空前の「鬼滅の刃」ブーム、今さら乗るべき? カズレーザー「ヒマだったら乗ったほうがいい。ムーブメントとして楽しいから」

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。10月22日(木)の放送では、“鬼滅ブームの乗り遅れ組”を検証しました。


カズレーザーさん(右)とパーソナリティの山崎怜奈



職場や家庭で起きている出来事にフォーカスし、“誰かに話したかったこと”や“誰かと話し合いたかったこと”をシェアするメインコーナー「スピークアップ」。この日のテーマは、“あつまれ! 鬼滅ブーム 乗り遅れ組!”。

相談者は、「鬼滅の刃」を観たことがない女性。空前の“鬼滅ブーム”に乗り遅れ、今さらながらハマるべきか悩んでいるそう。

劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編は、10月16日(金)の公開から3日間で興行収入46億円越え。配給会社の株価は高値を更新し、多くの企業でコラボ企画や商品が続々展開されるなど、猫も杓子も“鬼滅”無双状態。いまや「日本経済の柱」とまで言われているとか。

そんな「鬼滅の刃」ですが、相談者の思いに「正直、めちゃくちゃわかります!」と大きく頷くれなちも、なにを隠そう“乗り遅れ組”。「こんなに盛り上がっちゃうと、逆に途中から入っていくの、難しいんですよね……」、「ハマっていない自分、どうしよう……」と悩み中。

リスナーからは、「1ヵ月前まで観たことがなかったけど、アニメを観てどハマり。いまは全キャラクターを暗唱できる。魅力は(主人公)竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の仲間だけでなく、敵である鬼にもしっかりとしたストーリーがあること」という熱いメッセージの一方で、「いろいろな人に勧められているけど、パッと見で気になったキャラクターが始まる前から死んでいたのを知って、まったく観られない」というちょっと切ないメッセージも。

そのほかにも、「母が昨日からアニメを観始めた。『これ、本当に子どもたちも観ているの?』と言いながらも釘づけだった」、「家族みんな黙って『紅蓮華』を聴いている」、「今、電子書籍で読んでいる」など、さまざまなメッセージが寄せられました。

この日のゲストは、メイプル超合金のカズレーザーさん。「鬼滅の刃」はアニメを途中まで観たそうですが、こういったブームに対しては「乗らないと味わえないから、ヒマだったら乗ったほうがいいと思う。ムーブメントとして楽しいから」と持論を展開。さらには、なぜ盛り上がっているのかわからないまま過ぎてしまうのも嫌なよう。ただ、必ず観ないといけないものでもないだけに、「忙しい人は別に観なくてもいい。スゴいブームだけど、乗るか乗らないかの2択は選択肢としては変な気がする」と話していました。

番組では、「鬼滅ブーム」に関してリスナー投票を実施。結果は、鬼滅ブームに「ハマっている」が25%、「乗り遅れた」が75%でした。

この結果に、「これは(だれはな)リスナーだけの投票だけに、まだまだ膨らむ可能性があるんですね! 私を含め、今日の放送で影響を受けた人もいるんじゃないかな」と今後のさらなる盛り上がりに期待するれなちでした。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年10月30日(金) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/
タグ

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ