木村拓哉、過去のドーム公演は「いつも悔しく思っていた」その理由は?

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。7月のゲストには、SixTONESからジェシーさんと田中樹さんが登場。7月18日(日)の放送では、SixTONESとしての目標についてトークを交わしました。


◆SixTONES、目標は単独でドーム公演!
木村がSixTONESとしての目標を尋ねると、田中さんは「僕たちは、あんまりゴールを設定していないんですよ」と答えます。とはいえ、「もちろん“東京ドームでライブをやりたい!”っていうのはあるんですけど、いままでもあまり目標を設定したことがなくて。『いい音楽を作ろうね』『楽しく仕事しようね』みたいな感じで、すごくアバウトにやっているので。それが派生していって、大きくなって、全員で“俺ら、いろいろなことをやってきたね”って思えたらいいなって感じです」と語ります。

ジェシーさんが「(目標に)近いって言ったら、“ドーム公演をやりたい!”っていうのが一番近いですかね。設定というか、そこの景色を見てみたいなっていう。もちろん(先輩たちの)バックやジャニーズJr.だけでもライブをさせてもらったことがあるんですけど」と続くと、田中さんも「(SixTONESの)6人であの景色を……」と夢の一部をつぶやきます。

一方、SMAP時代にドーム公演を経験した木村は、当時、常々痛感していたことがあったと打ち明けます。ドーム球場は、アリーナクラスのホールよりもさらに広いキャパシティとあって、木村は「(ドーム公演を)やらせてもらっているときは、すごく悔しかった。なんて言えばいいんだろう……“100%じゃ届かない”っていう感じ。“120%、130%じゃないと、あの3階席に届かねぇだろ”っていう感じは、いつも悔しく思っていた」と振り返ります。

あらためて、「だから本当に広いよ! だって野球をやるところだよ? それはいつも思っていたなぁ……歯がゆかったというか。いつも“足りねーな”って思っていた」と木村。

この話にジェシーさんは、「でも、それぐらい人が集まることもすごいんじゃないですか?」と話すと、「だからそれはすごく感謝していたなぁ。マジで」としみじみ語る木村でした。

次回7月25日(日)の放送は、リスナーからのメッセージに木村が答えます。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年7月26日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/
タグ

ひまわりにも見られる神秘的な「自然界の法則」

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。7月30日放送分のテーマは「ひまわりにまつわる法則」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

ひまわりの中心には、種となる小さな花がたくさん並んでいますが、その並び方は中心から外に向かってらせん状になっています。さらによく見ると、同じらせん状でも左回りと右回りがあるそうです。

それぞれ並んでいる花の数を数えて行くと、ひまわりの大きさに関係なく、必ず3つのパターンのどれかになります。

その1:左回りに21、右回りに34。

その2:左回りに34、右回りに55。

その3:左回りに55、右回りに89。

この21、34、55、89という数字の並びですが、“隣同士の数の合計”が規則正しく並んだものとなります。実際に計算してみると、21+34で55、34+55で89になります。この数字の並びのことを「フィボナッチ数列」と言います。

ひまわりの場合、この数列に従ってらせん状に並ぶと、最も多く並べることができるそうです。そうすることで種を少しでも多くつけ、子孫を残そうとしているのだとか。

「フィボナッチ数列」に基づくらせん状は、ひまわり以外にも松ぼっくり、アンモナイトやオウムガイの殻、台風など、自然界にも数多く見られるのだそうです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ