乃木坂46の“歴女”山崎怜奈 坂本龍馬が好きな理由「柔軟で、信念がしっかりしている」

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする"ラジオの中のBAR"「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」8月3日(月)のお客様は、乃木坂46の山崎怜奈さんと作家の井沢元彦さん。歴史が大好きな山崎さんと井沢さんによる、深夜の熱い「歴史」トークが止まらない?
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)山崎怜奈さん、井沢元彦さん



◆現代の悪人・炭水化物のおかげで定住が可能に…

井沢:今、「炭水化物」ってわりと悪人じゃないですか。食べたらすぐ太るっていうことで炭水化物が悪者視されているわけだけど、実は今、悪者にされていることが人類にとっては素晴らしいことだったの。

昔、例えば日本でも縄文時代がそうだけど、野山をほっつき歩いて狩りをして食べ物を採っていたわけですよ。そうすると、毎日必ず採れるとは限らないから、居場所も一定のところにいられないから移動していた。そうすると文明、文化なんて発達のしようがないわけですよ。

定住して食料の心配がないような、食うに困らないときに初めて文化ってできるわけですよ。天文学とか数学とか美術とかみんな。炭水化物のお陰で、それは米でも麦でも何でもそうなんだけど、簡単に人間が食料を得られるようになったので、(栄養失調になることなく)簡単に太れるようになったんですよ。

山崎:確かに。自分の体温を保っていられるようにもなるし。

井沢:炭水化物のおかげでいろんなことができるようになった。ところが今、まったくその功績が忘れさられて……。

山崎:炭水化物抜きダイエットとかありますからね(笑)。

◆坂本龍馬は柔軟性と信念があって好き(山崎)

井沢:山崎さんの好きな伊能忠敬って知らない人もいると思いますので一応解説しますと、千葉の佐倉のほうで家業をやったあと、「地図を作りたい」ということで、日本中を歩き回って初めて正確な、西洋式測量による地図を作った人だよね。今でいう定年ぐらいの年から初めて。

山崎:50歳ですね。しかもけっこう自分より年下の天文学者に師事して。本当にすごいと思う。プライドが邪魔をしたら、そんなことはできないじゃないですか。

井沢:あと坂本龍馬も好きじゃなかった?

山崎:龍馬、好きです。龍馬の柔軟なところが好きなんですよね。しかもあの人って、自分の出身地を脱藩して、いろんな人に教えを聞きに行って、人と人を繋いだ仲介役をした人じゃないですか。そういうところも、信念がしっかりしていて好きです。

井沢:確かに頭はすごく柔軟だよね。というのはあの時代、日本人は「朱子学」という学問に取り憑かれていて、「外国人は野蛮で学ぶものはない」という偏見にとらわれていたんですよ。黒船を見て、それが違うということに気がついた人も大勢いるんだけど。

山崎:人の言葉を聞く耳をちゃんと持っていたんですね。龍馬がこの時代に生きていたら、ラジオが本当に好きだったと思うんですよ。おしゃべりも好きだし、いろんな人と会話するのが好きだし。自分のことを伝えるのも人の話を聞くのも、しかもそれを柔軟に受け入れて自分の形にするのも得意だったでしょうから。


----------------------------------------------------
▶▶岩崎弥太郎、渋沢栄一…まだまだ歴史トークが止まらない!? 続きは「AuDee(オーディー)」でチェック!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/
タグ

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ