にカミングアウトする必要はないと思う」と話していました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年2月28日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm
タグ

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月6日(月)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに、「新型コロナウイルス・感染事例の“見える化”」について話を伺いました。


※写真はイメージです


厚生労働省は4月2日(木)に、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の分布を示すマップ「全国クラスターマップ」の最新版を更新。3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。

このようななか、新型コロナウイルスの感染者が出た場所を“見える化”するアプリも登場。報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。

鈴村:こちらの反応はいかがですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。リリース後、金曜~土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。“想像以上に反響が大きいな……”という印象です。ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。

鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。

鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか?

米重:まずは「行動抑制」ですね。むやみに動き回るのを止めてもらいたい。そして「風評被害やデマの問題」です。“根拠のない噂”による風評被害が非常に増えていますので、それらを公式情報でしっかりと打ち消していきたいという思いもあります。

鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。(本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。

そうなると、この際、“誰がやるか”は、関係ないなと思いました。こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。

「NewsDigest」アプリダウンロード用URL
▶▶iPhone版はコチラ
▶▶Android版はコチラ

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ