素肌にジャケットで大ブーイング、40代で素足はイタイおばさん!? 乃木坂46山崎怜奈の見解は?

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。10月26日(月)の放送では、“自分のファッションを批判されたことがあるか”を検証しました。


パーソナリティの山崎怜奈



ふとした疑問や生活の現場で感じるモヤモヤなど、物議をかもしているザワザワしたニュースの中から気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日の議題は“素肌にジャケットはNG? なんでこれ着ちゃいけないの?”。

ファッション誌に掲載された、素肌にジャケットで胸元が大きく開いたフィンランドのサンナ・マリン首相の写真が大きな話題に。「首相として不適切」、「品がない」といったものから、「本人の自由」、「女性の政治家だけ服装のことを言うのは性差別」など賛否両論。

こういったことは一般社会でもあり、例えば「いい歳をして……」みたいな話。立場や職業などを問わず多くの女性が自分のファッションを批判されたり、ときに否定的なアドバイスに傷ついたりすることも……そこでこの日は誰かに批判されたことや「なんでこれを着ちゃいけないの?」と思うファッションに関するエピソードを募集しました。

まずは、「会社の人に『同じような服を着ているよね』と言われた。週5のコーディネートを考えるのは面倒だし、服にそんなにお金をかけられない。営業は同じようなスーツを着ているのに!」という意見に、れなちも同感。そして、「高校まで制服でしたけど楽だったな~。社会人になっていかに制服が楽なのかわかった」と振り返ります。

また、「40代で素足、夏場にショートパンツはイタイおばさんと言われた」、「夏に半ズボン、その歳で膝丈上はないと批判された。暑いんだからいいじゃん!」と男女から同じようなメッセージも。

そのほか、「化粧は最低限のマナーだと思うのに、旦那に『ブスだからしないほうがいい』と言われる。洋服もキレイな格好をすると冷やかされてうんざり」、「パーカーが好きなのに友達が『おまえのキャラには合わない』と一刀両断。キャラでファッションに文句を言われるのはどうなの?」、「オシャレはより自由に、身だしなみはTPOに合わせてと聞いて、私服もより自由に楽しめるようになった」。さらには、「言う側は責めているつもりはなくても、言われた側は批判と受け止めてしまうこともあるのかな」といった意見もありました。


杉山律子さん(右)とパーソナリティの山崎怜奈



この日のゲストは、「クローゼットは3色でいい」、「ファッションの主役は1つ」などの著書を持つスタイリストの杉山律子さん。ファッションのプロもかつて「黒が似合わない」と言われたそう。黒は大好きな色で、コーデの軸になっていただけにショックだったものの、「あまり気にせず、自分にフィットするようにどう見せればいいのか、考えるきっかけになった」と言います。

ちなみにダークな色で固めがちな秋冬、杉山さん的には「コーデのどこかに白を」と強く主張。それだけで軽い印象に変わるとか。さらに、今季のおすすめアイテムは「ポインテッドのロングブーツ」で、スタイルがよく見えるそうです。

番組では他人に自分の洋服を批判されたことがあるか、リスナーへの投票を実施。結果は「ある」が63.2%、「ない」は36.8%。

れなちの見解は、「TPOをわきまえていたら、いちいち言わないでほしい!」。洋服もその人の外見の一部であり、アイデンティティであるだけに「容姿を批判するのはNGだけど、ファッションは批判してもいい……という考えはどうなんでしょう? 他人に何か言うときは、自分が言われたらどう思うのか考えた上でアドバイスするなり、提案してほしい」と言いつつ、「私は基本的に言わないでほしい。オシャレは楽しく、自分の心が踊るように楽しんでいけたら」と話していました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年11月3日(火・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/
タグ

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ