乃木坂46・山崎怜奈も興奮! 東京ディズニーランド®の新アトラクション『美女と野獣“魔法のものがたり”』レポート!

乃木坂46の“れなち”こと山崎怜奈がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」。毎週木曜日のコーナー「誰かに話したくなる東京ディズニーリゾート®。」では、思わず誰かに話したくなるような東京ディズニーリゾートの楽しみ方や、とっておきの情報などを、レポーターの“ちゃあぽん”こと西脇彩華(にしわき・さやか)さんとともにお伝えしていきます。


東京ディズニーランド®に新たにオープンした新エリアを紹介!



10月22日(木)の放送では、ちゃあぽんが東京ディズニーランド®に新たにオープンした新エリアのレポートをお届けしました。

9月28日(月)にオープンして話題となっている東京ディズニーランドの新エリアは、ファンタジーランド、トゥモローランド、トゥーンタウンにまたがる場所に、およそ 3 年もの月日をかけて工事をおこない、 新施設を導入したもの。ファンタジーランドには、ディズニー映画『美女と野獣』をテーマとしたエリアが誕生しました。

ここには、主人公のベルが訪れた本屋や悪役のガストンの酒場をモチーフにしたレストランなど、映画の世界観さながらの風景が広がっています。そして、さらに森のほうへ進むと野獣の棲む城がそびえ立っていて、大型アトラクション『美女と野獣“魔法のものがたり”』が楽しめます。

新エリアにあるベルが住む村へとやってきた、ちゃあぽん。村の中央にはガストンの噴水や、ベルの父の家・モーリスのコテージが。さらに進んで美女と野獣の城が視界に飛び込んでくると「この空間のなかでは1番の迫力かも!」と否応なしにテンションが上がります。


『美女と野獣“魔法のものがたり”』の様子をレポートしてくれたちゃあぽん



美女と野獣の城のなかは、「とてもゴージャスでロマンチックな空間なんですけど、魔女の呪いによって野獣に変えられてしまった王子の悲しみが伝わってくるようでした」と振り返ります。

さらにアトラクション乗り場のキッチンへと歩を進め、魔法のカップに乗り込んだちゃあぽん。ディズニー映画『美女と野獣』の名曲に乗せて変幻自在に揺れる魔法のカップは、劇中の名シーンをめぐっていきます。

「あっ、ベルだ! ポット夫人も!」と登場キャラクターを見つけるたびに大興奮。ベルと野獣がどんどん心を通わせていくロマンチックなシーンでは、「涙が出そう……」とうっとり。目の前で繰り広げられる名シーンの数々に「いやぁ、素晴らしかったですね。名シーンがたくさん出てきて、ゲストの方のなかには泣いている方もいらっしゃって……私も本当に泣きそうでした。すべてが繊細で美しくて、(家に)帰ったらもう1回、ディズニー映画『美女と野獣』を観たくなります!」と大満足の様子でした。

あらためて、「アトラクションでこんな感覚って初めてでしたね~」としみじみ。「完全に映画の世界観に入り込めて、城のなかの2人の生活や、気持ちの動きを間近で見られるような感じで。喜び、悲しみ、愛おしさなど、さまざまな感情を揺さぶられたなぁ~って。ものすごく深い満足感がありますね。まわりのゲストの方たちも感動の涙に浸っていて、すごく共感しました!」と感激しきりのちゃあぽん。

これには「ちゃあぽんのレポートが上手すぎて、“早く体験したい!”って気持ちになりました」と興味津々のれなちでした。

東京ディズニーリゾートでは、パーク再開に伴い新しい運営方法を実施しています。詳しくは東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトをご確認ください。

次回10月29日(木)の「誰かに話したくなる東京ディズニーリゾート。」もどうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年10月30日(金) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/
さっそく城のなかへと入っていくちゃあぽん。アトラクションの乗り場までの道のりでは、応接室、朝食部屋、鎧の廊下などを通過し、まるでベルが初めて城に迷い込んでいく映画の世界そのままの体験ができます!

タグ

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ