★今日の運勢★6/7(日)12星座占いランキング第1位は…?

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする今日の占い。「12星座ランキング&ワンポイントアドバイス」今日のあなたの運勢は……?


【1位】おうし座
日常とかけ離れた空間に出かけたり、いつもとは違う環境で過ごすと吉。有意義な1日となるでしょう。遠方に住んでいる友人と連絡を取るのもおすすめ。素敵な人を紹介されるかも。

【2位】やぎ座
自分のペースを崩さすに過ごすことができそうです。やりたくても、できなかったことを思い切り楽しんでみましょう。ストレス解消にもなるので心に余裕ができそうです。余裕が生まれると恋も楽しめそう。

【3位】おとめ座
今日は自分の本音をさらけ出せる相手と、心ゆくまで会話することができそうです。会話を通して仕事などのアイデアも思いつくかも。美味しいスイーツを食べると、さらにモチベーションも上がりそう。

【4位】いて座
こだわりが強くなりそうですが、論理的に説明ができれば上手くいきそうです。自分の意見をしっかりまとめておくと良いでしょう。気分転換に買い物に出かけると、ついたくさん買ってしまいそうなので気をつけて。

【5位】うお座
恋愛運が好調なようです。フリーの人は、友達の輪を広げてみて。素敵な出会いが訪れる予感。恋人がいる場合は、友だちを優先しすぎると不満を言われそうなので気をつけて。

【6位】てんびん座
心を落ち着かせる時間を持つことで、腑に落ちなかったことに納得がいったり、悩みごとに対して吹っ切れることができそうです。気持ちが落ち着いたら料理を作るなど、好きなことをしてみましょう。

【7位】さそり座
趣味や仕事に没頭できるようです。自分らしさも発揮できるので、充実感が高い日となるでしょう。SNSなどに写真をアップしたり、考えを投稿するのもオススメです。いろんな人から評価されるかも。

【8位】かに座
友だちの紹介で気になっていた人と繋がれるかも。少し先に楽しみがあれば仕事なども頑張れそうです。ただし、あまり浮かれていると周りから嫉妬されてしまうから気をつけて。

【9位】みずがめ座
今日は心静かに過ごすほうがいいかも。部屋でゆっくりとラジオを聴いたり、穏やかな性格の人となるべく一緒に過ごすと良いでしょう。モヤモヤした気持ちは、公開しない日記などに記すと◎

【10位】おひつじ座
今日はバタバタと慌ただしくなるようです。仕事など集中して取り組みたいのに、急に用事が入る可能性も。予定が崩れても気にしないこと。イレギュラーを楽しめるよう工夫してみましょう。

【11位】ふたご座
いつもより神経質になってしまいそうです。他の人が話していると、愚痴を言われているような気分になってしまうかも。こんな日は早めに帰宅して、家で好きなことをしてくつろぎましょう。

【12位】しし座
休憩なしで働いてしまったり、周りから期待されると、それに応えるために頑張り過ぎてしまうかもしれません。仕事終わりは自分を労りましょう。

【きょうの一言メッセージ】
新たな日常のために工夫することが続いていると思います。このような状況だからこそ、ときどき、自分を甘やかすことをしてみませんか? ストレスを溜めずに、こまめに発散するようにしましょう。

■監修者プロフィール:夏目みやび(なつめ・みやび)
東京・池袋占い館セレーネ所属。メッセージ性の高い鑑定はリピーターも多く、心の琴線に触れると話題に。占いや開運で個性が輝けるような占いを発信中。Yahoo!占い「マザー占術」など数多くのコンテンツもリリース。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
タグ

舛添要一氏、東京五輪開催は「コロナワクチン開発できないとアウト」

前東京都知事で元厚生労働大臣の舛添要一氏が6月4日、ニッポン放送の番組「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか! 激論Rock & Go!」に出演。来年2021年に延期された東京オリンピックの開催の見通しについて語った。

舛添要一

番組パーソナリティの辛坊氏から「オリンピックの見通しはどうですか?」と問われた舛添氏は、元厚労相の目線から以下のように語った。

「それは(新型コロナウイルスの)ワクチンが開発できるかどうかなんだけれども、私の厚労大臣の経験でも、やっぱり2年ぐらいかかるんですよ、本当に安全なワクチンというのは。それで、SARS(サーズ)はワクチンができなかったんですね。MERS(マーズ)もできなかった。同じ“コロナ”の形ですから、できないという可能性も持っておかないといけない。そうすると、もしできなかったら(東京五輪は)アウトです。

ワクチンの開発が年内でできるという説もあるんだけど、間に合って、例えば来年の初めくらいから全世界に70億人ぐらい全部に受けさせて、そうすれば(各国選手団も)来られるかもしれない。だけどもう一つは、経済的に疲弊したアフリカとか中南米から選手派遣する経済力が残っているかと。それから、(追加経費が)最低3000億円いるっていうけれど、もっとかかる、私は5000億かかると思っています。で、日本も(経済状況が)ここまで悪くなって、「それ(追加経費を)出すなら潰れたうちの店を立て直す金を出してくれ」って言う声も増えるかもしれない。でも私は是非(東京五輪を)やりたいと思っている、うまくいくとだいたい30兆円ぐらい経済的な利益が上がるので。

でも、そんなにうまくいくかどうかも、ワクチンの開発が可能かどうかにすべてがかかっている。今、世界中で(開発を)競ってますけど、副作用があるといけませんから(安全なワクチンでなければいけない)。SARSはウイルスが忽然と消えてくれたこともあってワクチンを開発できなかったですけど、私もSARSをずっと見ていたんで、新型コロナのワクチンというのはそんなに簡単かな?という思いがあるんです。みんな頑張ればやれる。しかし、できなければもう絶望的だと。来年夏やらないなら(東京では)もうやらないと。それで今、IOC(国際オリンピック委員会)は10月にそれを決定するって言ってるんですね」

舛添要一 増山さやかアナウンサー 辛坊治郎 飯田浩司アナウンサー

そして舛添氏は「あの五輪の五つの輪というのは“5大陸”なので、すべての大陸から来なくては“五輪”にならないのですよ」と述べ、東京五輪の開催には、疲弊したアフリカなどの経済力も含めて判断する必要があることを示唆した。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ