賀来賢人「SNSに依存せず、ほどよいお付き合いを」リスナーに提言

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。3月23日(月)~3月24日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

パーソナリティの賀来賢人



◆SNSは「使い分けがわからん!」
3月23日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)がクラブ会員からのメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は最近SNSを始めたのですが、ちょっとしたつぶやきが知らない人に拡散されて、何千人とかに一気に広まり、ビックリしながらも新鮮な毎日を送っています。SNSをやっていて“これはビックリだった!”といったエピソードはありますか?」(女性)

現在、TwitterとInstagramをやっている会長は、「使い分けがわからん!」と実感を語ります。

そもそもTwitterを始めたきっかけは「舞台の宣伝とかのため」。そしてInstagramは、「みんなやっているから」。そんないきさつで始めたSNSについて「どっちもやり始めちゃったもんだから、引くに引けない状況なんですよね(苦笑)」と打ち明けます。

昨今のネットニュースについて「例えば、『僕が誰々と写真を撮りました』ということですら、ニュースになるわけですよ。いい宣伝になることもありますし、恐ろしいこともありますよね」とコメント。

そして、このクラブ会員に向けて「気をつけてくださいね。あまりSNSに依存せずに……でも、ないと生きていけない時代なのかもしれないですから、(SNSとは)ほどよいお付き合いを」と呼びかけていました。

◆クラブ会員の質問や相談に回答
3月24日(火)の放送では、クラブ会員から寄せられたメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は今、お箸や器を商材にしたお店で働いているのですが、いまだに苦手なシチュエーションがあります。それは、1人でイヤホンをつけて来店されるお客さまです。接客方法に縛りはなく“何をしてもいいよ!”という感じの社風なのですが、どういう風なアクションをすれば、お客さまが嫌な気持ちにならずに接客ができるのか、と毎日悩んでいます。海外の方には勢いでいけるのですが、日本人の方だとどうしても顔色を伺ってしまいます。会長だったらどうしますか?」(女性)

このメッセージに、「店員さんとしては、難しいですよね~。イヤホンをつけている人は“あまり声をかけてほしくない”っていう意味だと思います……僕もどちらかと言うとそうかもしれない」と答えます。そして、「ほどよい接客は、難しいでしょうけど、頑張ってください」とエールを送りました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は学校でよく『怒ってる?』と聞かれます。そんなつもりはないので『どうして?』と聞くと、『真顔が怖いから、怒っているみたいだよ』と言われました。けっこう“グサッ”ときています。真顔が怖いからといってずっと笑っているわけにもいかず、とても困っています。賢人会長ならどうしますか?」(女性)

この相談に、開口一番「僕もなんですよ!」と共感する会長。「何にも考えていないのに、『ピリついている』みたいなことをよく言われるんですよね。特に女優さんとか。僕は、緊張してあんまり女優さんに話しかけないんですよ。それが『怖い』って影で言われていたことがけっこうあって。こちとら緊張しているだけなのに……第一印象って大事ですよね」と同じ悩みを抱えている様子。

体が硬くて姿勢が悪いのを悩んでいた会長は、年明けの放送で、2020年の抱負は「体を柔らかくする」と宣言。最近、姿勢の矯正に通っているそうで、「姿勢をよくしてから、先生が『顔の“険”が取れた』ってよく言うんです。だから、体とかも(表情に)関係してくるのかもしれないです」と自身の経験をアドバイスとして送りました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/
タグ

「1日も早くBOOKOFFに…」FUJIWARA・原西孝幸 RPGクリアの無駄なモチベーションとは?

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。3月17日(火)は、お休みのやしろ本部長に代わり、本部長代理にお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史さんをお迎え! さらに、この日のゲストにFUJIWARA・原西孝幸さんが登場しました。


(左から)FUJIWARA(原西孝幸さん、藤本敏史さん)、浜崎美保


原西:(スカロケを)何年も聴いてるけど、(番組パーソナリティの)マンボウやしろが、1回だけ俺の名前を言ったの! 俺、たまたま聴いていて、覚えているんですよ。何のテーマか忘れましたけど、「世の中のサラリーマンのお父さんは、少ない小遣いで頑張っていますよ。あと、原西さん」って言ったんですよ。

浜崎:言っていました! 覚えています。

原西:マンボウやしろはよく知っていたな! と思って、めちゃくちゃ嬉しかった。車のなかで“よし!”って言いましたもん。“名前が出た!”って。

浜崎:そんなに少ないんですか?

藤本:じゃあもう、この機会に言わせてもらいますわ。ゲームソフトあるじゃないですか。ロールプレイングゲームって、発売してから期間が短いほど、高く売れるんですよ。それでね、原西は“売りたい”から、ロールプレイングゲームをめっちゃ早くクリアするんですよ(笑)。

一同:(爆笑)

藤本:“まず、ゲームを楽しめ!”って話やんか(笑)。

浜崎:それは、早く売るためにですか?

原西:1日も早くBOOKOFFに行くために、早く終わらそうと努力をするという(笑)。

藤本:そんなんもうちゃうやん! まずロールプレイングゲームを楽しめよ。

浜崎:じっくりと(笑)。

原西:それが僕なりの楽しみ方ですから。

浜崎:それは、やっぱりお小遣いにするためということですか?

原西:そうそう。結局は、誰もやらなくなるので。無駄になるし、売ったほうが良いじゃないですか。誰にも迷惑かけていませんからね。これに関しては。

藤本:それはね。でも、この番組でやしろが言うくらいやねんから。もっと浸透していってんねんから。

浜崎:“お小遣い少ない代表格”っていうことですもんね。

藤本:そうですよ。だから、(テレビ番組などで)賞金とか出るとめっちゃ嬉しいのよ。それだけは自分のものになるから。

原西:お小遣い以外に臨時収入が入りますから。

浜崎:それは報告の義務はないのですか? だってばれますよね。その賞金が入ったというのは。

原西:それは、俺の取り分と家族でご飯に行ったりする分でちゃんと割りますよ。

藤本:だから俺からも、たまに(原西に)小遣いをあげたりしているので。

浜崎:そうなんですか!?

原西:してへんわ! 情けなさすぎるやろ。もらってへんわ。お前から。

浜崎:(笑)

藤本:あまりにもかわいそうやから。酒も好きやねんけど、こいつからしたら、ビールも高いんです(笑)。

原西:どんだけ貧乏やねん! そんなことないですよ。

藤本:だから安い発泡酒をね、1日4リットルくらい飲むんですよ。

浜崎:飲みすぎですよ(笑)。

原西:そんなわけないやろ! でもまぁ、それで(やしろ本部長が)名前を出してくれたっていうね。

藤本:だから、浜崎さんからも何か。お小遣いをあげたってください(笑)。

浜崎:そうですね。今日のご褒美に(笑)。

原西:俺、49歳で情けないわ、秘書に小遣いもらうの。忍びないですよ。大丈夫ですよ。

藤本:大丈夫!?

原西:大丈夫ですよ。そんなもん。

浜崎:良かったです(笑)。

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月~木曜17:00~19:52
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co

Facebook

ページトップへ