「マンダロリアン シーズン2」「STAND BY ME ドラえもん 2」…今後公開予定の注目映画を有村昆が解説!

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。11月19日(木)は、映画コメンテーターの有村昆さんが登場。これから公開予定のおすすめ映画を教えてくれました。

(左から)坂本美雨、有村昆さん



坂本:Netflixなどの映像サブスクリプションサービスによって、私たちの映画の楽しみ方は本当に幅が広がって、そして新型コロナウイルスの流行によって、(おうち時間を楽しむ時間も増えたので)より親しみやすくなったことは確かですよね。

有村:そうですよね。今までは映画館に行かないと新作映画を観られない、という状況が、コロナ禍によって変わりました。たとえば「トロールズ ミュージック☆パワー」というアメリカのアニメ作品は、映画館で一切上映をせず、ネットのみで配信しました。「ムーラン」も、ディズニープラスという自社の配信プラットフォームで配信していましたよね。

自分のところに映画館を持っているようなものなので、アメリカでは潰れてしまうような映画館が出てくるんですよ。劇場にお金が落ちなくなってしまうので。映画の視聴スタイルというのが大きく変わってきていて、音楽界で言うところの“CDを作らずに直販する”という考え方に似ていますよね。

坂本:ただ、それと同時に経済的に危なくなってしまった映画館をサポートするクラウドファンディングもよく見かけるようになりました。やっぱり、映画館が街にあってほしい、という人々の思いが浮き彫りになりましたね。

(中略)

坂本:これから公開になる映画で、おすすめのものはありますか?

有村:今はコロナ禍で延期になっているものも多いのですが、特におすすめは2つあります。1つはディズニープラスのみで公開されている「マンダロリアン シーズン2」ですね。美雨さんは「スター・ウォーズ」をご覧になったことは?

坂本:初期のものはしっかり観ていますね。「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」とか、前のやつをやり始めたあたりから見失った感じはあります(笑)。

有村:この作品は独立作品なので、ついていけます。「スター・ウォーズ エピソード6」から5年後の設定で、マンダロリアンという一匹狼の賞金稼ぎのお話です。お話としては「子連れ狼」のSF版だと思ってください。マンダロリアンが小さいヨーダのようなものを見つけて、ヨーダを守りながら冒険していく物語です。

西部劇みたいな感じなんですけど、「スター・ウォーズ」のアナザーストーリーで、「エピソード6」と「エピソード7」の間を埋めるような話です。「スター・ウォーズ」はジェダイと呼ばれるチームとシスと呼ばれる悪役のチームが戦うという構図なのですが、マンダロリアンは賞金稼ぎなので、どっちでもないんですよ。ジェダイ側でもシス側でもないので、新たな描き方をしてくれたというか。正義と悪がわかりづらい現代を象徴しているかのような1本なんですよね。

坂本:深い! 子どもでもわかりますかね?

有村:わかります。ものすごく単純なので。

坂本:11月20日(金)は「STAND BY ME ドラえもん 2」も公開されますね。

有村:これは山崎貴監督がCGという手法を取り入れて、「のび太の結婚前夜」という有名なエピソードを新たにリメイクした作品です。のび太としずかちゃんが結婚する前夜に何が起きたのか? と。いろいろなことがあって、のび太くんがしずかちゃんとの結婚式に来ないんですよ。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」みたいに、過去ののび太が未来ののび太を救えるのか? というお話です。

僕は、今の時代は“リミックス”だなと思っています。映画は1970年代後半くらいまでに、すべてのアイディアが出尽くしたと言われているんですね。特に2000年代以降は「リミックスの時代」と言われていて、過去にあるコンテンツを今の作家がCGを使ったり、おいしいところだけをつなぎ合わせたりと、新たなビートを乗せるように、料理人の腕が試される時代になっているんですよね。まさにこの映画は“リミックス”を観ているようでしたね。

坂本:昔、ドラえもんが好きだった世代も新しいものとして楽しめる……?

有村:親子で観て、あのときののび太の気持ちがわかるみたいな。親子2世代で楽しめる作品ですね。

11月23日(月・祝)のゲストは、歌手の坂本冬美さんです。毎回、多彩なゲストとの楽しいトークや素敵な音楽をお届けします。お楽しみに!


----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年11月27日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/
タグ

★今日の運勢★12星座占いランキング第1位は…?★1月20日★

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする、今日の占い「12星座別ランキング&ワンポイントアドバイス」。あなたの運勢は……?


【1位】おひつじ座
気持ちも前向きになりエネルギーが満ちてきます。「ツイている!」と感じることも多いはず。新しいことをスタートするのにも最適なとき。今日のラッキーカラーはレッド。

【2位】いて座
恋愛運、レジャー運が絶好調。仕事後に予定を入れると楽しめそうです。感染症に注意して楽しんでみては? また創造力もわいてきそうですので、創作活動などしてみるのもオススメ。

【3位】しし座
チャレンジ精神が高まり、気力でなんでも乗り越えていけそうな日。はじめてのことにも意欲的に取り組めそうです。異文化に触れたり、外国語の勉強もしてみると視野が広がりそうです。

【4位】ふたご座
友達運が好調。「仲間や友情を大切にしたい」という気持ちがわいてくるかも。友達に頼られた場合は、力になってあげると◎ 受け取るよりも与えることを意識してみると、さらに運気アップ。

【5位】うお座
金運が絶好調。お金に関する良い情報も入ってきそうです。仕事帰りに買い物に行くと掘り出し物に出会えるかも。少し値が張っても長く使える良いものを選んでみて。

【6位】てんびん座
社交性がアップして、対人運がとても良い1日になりそう。人との出会いも多くなるので、笑顔を絶やさず、第一印象で勝負をしましょう。運命の赤い糸を感じる出会いもありそうです。

【7位】みずがめ座
人気運が高まり、友達や身近な人からのお誘いが増えそうな日。メールや電話などのコミュニケーションをうまく活用して交流を深めてみましょう。気分転換には、近所を散歩すると◎

【8位】かに座
仕事運が絶好調。仕事モードに切り替わり、粘り強く取り組めそうです。長期プロジェクトなど時間がかかる業務をするのにもベストタイミング。努力したぶん、評価されるはず。

【9位】おうし座
直感が冴えてきそうな日。ピンときたら、行動してみるとうまくいくはず。何度も見る数字や聞く言葉に注目してみると、何かのメッセージが隠されていそう。また、心の声にも向き合ってみて。

【10位】やぎ座
物事がペースダウンしてしまいそうな日。一度立ち止まって考える時間も必要になるかもしれません。急ぎで進めようと思っていたことも、今日は一時保留にして寝かせる方が良さそうです。

【11位】おとめ座
「人に分かってもらいたい」という気持ちになりそうな日。仕事の愚痴などを聞いてほしくなったら、会社の同僚や友達にしてみると◎ あなたの話を真剣に聞いてくれる人が真の友達です。

【12位】さそり座
「人の役に立ちたい」という奉仕の精神がわいてきそうな日。ちょっとしたボランティアや道に落ちているゴミを拾うだけでも運気アップにつながりそうです。できることからしてみましょう。

【きょうの一言メッセージ】
今日は少し神経質になってしまったり、心配で保守的になりすぎてしまうかも。今を楽しむ気持ちや心に余裕を持つことを忘れずに。ご自身の感覚を研ぎ澄ませて、心地いいと感じることを取り入れてみてください。

■監修者プロフィール:椛 琴葉(もみじ・ことは)
池袋占い館セレーネ所属。インスピレーションタロットをメインに据えた鑑定で、特に恋愛や人間関係のご相談を得意としている。日々お客様の立場に立って、それぞれの幸せの形に向き合い奮闘中。主にAmeba SATORI電話占いにて活動している。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
アメーバ電話占いSATORI:https://amb-uranai.ameba.jp/tel-fortune/

Facebook

ページトップへ