オカダ・カズチカは性格良すぎ!? 武井壮「会う人全員がファンになっていく」

プロレスラーのオカダ・カズチカがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「オカダ・カズチカ SUNDAY RAINMAKER」。プロレス界にカネの雨を降らせる男“レインメーカー”ことオカダが、これまでラジオと縁遠かった人をもラジオに巻き込み、日曜日の朝にラジオから元気のシャワーを雨のように降らせます。

10月25日(日)の放送では、ゲストにタレントの武井壮さんが登場! プライベートでも仲の良い武井さんだからこそ知る“オカダ・カズチカの話”が満載の回になりました。


(リモート画面)武井壮、(右)オカダ・カズチカ



オカダ:この番組では、毎週僕が試合でよく使っている「3つ言わせてください」というフレーズを基に、さまざまなテーマで3つ話をさせてもらっていますが、今回のテーマはこちら!

【武井壮が語るオカダ・カズチカの話】

オカダ:どんなエピソードが飛び出るのか、何も聞いていないのでヒヤヒヤしていますが(笑)。早速行きたいと思います。

武井:よろしくお願いします。

◆武井壮が語るオカダ・カズチカの話①
身体能力と防御力、高すぎだろ!

武井:オカダ・カズチカと仲良くなってから、プロレスもより観るようになりまして。

オカダ:ありがとうございます。

武井:1番注目しているのはドロップキック。その場から飛び立って、200cmくらいの選手の胸元・顎元くらいの高さまで足が高く上がって、真横に体を倒してコントロールをしつつ着地も決める。本当に陸上の走り高跳びとかをやったら、軽々と2Mとかも飛べるんだろうな、と思えるような身体能力。

そして、相手の攻撃を受けて、とてつもないダメージを負いながら技をひたすら繰り出し続けるという……。僕ら陸上選手って、足の裏とか太ももなどに“ピリッ”っとした、ちょっとした痛みがあったら、もう全力が出なくて、試合を回避したりするんですよ。

防御力という意味では、非常に脆弱で(ちょっとした痛みで)100%のパフォーマンスが出せなくなるところを、あのダメージをもらいつつ、身体能力でプロレスの技を表現し続ける。しかも年間にとてつもない試合数をこなすと。陸上なんて、本当に年間10試合でもやったら多い方なので。

オカダ:あ~、そうなんですね。

武井:それを考えると、身体の防御力に守られたなかでの高い身体操作性と身体機能。これを併せ持って、あの戦いを見せ続ける能力というのには、俺は舌を巻いていますね。

オカダ:ありがとうございます。

武井:リスペクトしている1番のポイントでございます。

オカダ:でも確かに、プロレスで“腰が張っているので試合を休みます”とかないですもんね(笑)。

武井:絶対できないでしょ(笑)。

オカダ:毎日張っていますし。

武井:本当に尊敬している。

◆武井壮が語るオカダ・カズチカの話②
小食すぎだろ!

オカダ:確かに小食かもしれないですね。

武井:そうなんですよ。俺、度々「焼肉に行かないか?」って誘って、きてくれるじゃないですか。それで、最初にカズチカ君を食事に誘ったとき、プロレスラーだから“どんだけ食うんだろう……”と。マジで俺、恐れをなして財布に50万円を入れて行ったの。

オカダ:ハハハ(笑)。

武井:トップのプロレスラーだから、「特上カルビ200人前をお願いします!」とか言うと思ったんですよ。ちょうど50万くらいになるので“それで勝負しなきゃ“と思って大金を持って行ったら、一般の方のコースの最後の締めが出る手前で“もう満足です……”みたいな顔をしていたんですよ(笑)。意外も意外だったんですよねぇ。

オカダ:そうですね(笑)。(トレーニングで)体を大きくするときは、すごく食べたんですけど、それがちょっと“トラウマ”というか。

武井:なるほど(笑)、修業時代の(腹を)パンパンにして食べていたときを思い出しちゃうんだね。

オカダ:そうです。“昼ご飯をずっと食べていたら、夜ご飯の時間になっちゃった”みたいな、そういうときがあったから嫌なので。気持ち良く食べて“もう少し食べられるけど、これが1番満足だな”っていうときに終わりたい、というふうになっちゃったんですよね。

武井:いつも葛藤があるんですよ。試合後の傷とかで、腕を赤くさせながらやってきて、関節とかもダメージを負っているんじゃないかな……と。何だろうな、“豚足とか頼んであげないといけないのかな”とか。いろいろ考えながら、食事のメニューをオーダーしているんですけど。意外と序盤を過ぎた辺りで食事のペースが落ちていくので(笑)。

オカダ:(笑)。じゃあ、次は50万分食べますね。

武井:本当?

オカダ:“多分カズチカはこんなもんだな”って武井さんが(お金を)用意していないときに、逆に急に食べ始めて(笑)。

武井:ハハハ(笑)。

◆武井壮が語るオカダ・カズチカの話③
お人よしすぎだろ!

オカダ:お人よしすぎですか?

武井:もうね、性格が良すぎて。最初はどんな子かなと、“プロレスラー オカダ・カズチカ”の表情というか、口をちょっとへの字にして眉間にシワを寄せてインタビューを受けているときとか、マイクパフォーマンスのときの感じを想像していたんですよ。そうしたら初対面のときから、「おはようございます。よろしくお願いします!」って、非常に爽やかで別にへりくだっているとかいう感じもなく(笑)。

それで、連れて行ったお店の店員さんとか、そこの社長さんとかが、「俺、プロレス大好きなんですよ! オカダさんを連れてきてくれてマジ嬉しいですよ!」って言ってるような、そういう人にも爽やかに接してくれて「マジですごく良い人ですね!」って、全員感謝してるっていうね。

オカダ:本当ですか!?

武井:あと俺、“いろいろなトップアスリートたちを繋げたい”と思って、ほかのアスリートとかを呼んだりするじゃないですか? オカダ・カズチカに会う人全員がファンになっていくというね。その後、「プロレスを観て、ギャップに死ぬほど驚きました!」ってLINEがくるぐらいなので。

オカダ:でも確かにそうですよね。(プライベートで会うと)全然違いますので。“プロレスラー オカダ・カズチカ”じゃないのでね。

武井:本当に全然違うんですよ! そういうところが、オカダ・カズチカの1番の魅力でもあって。“エンターテイナー”って、素の自分をたださらけ出すことだけではない、ってすごく思っているので、自分が作り上げたヒーローを前面に出して、すべての人に元気を与えつつ、衝撃と感動と色々なものをプレゼントしていくのが真のエンターテイナーだと俺は思っていて、それをオカダ・カズチカに会うといつも感じる。これからも百獣の王は、会えば会うほどファンが増えていく獣、オカダ・カズチカにライバル心を燃やしていますね。

オカダ:ありがとうございます(笑)。

<番組概要>
番組名:オカダ・カズチカ SUNDAY RAINMAKER
放送日時:毎週日曜 6:00~6:30
パーソナリティ:オカダ・カズチカ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/rainmaker/
タグ

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ