江原啓之「とんでもない! 馬鹿者!!」子育てに悩む相談者に愛の喝!

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回番組では、子どもとの将来に悩むシングルマザーの方のメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。


◆幸せになれますか?
「シングルマザーで1児の母です。18歳という若さで妊娠し、いろいろあって彼とは別れました。一番、結婚にも妊娠にも大反対だった母に、今は助けられながら生活しています。“父親がいなくても淋しい思いはさせない”と思いながら子育てしてきたものの、ショッピングセンターや保育園で子どもと父親の姿を見ると、“可哀想なことをしてしまった……”と心が痛みます。周りを見れば幸せな友達ばかりで、なんだか自分が惨めになります。“子どもを産んでよかったのかな……”と思うこともあります。私とこの子は幸せになれるのでしょうか?」

◆江原からの“ことば”
「いかん! ダメ! あなたが『惨めだ』と言うのはダメ。矛盾している。子どもに淋しい思いをさせたくないのであれば、まず、自分が惨めだと思ってはいけない!

あなた自身が決めた道。子どもが決めた訳ではない。子どもは、父親がいなければ淋しい思いはするんです。“お父さんがいればいいな”と思うのは当然。そこで『うちはうちなの!』という姿勢を見せなければいけない。『お母さんは、そうやって選んできたの』と。『これから別のお父さんを得るかもしれないし、わからない。人生は作っていくものだからさ』と、明るく朗らかに言わなければいけない。

子育ては、子どもにとって親が太陽なんです。子どもは作物と一緒。あなたがさんさんと輝いていないと、日陰にいたら子どもは育たない。あなたの気持ちが移ってしまうのです。それに『子どもを産んでよかったのかな?』という言葉。とんでもない! 馬鹿者!! 自己憐憫はいけない。それでは子どもが可哀想。『人生いろいろあるけれど、あなたがいてくれてよかった。来てくれてありがとう』という気持ちがなければ、子どもは太陽の光を吸収できない。これからの未来、そういう姿勢だと幸せになれない。そこを変えればこそ、幸せな未来が待っているのです。まだ若いんだから。

あなたに美しい綺麗な言葉を言うのは簡単。でも、本当にお2人のことを思ったら、強く言ってしまう。これからまた新たな出会いもあるかもしれない。けれど、こんな気持ちでいたら、世間でよくある連れ子が虐待にあっても、言うに言えなくて『自分も捨てられたらどうしよう……』という惨めな人生になってしまう。

そうではない。『お母さんは自分で選んでいる。あなたはいてくれてよかった! これから未来を築こう!』と。男ができたら『私たちと家族になれる人しか一緒になりません!』くらいの気位や姿勢が大切。媚びるんじゃないよ!と思うんです。あなたはシングルマザーという道を選んだのだから、それと同じような毅然とした態度で生きていかなければならないのです。今から変わりましょう!」

◆江原啓之 今宵の格言
「悩むということは、反省のない姿勢なのです」
「間違いに気が付いたら、受け入れ正し、歩きましょう」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/
タグ

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月6日(月)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに、「新型コロナウイルス・感染事例の“見える化”」について話を伺いました。


※写真はイメージです


厚生労働省は4月2日(木)に、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の分布を示すマップ「全国クラスターマップ」の最新版を更新。3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。

このようななか、新型コロナウイルスの感染者が出た場所を“見える化”するアプリも登場。報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。

鈴村:こちらの反応はいかがですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。リリース後、金曜~土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。“想像以上に反響が大きいな……”という印象です。ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。

鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。

鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか?

米重:まずは「行動抑制」ですね。むやみに動き回るのを止めてもらいたい。そして「風評被害やデマの問題」です。“根拠のない噂”による風評被害が非常に増えていますので、それらを公式情報でしっかりと打ち消していきたいという思いもあります。

鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。(本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。

そうなると、この際、“誰がやるか”は、関係ないなと思いました。こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。

「NewsDigest」アプリダウンロード用URL
▶▶iPhone版はコチラ
▶▶Android版はコチラ

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ