DA PUMP・ISSA「“その先に必ずまた登れる山がある”と信じてやり続けてきた」低迷期のモチベーションの保ち方を明かす

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。10月19日(月)の放送は、DA PUMPのISSAさんが登場。メンバーから言われてうれしかった言葉などについて語ってくれました。

左からISSAさん、坂本美雨



坂本:DA PUMPは今、7人組ですけど、ISSAさんが“長”としてみなさんをまとめていらっしゃいますね。ISSAさんは18歳で、最初から大注目されてのスタートでしたが、この20年でいろいろなことがあったと思います。ここまで歌い続けているだけでなく、新しい形で再燃して、広く新しい世代にも知られている状況を、どう感じられていますか?

ISSA:本当に、「うれしい」のひと言です。人生を生きていると、いろいろなことがあるわけじゃないですか。いいこともあれば悪いことがあるというのを、DA PUMPになってから23年間も繰り返してきました。低迷期というか、何もない時期というか、そういうときには“その先に必ずまた登れる山がある”と信じてやり続けてきたのかな、という感じですね。

坂本:そういう時期のモチベーションは、どのように保たれていましたか?

ISSA:気持ち的に大変な部分もあったと思うんですけど、そのことを考えるよりも“自分にはこれをやる以外に何もない”と思ってやり続けてきたので、おのずとそれが実を結んだというか……。「継続は力なり」という言葉が昔から好きなのですが、まさにそういうことなのかなと、あらためて感じさせられましたね。

坂本:今のDA PUMPは下の世代の方もメンバーにいらっしゃいますけど、コミュニケーションはどんなふうに取っていらっしゃいますか?

ISSA:男子校の部活の延長線上みたいな感じです。それよりはもうちょっと先輩・後輩(関係)があるんですけど、そこまで厳しいとも思わないだろうし、みんなで和気あいあいと。自分たちが楽しくないと見ている人も楽しくないと思うので、それはチームとして心がけていますね。

坂本:ISSAさんはメンバーから相談を受けたりするような存在なのでしょうか?

ISSA:そうですね、彼らよりは10何年先にこの世界にいるので、教えるというよりは僕がやることを見て、みんなが学んでいるというか。それで、気になることを聞いてくれたりする。あとはライブの楽曲を決めたり、曲を作るにしても、みんながいろんな意見を出して、その上で「だったら、こうしたほうがいいんじゃない?」という最後のジャッジメントじゃないですけど、みんなの意見を取り入れていい方向に持っていくって役割が多いかもしれないですね。

(中略)

坂本:ISSAさんに質問です。メンバーに言われてうれしかったことは何ですか?

ISSA:メンバーに言われてうれしかったことですか(笑)? あんまり、ほめられたことを覚えないようにしているんですよ。

坂本:え~、なんでですか? 面白い。

ISSA:いやいやいや、そういうのでやっていないので(笑)。自分がまだまだ修行しなきゃという身でいるので、ほめていただくことはうれしいんですけど、鵜吞みにしないというか。それをバネにもっとよくなってやろうとしています。

(メンバーに言われてうれしいのは)歌に関して言われたときですかね。「うちのグループの唯一無二のボーカル」とか「俺の歌で踊りたい」って言ってもらえたり……。そういうのはうれしいですよね。だから、僕もみんなの期待を超えるような場所に行かなきゃいけないですし、こういうのはお互いにいいバイブスが生まれてくる相乗効果があるのかなと思いますね。

坂本:でも、その言葉に甘えるわけではないという、その到達したい場所というのは……。

ISSA:たぶん、場所はないと思うんです。目標とかを持つようなタイプではなくて、自分のなかにある目標には終わりがないと思っているのですが、自分の身体が動く限りはやり続けたいというのがひとつの目標かもしれないですね。

チームとしては「どこでライブをしたい」とかの目標はあるんですけど、自分の目標とチームの目標を両立しながら、常に進めるようなグループでありたいな、と思います。

DA PUMPのニューシングル「Fantasista~ファンタジスタ~」は、現在発売中です。詳しくは公式サイトをチェックしてください。

10月26日(月)のゲストは、映画監督の河瀨直美さんです。毎回、多彩なゲストとの楽しいトークや素敵な音楽をお届けします。お楽しみに!


----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年10月27日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/
タグ

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ