「妻子持ちの既婚者」と不倫、妊娠・中絶…相談者へ江原啓之が届けた言葉は

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回番組では、自分を騙していた彼を許せない方のメッセージを紹介し、江原が“ことば”を届けました。


◆5年も既婚を隠していた彼
「最近、5年程お付き合いしてきた人と別れました。彼が妻子持ちの既婚者だったからです。今まで怪しい行動などはありましたが、その度にごまかされ、また、1人暮らしであるような部屋まで見に行ったこともあり、信じてきました。2年前に私が妊娠したとき、私は結婚と出産が同時にきて嬉しい思いをしましたが、彼からは『堕ろしてほしい』の一言。散々話し合いをした結果、彼の仕事の多忙を理由に堕ろしました。苦しかったけれど、仕事の忙しい彼を思い、責めませんでした。

あれから2年。彼から以前同様『結婚したらこんな生活をしたい! こんな家に住みたいね!』の言葉は出るものの、結婚につながる行動をしてくれず、調べてもらい、既婚者であることがわかりました。付き合う前から結婚したいことも、子どもがほしいことも相手に伝えていました。金銭的な被害はありませんが、心身共に疲れました。許せません! 今は弁護士さんにお願いして、賠償金を請求しています。お金では解決できませんが、彼にわからせる為にはこの方法しかないように思えました。仕事をすればまたお金は入りますが、私の5年の歳月は取り戻せません。“天罰”という言葉がありますが、彼にもそれがいつか下るでしょうか」

◆江原からの“ことば”
「“天罰”と言っている以上、まずはダメです。責任主体。お互いさま。弁護士さんに頼んで賠償金を請求しているのは結構なこと。理性。感情はいらない。相手が悪い。けれど、それに気付かないあなたも悪い。騙された人はなぜ『騙された』と、被害者ぶるのか。5年も付き合っていたら、共通の知人も出てきて、絶対にわかるはず。彼と一緒になりたいが為に、目をつぶって全許容していたのだと思う。“因果の法則”で、自ら撒いた種は、自ら刈り取る。

“天罰”を自分が与えようなんて思う必要はない。天が与えてくれると思うのもおかしい。あなたにだって彼にだって、撒いた種は返ってくる。良き種は良いように返ってくる。ここであなたも敢えてこれ以上、人を恨むなど“悪しき種”を撒く必要がない。5年の歳月をバネにする。

依存があったから騙されたんです。人生に無駄はない。いつからだって遅くはない。そういうことがあって、真実の愛に出会う人もいる。弁護士さんに頼むのはいいこと。感情を入れないことが、弁護士さんを通すこと。理性的に、綺麗にする。相手にもご家族がいるので、制裁もあると思う。しかし、恨んだり、誰かのせいにしたり“天罰”というのは、心を汚してしまう。

私の『みちひらき』という歌の中に『おめでとうって言おう!』『ありがとうって言おう!』という歌詞がある。それは自分の歩いてきた道を汚したくないから。このままの気持ちでいたら、あなたも自分の人生を汚してしまったような気持ちになってしまう。自分の道を綺麗にする為には『乗り越えた自分に、おめでとうと言おう。いろんなことがあったけれど、すべてに対してありがとうといえる自分でいよう。そういう環境に変えていこう』ということなのです」

◆江原啓之 今宵の格言
「寂しさがあるから、人恋しくなるものです」
「恋愛は自分の本質を知る絶好の機会です」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/
タグ

岡村隆史「7割が志村さんなんですよ」 お笑いの教科書だった志村けんさんに感謝

4月2日(木)深夜、お笑いコンビのナインティナイン岡村隆史がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送。新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、コメディアンの志村けんさんへ、感謝の言葉を述べた。

冒頭、「暗い感じで喋り出すと天国におられる志村さんに『そんな喋り方をするなよ』と言われそうなので普通に……と思っているんですけども」と切り出した岡村。「不謹慎かもわからないですが、志村さんと会えないという実感が全然なくて。まだお仕事ができるという感覚」と述べ、「ほとんどの方が気付かれていると思いますけど、僕がバラエティ番組でやる動きや表情は、ほぼほぼ志村さんのコピー……パクりに近いと思います」とし、岡村隆史という人間は7(割)が志村さんで構成されていると、自身の人生に多大な影響を受けたと語った。

そして、志村さんとは公私ともに親しかった間柄だったことから、「夢のような時間を過ごさせてもらった」と数々のエピソードを明かし、感謝の言葉を述べた。

「本当に、まだまだ他にも思い出したら色々と。お仕事の上でも助けて頂きましたし。ゲストで出て頂いた時も目一杯やって頂きました。

『めちゃイケ』なんかでも、『これ、ドリフやん!』っていう……。バレてるのかバレてないのは、わからないようなコントが沢山あったと思いますけど。僕らは『オマージュです』って言って、パクりなんですけどね。“もしも威勢のいい風呂屋があったら”みたいなのを、パロディーじゃないですけど、パッケージを借りてやったものもありました。全てにおいて、ありがたいというか。“こうやって笑いを取るんだ”っていう、教科書だったと本当に思います。

土曜8時に“土8戦争”と言われる、『8時だョ!全員集合』(TBS)があり、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)があり、この2つが教科書になっていました。その土曜8時に、我々がお笑い番組をやれたというのは、この時代のすごい番組を見て、育って、勉強できたからこそ、土曜8時をやれたんじゃないかな。

何の恥じらいもなくパクッていましたからね(笑)。何もカッコ悪いと思わずに。自分たちが見てきた笑いなんだから、それしかできないんだもん。自分たちが面白いと思ってきたことだから。オリジナルなんてないの。7割が志村さんなんですよ。本当、そうだと思う。今、めちゃイケを見たら『この顔もこの動きも、このパッケージも』って、全部がドリフに繋がっているかもしれない」

放送時間のほとんどで、志村さんとの思い出を語った岡村。初共演の思い出や、初めて飲みに行った際のエピソードなども語り、「尊敬もしてましたし、これからもずっと志村けんさんを追いかけながら、がんばっていきたいと思います。会えないっていうのは残念なんですけど、ずっと見守って頂いているという気持ちで、これからもやらせて頂こうかと思っています。本当に天国でゆっくりして頂きたいと思います。ありがとうございました」と締めくくった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ