有吉 投票率向上のための改革案を提示「選挙に来てくれたら“ハムあげます!”」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。7月5日(日)の放送は、アシスタントにデンジャラスの安田和博を迎えてお送りしました。


(左から)有吉弘行、安田和博



この日は東京都知事選挙(以下、都知事選)の開票日ということで、オープニングは選挙の話題に。投票に行ったという2人。有吉が唐突に「持って行った? パンとマヨネーズは(笑)?」と聞くと、即座に否定する安田。

というのも、昔、有吉が安田(※先輩)に「中野区は選挙に行ったらハムがもらえるから、パンとマヨネーズを持って行ったら(ハムを)挟んでくれるぞ」と嘘の情報を教えたところ、鵜吞みにした安田が投票所にパンとマヨネーズを持参したことがあるそう。

「何回思い出しても笑えるわ!」とうれしそうに話す有吉に、安田は「1度だけのミスだよ(苦笑)。だって言われたとき、“そりゃいいサービスだな”って、本当にそういうのがあると思ったからね。それで、パンとマヨネーズを持ってコンビニ袋をぶら下げて(受付で)言いましたよ、『ハムは?』って(笑)。そうしたら『はいっ!?』って言われましたけどね」と無知だった当時を振り返ります。

ガセだと知った安田は「騙しやがったな!」と有吉にメールを送ったそう。そんな安田の話に有吉は、「いまだにおかしいよ、“あいつバカじゃねぇの”って(爆笑)。『投票率が低いから』って言ってね」と大笑い。「そういうのもあるのかなと思ってさ。(ハムのサービスの話を)聞いたときは、“いいアイデアだな! やるね、東京も”って」と、そのときはすっかり騙されてしまったという安田。

また、今回の都知事選の投票率が前回に比べ下回ったことに、有吉は「TwitterとかSNSを見ているとさ、若い連中も『選挙に行きましょう!』とか、ハッシュタグをつけて『選挙を盛り上げましょう』などあったけど、全然盛り上がんないね。

それだけ見ていると“おっ、若い連中も政治に興味を持って、意識が変わってきていていいね”“今回の投票率は上がるかな”と思っていたけど全然だったね。何が悪いんだろうね?」と嘆くと、安田は「やっぱり根本に“俺が投票しても何も変わらない”という感じがあるんじゃないかな」と推測。

有吉は、投票を前にマイケル・ムーア監督の映画「華氏119」を鑑賞し、気持ちを奮い立たせたそうで「結果がわかっているからとか、1票を投じても変わらないとか、それじゃダメなんだよね……やっぱりハムを配っていいんじゃないかなって」と提案。実際に騙された張本人である安田も「それがあれば行く人も増えると思うんだよね」と同意します。

今回の都知事選でも、投票所でもらえる投票済証明書を対象店舗で提示すると割引やサービスを受けられる「センキョ割」という試みが実施されているところがあったようですが、有吉は「だけど、それもまた(店舗まで行くのが)面倒くさいもんね。だからやっぱり、選挙に来てくれたら“ハムあげます!”っていうのをやったら(投票率が)上がるかもね」とあらためて“ニンジン作戦”を推していました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国19局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ JFN PARKでは、スペシャル音声も配信中!
タグ

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』など新作映画を紹介『シネマ 銀幕の夜』

Photo by Robert Palka ©2019 Film Produkcja All rights reserved

8月14日(金)放送の『シネマ 銀幕の夜』は、新作映画を2本ご紹介します。両作品とも、3組6名様へチケット(劇場鑑賞券)のプレゼントもありますよ。どうぞお楽しみに!

Facebook

ページトップへ