那須川天心「常識を覆したい」史上最高のスタイルを追求

藤木直人、高見侑里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「TOYOTA Athlete Beat」。2月15日(土)の放送では、格闘家の那須川天心選手をゲストに迎え、お届けしました。


(左から)那須川天心選手、藤木直人、高見侑里


千葉県出身の那須川選手は、1998年8月18日生まれの21歳。5歳のときに空手を始め、その後キックボクシングに転向。高校在学中の15歳でプロデビュー。

これまでの公式戦の戦績は、キックボクシング34戦34勝26KO、総合格闘技4戦4勝3KO、ミックスルール1戦1勝1KO、合計39戦39勝TKO含む30KOと無敵の強さを誇る圧倒的実力から「神童」、「キックボクシング史上最高傑作」と呼ばれ、格闘技人気を牽引しています。

◆メイウェザー戦「初めて恐怖を感じた」
藤木:50戦無敗のボクサー、フロイド・メイウェザー戦。最初はどんなオファーがきたのですか?

那須川:父親から、格闘技や普段のこととかで説教されて……けっこうへこんでいたときに、「そういえばお前、メイウェザーとやるか?」っていきなり言われて。「えっ!?」ってなるじゃないですか(笑)。

藤木:メイウェザー選手と戦うなんて、想像すらしないですよね。

那須川:「やる機会があるんだったらやりたい」って言ったら決まりました(笑)。こういうチャンスは本当にないので、(何も)考えずに気持ちで「やります!」って言っちゃいましたね。

藤木:ルールが直前になって変わるなど、いろいろとあったじゃないですか? キック一発が500万ドル?

那須川:そうですね。5億5,000万くらいの罰金と言われて。

藤木:「えっ、俺払うの?」って思いませんでした?

那須川:思いましたけど、絶対に蹴られないなって思いましたね(苦笑)。

藤木:ボクシングルールで、ウェイトの違うメイウェザー選手と戦うのは、やっぱりハンデは相当ですよね?

那須川:相当でしたね。自分に不利なルールしかない試合だったので。

藤木:実際にリングで対峙してみて、どうでしたか?

那須川:めちゃめちゃ大きかったですし、初めて試合のなかで恐怖を感じました。

藤木:その怖さはどういうものでしたか?

那須川:1番思ったのは、とにかく“でかいな”っていうのがありましたね。

藤木:パンチの質は違いましたか?

那須川:重かったですね。体重の違いもありますが、今まで食らったことのない重さだったので。やりながら勉強になったというか、すごく良い経験でしたね。

藤木:TKOされてしまったということで悔しさもあったと思うのですが、そこから得られたものはありましたか?

那須川:僕は、得られたものしかないなと思います。“悔しい”という気持ちもありましたけど、“クソー!”ってなったのはその日だけで、次の日にはケロっとしていましたから。

◆大事なことは“勝つために何をするか”
藤木:試合中に意識していることはありますか?

那須川:試合中は、基本何も考えないようにしていますね。意識しちゃうと、反応が少し遅れちゃうんですよ。格闘技では、その“0コンマ何秒”が大事で。意識するのは練習のときで、あとは“やるしかないな!”っていう感じですね。

藤木:練習のときはどういうことに意識を置いていますか?

那須川:パンチの打ち方だったり戻し方だったり、相手の攻撃をどう読むかとか……そういうものを、大体2週間くらい意識しながらずっとやっていると、あるとき“無意識”でできるようになるんですよ。


那須川天心選手


藤木:天心選手はスピードもすごいじゃないですか? あのスピードは天性のものなんですか? それとも、努力して得たものなんですか?

那須川:よく「すごいね」とか「天才」といわれるんですけど、僕はたぶん身体能力で言ったら“並”くらいだと、フィジカルトレーナーにも言われますから。

藤木:どこに強さの秘密があるのですか?

那須川:昔からやってきたっていうのもありますし、試合前の恐怖心が大きいので、相手が決まって“これやらなきゃ、あれやらなきゃ”と、けっこうビビリな感じで。“勝つために何をしよう”というのは、常に考えて練習しているので、そういうところで補っているというか、そこは人より優れている部分かなと思います。

藤木:どんな範囲で、どんなことをするんですか?

那須川:常識の範囲のことをしたくないっていうのはすごくあって、みんなが思っている常識を“覆したいな”って。人が決めたものって、あまり好きじゃなくて……僕のスタイルはキックボクシングですけど、“那須川天心”っていう戦い方を得られたのかなと思います。

次回2月22日(土)の放送も、引き続き、那須川選手をゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年2月23日(日・祝) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOYOTA Athlete Beat
放送日時:毎週土曜 10:00~10:50
パーソナリティ:藤木直人、高見侑里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/beat/
タグ

「ほとんどのことは大丈夫」 元陸上・為末大が語る“子育て”論

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(4月5日放送)に、男子400メートルハードルの日本記録保持者・為末大が出演。自身の子育て論について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):為末さんは現在、子供達にハードルを教えていらっしゃるのですよね。心掛けていることはありますか?

為末:最初は、ハードルを1人ずつ跳んでもらっていたのですね。そうすると、誰かが転んだ途端にみんな恐怖で震え上がって、誰も跳ばなくなってしまったのです。これではいけないと、ハードルを5列にしました。同じように跳んでもらったけれど、また転んでビビってしまう。だから最後は5列のハードルで、前の子が転んでも関係なく、後ろの子がスタートするようにしたのです。そうすると転んだ子供も、後ろが来ているので仕方がないと進みます。
これで確信したのが、失敗したときにいちばん傷つくのは「膝」ではなくて、「人から見られていること」だと。転んだ瞬間、誰も見ていない状況をつくると、案外みんな跳んで行くのです。ハードルの高さも変えてあるので、高いところへ行ってもいいし、ダメなら低いところへ行ってもいいよと言うと、みんな自分に合ったところに行きます。気分が乗って来たら高いハードルへ行って、「跳べてラッキー!」というような。ハードルは足の速さと違って、高さを自分で選べるので便利です。

淵澤:ちょっとした工夫で、子供達の心は変わるのですね。

為末:いちばんやってはいけなかったのが、転んだ瞬間に「大丈夫?」とみんなが行くこと。いちばんいいのは無視することです。

淵澤:なるほど。――最後に、ラジオの前の子育て中のママやパパへ、メッセージをお願いします。

為末:ほとんどのことは「大丈夫」という感じがするのですよね。うまく行かなかったり、あきらめても大丈夫。僕は小学校6年間、通信簿に「授業中、黙っていられない」「先生の話を聞けない」と書かれていました。でも陸上教室に行ったら、黙っていられないということを「この子は好奇心が強い」と言われたのです。弱点と思っていることは、環境を変えると急に長所になることがある。いまの環境に合わせようとするよりも、迷惑をかけない程度に、ちょっと折り合う程度でいい。活きる場所へ行けば急に伸びることがあるので、なるようにしかならないから、ほとんどのことは大丈夫です。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ