「子どもの作品を捨てられない…」オススメの保管・収納方法…みんなはどうしてる?

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。毎週金曜日に放送している「オトナのなんでも相談室」では、リスナーから届いたお悩みをBlue Oceanリスナーみんなで考えていきます。今回は、「子どもの作品を捨てられない…」と悩むリスナーからのメッセージを紹介しました。


※写真はイメージです



<リスナーの相談>
9歳と5歳の子を持つ母親です。子どもが幼稚園や学校などで作った作品をどうするべきか悩んでいます。どの作品もかわいく、子どもたちが大人になったときに懐かしく感じるだろうなと思うと、処分することができません。でも、転勤族で部屋も狭いので、どうしたものか……と迷いながらも、どんどん作品がたまっていきます。みなさんは、どうされていますか?(大阪府 43歳 主婦)

■家をリフォームするために絶賛断捨離中です。私の場合は、処分をする前に写真に撮って、データとして保存しています。実物がなくても、写真を見るとけっこう思い出せますよ。作文などの紙類は、スキャナーで取り込んでデータ保存しています。“データで残る”と思うと思い切って処分ができますよ(東京都 36歳 会社員 男性)

■7歳の息子の母です。七夕、クリスマス、節分などの作品はとっておいて、季節ごとに飾っています。保管に困るものは写真に納め、現物とは私が代表してお別れをしています(東京都 主婦46歳)

■子どもの作品、たまってくると大変ですよね。うちでは、ステージと称した棚の上に3日間飾り、4日目に撮影大会と称した作品撮影を実施。その後、基本的にはダンボールにしまいます。撮った写真は、お気に入りの1枚をプリントしてアルバムへ。作品名や感想などを書き込んだりします。ダンボールのほうですが、いっぱいになったら半分は引退(廃棄)してもらいます。ダンボールがいっぱいになる頃は、そこそこ時間が経っていますし、アルバムもあるので、割とすんなり捨てられますよ(埼玉県 会社員 女性 38歳)

■うちでは、気に入った子どもの絵を、自宅でできる範囲で額装して季節ごとに飾り変えています。白画用紙に描いてある絵が多いと思いますが、お部屋の雰囲気に合わせた色柄の台紙に貼るだけでも、周りの雰囲気に溶け込ませることができます。台紙でなくても、画用紙の周りに太めのマスキングテープを貼って、額のように仕上げることもできます。立体のものも含めて展示期間を設け、季節ごとに合う作品を飾る。展示替えも楽しみます。残したいものは額装して、そのほかの作品は学期末にまとめて写真を撮って飾り、十分鑑賞したものは子どもに処分していいかを聞いて、いさぎよく処分します(神奈川県 主婦 41歳)

リスナーからのメッセージを読み上げた住吉は、「写真に撮って、現物は処分するという方が多いのかな? 写真があるといつでも思い出せるので、撮っておいたほうがよさそうですね」とコメントしました。

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/
タグ

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ