大久保佳代子「反応次第ではジャッジの材料にしてもいい」バツイチの過去を打ち明けるか悩むリスナーに助言

大久保佳代子がパーソナリティをつとめ、ゲストと一緒にリスナーのお悩みに寄り添い、癒しの時間をお届けするTOKYO FMの番組「KOSÉ Healing Blue」。9月13日(日)の放送は、俳優の中村蒼さんが登場。リスナーからの相談に応えました。


大久保佳代子



<リスナーからの相談>
私には最近気になる人ができ、その方とグループで飲みに行くことができました。そこで連絡先を交換し、2回ほどドライブデートに行くことができました。そこではお互いに好きなのでは!? って感じの雰囲気だったのですが、私は33歳、彼は36歳。彼は私がなんで今まで独身だったのかを探っている感じです。

そして、私は3年ほど結婚していた期間があり、半年前に離婚しバツイチなのです。嫌われるのではないかと考えてしまい、私はこのことを言えずにいます。やはり早めに言ったほうがいいですよね? 男性はバツイチ女性をどう思うのでしょうか(ラジオネーム:くわげんさん)

*  *  *

大久保:なるほど。どうですか? バツイチ女性。

中村:まず、早く言ったほうがいいとは思います。

大久保:くわげんさんも、相手の方といい感じなんだもんね。

中村:だから、もっともっと仲よくなって、万が一っていうことになってしまわないように早めに言っておいたほうがいいと思います。でも男性は別にバツイチの女性であることは、そんなに気にしないと思います。

大久保:女性のほうは、考えすぎちゃうかもしれないけどね。バツイチになった理由は人それぞれだろうけど。例えばくわげんさんが、めちゃめちゃ借金を抱えて離婚したとかだったら、多少「おっ……」ってなるかもしれないけど。今、周りに離婚している人もめちゃめちゃいるし、離婚して元気になったっていう人もいっぱいいるから。

中村:で、「バツイチなんだよ」って話してみたら、「全然、そういうのは気にしないよ」ってなるかもしれないし。

大久保:バツイチで、こういう理由だったんだよねって言ったときに、相手の人がちょっとでも引いたりとかする反応次第では、「こういう態度を取る人だったんだ」って、ジャッジの材料にしてもいいわけじゃない? そんなにバツイチに引け目を感じずに、ありのままを提示して、それに対してどう思いますか? というのはやったほうがいいよね。私なんか、“バツイチ・ウェルカムパーティー”だけどね。

バツイチの男性のほうが、いろいろな経験をしたから、よくなっている場合もあるし。自分もこの歳まで1人で来ちゃったという、若干負い目もあるから。バツイチくらい全然ウェルカムですよ、と思う。

中村:僕の友達で、地元福岡の人なんですけど、付き合った女性がバツイチだったらしくて。で、それを自分の親に話してみたらしいんですよ。「俺が、もしバツイチの女性と結婚したら、どう?」って。そうしたら、その親御さんは「え?」って言ったらしいんですよね。で、それを僕と、もう1人の友達にも話していて。そのもう1人の友達は、「え? お前、そんなことを言われてそれを真に受けるの?」みたいな。「大事なのは、お前がどう思っているか、だろ?」と。

大久保:かっこいい!

中村:「別にバツイチだろうがバツ2だろうが、お前がその女性をいいと思うんだったら、誰がどう言おうといいでしょ?」 って言っていて。本当にその通りだな、と思って。

大久保:ちょっと……その友達を紹介してもらっていい?

中村:その人は、つい先日結婚しました(笑)。

大久保:結婚したんだ。それは、惜しかった(笑)。だから1回話したほうがいいということね。参考にしてみてください。

次回9月20日(日)の放送はシシド・カフカさんとリスナーのお悩みに寄り添っていきます。どうぞお楽しみに。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年9月21日(月・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:KOSÉ Healing Blue
放送日時:毎週日曜11:00~11:30
パーソナリティ:大久保佳代子
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/blue/
タグ

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ