文系出身エンジニア…「フリーランス転身」に反対する妻を15年説得して叶えた“独立の夢”

AKB48の向井地美音がパーソナリティをつとめ、公認会計士の澤昭人から身近にある経済の仕組みをわかりやすく学んでいくTOKYO FMの番組「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」。8月13日(木)、8月20日(木)放送の「美音のまるっとエコノミー supported by PE-BANK」のコーナーでは、株式会社PE-BANK所属のITエンジニア・権安章司(ごんやす・しょうじ)さんを迎え、これまでの経歴や現在の仕事ぶりについて伺いました。


向井地美音、権安章司さん(PC画面内)


◆エンジニアになったきっかけは?
向井地:現在、どのようなお仕事をされているのですか?

権安:愛知県の自動車メーカーのサーバーセキュリティに関する開発・導入支援をしています。

向井地:自動車関連のエンジニアをされているんですね。最初はゲームプログラマーに憧れていたとお聞きしました。ゲームは学生時代から?

権安:そうですね。親に怒られてもやめないくらいゲームが好きでしたね(苦笑)。

向井地:ゲームプログラマーに求められるスキルとは違うのですか?

権安:なったことがないのでわかりませんが、おそらくネットワークの知識や課金システム系のセキュリティ対策などが非常に重要かと思います。

向井地:確かに。同じエンジニアさんでも、ジャンルが違うと(求められるスキルも)全然違うんですね。

権安:そうですね。あまりパソコンに詳しくない方からは、“エンジニア”でひとくくりにされがちですが、自分が人に説明するときには“お医者さん”に例えています。医者にも眼科や内科、耳鼻科など専門がありますよね。例えば、耳鼻科歴40年のドクターに、心臓手術をしてほしいですか?

向井地:それは不安ですよね(笑)。

権安:そういう感じでエンジニアにも専門があるので、知る必要のある方には知っていただきたいですね。

向井地:わかりやすかったです。ゲームの世界に進まなかった理由は?

権安:大学が経済学部出身で、パソコンにまったく触れてこなかったんです。まず、スキルが足りていないということがありました。

向井地:逆に、そこからどのようにしてエンジニアの道に?

権安:就職するときに、コンピュータ関係か、経理に進むか迷いまして。本当になんとなくなんですけど、“やったことのない職種に進もう”と思って、エンジニアの会社を探しました。もちろん大手は採用してくれなかったのですが、大学時代に簿記なども少しやっていたので、そういう知識もあるということで小さな会社に拾っていただきました。

向井地:そこからフリーになったきっかけは?

権安:最初に就職した会社の社長が、大手システム会社出身で、サラリーマンとして10年くらい勤めた後に独立して会社を立ち上げた方でした。以前の会社から仕事をいただいて、少しずつ従業員を増やしている過程を見させていただいて、“こういう道もあるんだな”と思って。新卒の頃に抱いていた“サラリーマンでは終わらないぞ!”という思いから行き着きました。

向井地:カッコイイ! 権安さんは現在43歳で、ご結婚もされていて、フリーランスになって4年ということで。最初は、奥さんにフリーになることを反対されたそうですね。

権安:やはりサラリーマンのほうが安定しているという感覚を持っていると思うので。

向井地:説得に15年かかったとか(笑)。

権安:ずっと説得していたわけじゃないですけど(苦笑)。「そろそろいいかな?」って3~5年周期で聞いていました。

向井地:長丁場の闘いでしたね。

◆フリーランスのいいところは?
向井地:エンジニア歴21年の権安さんは、「マジック:ザ・ギャザリング」というカードゲームにハマっているそうですね。これはどんなゲームですか?

権安:映画「ロード・オブ・ザ・リング」のような世界観をイメージしていただくと近いかなと。1対1で闘うのが基本的なスタイルで、相手に魔法でダメージを与えるなどして、相手のライフを削り切って勝つ……というのが基本的な勝利条件。パソコンのゲーム版と、実際にテーブルでおこなうカード版、どちらも同じルールです。

向井地:世界規模のゲームで、優勝賞金10万ドルの大会もあると聞きました。

権安:アメリカ発祥のゲームなので、規模も大きいですね。

向井地:大会に挑戦されたことはありますか?

権安:いつも予選で落ちています(苦笑)。

向井地:でも、ちゃんと大会に応募されているんですね。

権安:ときどき、日程が合えばですけどね。

向井地:あらためて、エンジニアになってよかったと思うところは?

権安:プログラムが大好きなので、“プログラムをすることが楽しい”と思えることが第一にあります。あとは、業界がずっと人手不足なので、ほかの職種と比べると恵まれているのかなと思います。

向井地:フリーランスのいいところは?

権安:意思決定がすべて自分でできる点が1番大きいですね。会社員だと、なにを買うにしても許可や決裁をもらわないと購入できませんが、感覚や思いつきで買うことも可能なので。

向井地:そのぶん、自分でいろいろと決めなければならないのは大変ですよね。

権安:そうですね。決めた後の失敗なども全部自分持ちなので。そういったリスクも考えてやらないと、後で痛い目に遭います(笑)。

向井地:でも、自分の意思で動けるというのは素敵だと思います!

<番組概要>
番組名:ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~
放送日時:毎週木曜 21:30~21:55
パーソナリティ:澤昭人、向井地美音(AKB48)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/46993
タグ

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ