kobore「SOL!」で生演奏披露「本当のライブで聴いているみたい!」

東京、府中発ギターロックバンド koboreが、8月6日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのさかた校長、こもり教頭とともに、リスナーに電話をかけて『この夏の心の叫び』を聞いていきました。さらに生演奏を披露し、いつもとは違う夏を過ごすことになったリスナーに向けて音楽でメッセージを届けました。



さかた校長:さて、kobore先生と一緒にお届けする今夜の授業は、『この夏の心の叫び』。新型コロナウイルス感染拡大が続く2020年、外出自粛を呼び掛けている地域もあり、夏休みに入ったばかりのいまの時期は……例年ならワクワクするような予定を入れている生徒がほとんどなはず。でもそれが中止になったり延期になったりして、モヤモヤしている生徒もたくさんいると思う。そんな生徒の心の叫びを、今夜は聞かせてほしい!

こもり教頭:じゃあ、まずは校長に叫んでもらいましょうか!?

さかた校長:「毎年行っていた阿佐ヶ谷の夏祭りが中止! あ~4年連続で行っていたのに……!!」。

こもり教頭:こんな感じで、キミの心の叫びを聞かせてほしいです。

さかた校長:kobore先生に、キミたちの心の叫びをぶつけてほしい!!

――「ライブに行けない!」18歳女性リスナーの叫び

こもり教頭:もしもし! kobore先生が大好きなの?

リスナー:大好きです。(番組で披露した)「イヤホンの奥から」の生演奏を聴いて、泣いちゃいました。

kobore:泣いちゃったのか……!

さかた校長:この瞬間を緊張せずに楽しんでほしいけど……早速だけど、「心の叫び」を聞かせてくれる?

リスナー:はい。「kobore先生のライブに行けなくなった! 人生初ライブだったのに!!」。

kobore:うわ~……。

さかた校長:そうか、ライブに行く予定だったんだね。

リスナー:そうなんです。部活とかを調整して、やっと4月のライブに行けるはずだったんですけど中止になっちゃって……。夏もライブに行きまくろうと思っていたんですけど、部活の引退が延びちゃったり、夏フェスが中止になっちゃったりして、なかなか行けないなって感じです。

こもり教頭:なるほどなぁ~……部活は何をやっているの?

リスナー:吹奏楽部でパーカッションを担当しています。

さかた校長:kobore先生のことはいつから好きなの?

リスナー:中3か高1くらいのころから、ずっと聴いています。

こもり教頭:きっかけは何だったの?

リスナー:私の地元が、kobore先生と同じ府中なんです。

kobore:おおっ!

リスナー:それで、ドラムを練習しに行くスタジオがkobore先生と一緒で……。

こもり教頭:そんなことある!?

kobore:あそこだ!(笑)。

佐藤赳(Gt.Vo):府中はあそこしかないんで(笑)。

さかた校長:大好きなkobore先生と一緒の所で練習して、今日は電話で一緒に話して、生演奏も聴けて……よかったな。

リスナー:はい!

さかた校長:じゃあ改めて、今の気持ちを叫んでみるか!

リスナー:はい!「地元のライブハウスでkobore先生の音を浴びに行くぞー!」。

――ここで、「爆音の鳴る場所で」「君にとって」「テレキャスター」「ボクタチノアシタ」を披露



校長・教頭:イエイ!(拍手)

さかた校長:(リスナーに)生演奏を聴いてどうだった?

リスナー:本当のライブで聴いているみたいでした。鳥肌が立ちまくっています!

さかた校長:風景は浮かんだか?!

リスナー:はい!

さかた校長:kobore先生が、目を合わせて笑っている瞬間が何度もあったんだよ。佐藤先生は大ジャンプしてたしな。

こもり教頭:してた!

リスナー:(笑)。

さかた校長:いや~、伝わってよかったよ。この一瞬に携われてよかったです。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年8月14日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月~金曜 22:00~23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/
タグ

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ